« インドとフラメンコ(2) | トップページ | 迫害とパッション »

2004-05-08

インターネットラジオ

インターネットラジオのことを先日書いたが、また新たな発見があった。

 以前からreal playerを使っている。無償版をずっと使っていたが、CDを焼く必要があるかと思い、plus版にバージョンアップした。結局、CDを焼くのにはWindows Media playerを使っているので、有償版にした意味は、今のところ、あまりなかったりする(;^_^A アセアセ…

 さて、最近、バージョン10が出たので、アップデートした。日本版では、14日間のRadio passなるものが付いている。これは、世界中のラジオが聞き放題!などといううたい文句である。アップデータには自動的についてくるので、14日以内に解約すれば、特に料金を請求されることはない。

 ところがである。これ、日本のサイトのラジオパスしか使えないことが判明。ステーションの数も、ジャンルの数も少ない! 私としては、スペインでフラメンコ聞きたいし、イタリアのオペラも聴きたい。中東の音楽もいいし、インドの音楽もいい。
 各国のラジオサイトに飛んで行くと、それぞれでradio passを買えと表示がでるのだ〜。うーん、これって、パスの意味ないじゃんと、私は思うのですが・・・・。

 ばっとしかし、蛇の道は蛇(?)!
 アメリカ版real comのラジオサイトに行くと、free(無料)のラジオサイトがわんさか載っている。上の方でジャンルに分かれており、そのジャンルごとにfree(無料)ステーションの一覧がついている。これは、便利だった!ちなみにpremiumと書いてあるのは、radio passが必要なので、これはお金を払わないと聞けない・・・。

 いろいろ試してみたら、面白かった。中東のラジオ局もあり、アラビア風(?)音楽が流れてなかなか良い感じ・・。ただし、トークになると何を言っているのかさっぱり分からない。インド音楽もありゃぁ、アメリカインディアンもありーの、ともかく何でも揃っている・・・。クラシックなんか、わんさかある。さすがにジャンルが豊富。とりあえず、アメリカ版に飛べば、なんでも揃うことが判明して、ごきげんである。

 ちなみに、先日紹介したフラメンコサイトもあり、このHPからreal playerを使うと、現在流れている曲のCD情報がリアルタイムで提供されるので、非常に嬉しい。しかも、なんといってもタダだし〜〜。

 ジャンルの中にtalkもあり、newsもあるので、英語のヒアリングの勉強したい人にはもってこいかも。

アメリカ版への行き方
 デフォルトでは日本のリアルガイドが出る。窓の一番下にある「デフォルトの変更」云々の下から USA/CANを選び、そのガイドから、「ラジオ」を選んで飛ぶ。
 

|

« インドとフラメンコ(2) | トップページ | 迫害とパッション »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21295/561032

この記事へのトラックバック一覧です: インターネットラジオ:

« インドとフラメンコ(2) | トップページ | 迫害とパッション »