« 女の子たち | トップページ | インドとフラメンコ(2) »

2004-04-29

フラメンコとインド

インド紀行も、とうとう書くことが尽きて、気が抜けてしまった。
気が付くと一週間・・・。
さらに先日は、フラメンコの発表会も終わり、これまた気が抜けてしまった。
気が付くと、さらにもう一週間経ってしまった(爆)
 これからは、次のインド行きまで(未定)、のんびり書くことにしよう。

 フラメンコは、足かけ3年ほどやっており、ようやく手足が自由に動くようになって楽しい盛り。発表会が終わって、新しい曲に入り、これまた張り切っている。

 フラメンコは、実は、三位一体と言われていて、踊りと歌、ギター(&パーカッション)が一体となって初めて、フラメンコと呼ばれる。俗には、フラメンコと言えば、踊りを指すが、本当はそうではない。
 フラメンコのギターも素晴らしい。絞り出すような哀切なメロディーの歌(カンテ)も素晴らしい。明るい曲調もあるが、暗く、哀切に満ちた曲調も多い。そう、どこか日本の演歌に通じるものがある情念の世界なのだ。それが、日本にフラメンコ人口が多い理由なのかもしれない。

 最近、よく聞くラテン音楽のサイト、フラメンコもタンゴも、サルサもある。24時間フラメンコに浸るには最適なサイト。軽いのりのフュージョン系もあれば、こてこてのフラメンコも流れる。フラメンコギターの天才「パコ・デ・ルチア
」や、カンテの王様「カマロン」の曲もしょっちゅう流れている。

http://www.batanga.com/sp/default.asp
ラテン系インターネットラジオ

 サイドバーの「お気に入りの音楽」リストのところにもリンクを入れた。やっと、リンクタグの使い方が分かってうれしい私。\(^_^)/

 インドとフラメンコ、全然関係ないようだが、実は密接な関係がある。
 そのお話は、つづきで。

|

« 女の子たち | トップページ | インドとフラメンコ(2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21295/509696

この記事へのトラックバック一覧です: フラメンコとインド:

« 女の子たち | トップページ | インドとフラメンコ(2) »