« フラメンコとインド | トップページ | インターネットラジオ »

2004-05-02

インドとフラメンコ(2)

latcho.jpg

フラメンコといえば、スペインだが、元々というか今でもジプシーの踊りである。

 今は、ジプシーとは言わず、ロマ族と言われている。ロマ族、すなわちジプシーとは、定住をせずにいろいろな町を回って歩く旅芸人のこと、いくつかの系統があり、北の方へ行った人々のことはボヘミアンなどと呼ばれている。

 さて、ロマ族は、真っ黒い髪に真っ黒い目、浅黒い肌が特徴的である。もちろん例外もあるだろうが、基本的にジプシーは共同体外の人間、地元の娘等との通婚は禁じられてきた。いろいろな場に呼ばれて音楽や踊りで楽しませる一方、常に、差別と迫害にさらされてきた人々でもある。

 このロマ族、元々はどこから来た人なのだろうか。諸説はあるが、一般的には、北インドの人々だと言われている。なーるほど、あの漆黒の髪い漆黒の目、インドに通じるものがあるかも・・・。

 このロマ族の源流について、ドキュメンタリー風にまとめた面白い映画がある。
 映画の題名は 「ラッチョ・ドローム」(Latcho Drom)。ロマ族の言葉で「良い旅を」という意味である。

 せりふは一切無い。音楽と音楽に含まれる歌詞、踊りのみで構成され、ロマ族の歴史をたどった映画である。その映画は北インドの旅芸人の一座から始まる・・そして西へ西へ、歩いて旅していたのが、馬車になり、最後はバスになる。音楽もインドの音楽からボヘミアン、ラプソディー、そしてフラメンコと変わっていく。北方に行ったロマ族は、冬、屋外が雪で覆われて寝られないため、木の上に家を作ってそこで寝る・・。さまざまな地で少しずつ違う文化や音楽を展開していくことがわかる、なかなか面白い、ロードムービーである。

|

« フラメンコとインド | トップページ | インターネットラジオ »

コメント

よく研究しているね。
面白い文で、次が楽しみですよ。
インドとフラメンコとは、そうだったんですか・・・。 

投稿: ほのぼの | 2004-05-04 21:40

ありがとうございます。好きこそものの上手なれという感じです(^^)

投稿: めぐ | 2004-05-04 22:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21295/527116

この記事へのトラックバック一覧です: インドとフラメンコ(2):

« フラメンコとインド | トップページ | インターネットラジオ »