« 愛すべきインド人(2) | トップページ | フラメンコとインド »

2004-04-14

女の子たち

two-girlsJPG.jpg

 このところ忙しくて、ばたばたしていたら、あっという間に一週間が経ってしまった。早い〜。 

 さてさて、インドで気が付いたことが一つある。それは、女性たちのこと・・・。

 まず、ホテルの従業員はほとんど男性だった。フロントにいるのも、ボーイさんも、エレベータの案内役も全て男性。食堂にいるウェータも全て男性。バスの運転手も男性。そういえば、なんと、サリーのお店の店員も全員が男性だった。着付けてくれたのも男性だったし、見立ててくれたのも男性。サリーを買うのは女性だから、女性の店員の方が良さそうなものだが、なぜか全て男性。それは、スラムの近くのサリーのお店も同じだった。

 CDショップでは、奥におっちゃんたち三人がいた。このおっちゃんたちも店主と店員。女性の姿はない。レストランの入り口で、ジュースを作ってくれたのも男性、中に入ったらウェーターがやってくるが、それも当然、全員が男性・・・。
 ただ一カ所、ちょっと覗いただけの「ノンベジタリアン」のレストランだけは、入り口に美しい女性が立っていた。外国人向けなのだろうなと思った。

 どこに行っても男性ばかり、女性が働いている姿が見られないのは驚いた。さすがに、ダラビ・アーバン・ヘルス・センター(病院)では、女性ワーカーがいたが、その程度。つまりは高学歴(即ちそれだけの学位がとれるのは、カーストが高いということ)になれば、男女は関係ないのだが、一般ではまだまだ女性の社会進出は進んでいないということだろう。

  スラムでNGO活動をしている日本人女性に、スラムの女の子たちは将来どういう職業に就くの?と聞くと、「結婚するか、メイドになるぐらい」だと言っていた。結婚が最大の就職口で、あとはメイドぐらいしかないのだという。英語がしゃべれると、外国人相手のメイドになれる可能性があるという。

 そういえば、ビザを取る時に、旅行社の人に、女性は「主婦」と書くと問題なくビザが取れると教えられた。

|

« 愛すべきインド人(2) | トップページ | フラメンコとインド »

コメント

よく続くね。エライ!
インドの女性達、そうなんですか。知らなかった。
イラクになると、女性は、全く社会から切り離されているし、そういう世界があるんだね。
同じイスラムでも、インドネシアなんか、女性が大統領になってるのにね。
そういうと、インドでも、ガンジーさんは、女性で首相だったね。貴族と、庶民の違いかなあ・・・。
土曜日も頑張ってね。

投稿: 落合英夫 | 2004-04-15 20:14

さすがに種が尽きてきました(^^;
でも、インドの映画の話しとかフォトアルバムとか作る予定です。
土曜日のフラメンコ(^^;がんばります。

投稿: めぐ | 2004-04-17 00:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21295/440815

この記事へのトラックバック一覧です: 女の子たち:

« 愛すべきインド人(2) | トップページ | フラメンコとインド »