« インド旅行記−公演 | トップページ | サラスバティ »

2004-03-20

酔っぱらいのいない町

終演後、大慌てでホテルに帰り、夜の10時からディナーパーティが始まった。インドの夜は長いらしい・・・。

 そうそう、インドでは宗教上の理由からか、ほとんどの人がアルコールを飲まない。町でもあまり売っているのを見かけない。前日の夜、「ハンディ・クラフト・センター」での帰り、渋滞でタクシーが進まないので夜の町を少し歩くはめになったが、夜遅くまで、何をしているのかわからないが、ともかく人があふれていた。ただし、日本と決定的に違うのは、酔っぱらいがいないこと!酔っぱらって通りに寝ている人もいない(普通に道路に寝ている人はいっぱいいるが・・・)。酔っぱらいに絡まれる心配がないのは、大きな安心だった。

 ホテルではアルコールは飲めるので、ご安心を・・・。

 ディナーパーティでは、立食。傑作だったのは、私たち日本側は来賓が先に箸をつけるのを待っており、インド側は私たちが箸をつけるのを待っていたこと。インドではレディーファーストらしく、女性が箸を付けないと男性は食べられないのだという。一時間程して、しびれを切らしたインドのお医者さんが私のところにきて、「もう待てない。レディーファーストだから、あんたたちが食べてくれないと、わしらは食べられへん!」と言った。すんません。知りませんでした。ということで、パーティはますます遅くなった。一通り食べて、しゃべって、終わったら、夜の1時だった。

|

« インド旅行記−公演 | トップページ | サラスバティ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21295/329734

この記事へのトラックバック一覧です: 酔っぱらいのいない町:

« インド旅行記−公演 | トップページ | サラスバティ »