« 迫害とパッション | トップページ | 翻訳完成 »

2004-05-18

ダビンチ・コード(The Da Vinci Code)

vitrv1.jpg

こんなことをしているばわいではない・・・。

 それは分かっている(^^;;
 娘にも、おかーさん、そんなことしてていいの〜?と聞かれるが、止まらなくなってしまったものは仕方がない。もう読み終わるしかないのだ〜!とまぁ三日三晩、異次元におりました・・・・。

 今、欧米でベストセラーになっているというThe Da Vinci Codeという推理小説を読んだ。
 はっきり言って止まらなくなってしまった。一章が短いので、ついつい次も次もと読めてしまうし、なんと言っても息つく間もない展開。

 話しは、殺人事件から始まる(推理小説だから当たり前)。なぜか被害者はダビンチの絵(上の絵)に似せて自分を形作り、謎の言葉を残して亡くなる。フランス警察の暗号解読部のソフィーがそれを解読しようとするのだが、その謎は、なんとレオナルド・ダビンチの有名な絵の中に隠されているのだった・・思わず、美術の本を出して来て、しげしげ眺めました。ついでにパリの地図帳も・・・。

 この話しには、二つの秘密結社が出てくる。一つは非常に保守的なカトリック系組織、そしてもう一つはそれと対極にあるようなザイオン(シオンかも)という秘密結社。この秘密結社は、キリスト教の父性原理によって抹殺されてしまった太古からの「母性原理」を秘密裏に守ってきた宗教秘密結社だったのだ。殺人事件はこの二つの組織のせめぎあいでもあった。先日書いた、「パッション」のキリストの話と全く違う話(「最後の誘惑」系統の(;^_^A アセアセ…)が繰り広げられる。

 いえ、面白かったです。キリストの話は、途中から、聖杯の話しへと発展するのですが、しみじみ思ったのは、魔法(ハリー・ポッター)が子供向けのファンタジーなら、聖杯は大人向けの永遠のファンタジーなんだなぁという点。聖杯は安心して楽しめる反面、キリストの話は、やはりというか、かなりの物議を醸したようで、あちこちで特集が組まれたようです。といっても、少しキリスト教のことを知っている人ならば、どこかで聞いた話がいっぱい出てきて、なーるほど(半分、眉にツバを付けながら)と読めるのですが・・・。

  5月末には邦訳がでるようです。お勧めです。
  ぜひ、ルーブル美物館の展示物を参照なさって下さい。
  ルーブル美術館

|

« 迫害とパッション | トップページ | 翻訳完成 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21295/615941

この記事へのトラックバック一覧です: ダビンチ・コード(The Da Vinci Code):

« 迫害とパッション | トップページ | 翻訳完成 »