« インド行き | トップページ | 信じるということ »

2004-07-05

カレンダー・ガール

少し前だが、カレンダー・ガールという映画を見た。

 この映画、イギリスのヨークシャー地方を舞台にしたイギリス映画で、実話を元にしている。ヨークシャーのとある地方で、夫を亡くした友人を慰めるために、なんとお堅いキリスト教女性会が、ヌードカレンダー、それも、中年(というより老年?)のおばちゃんのヌードカレンダーを作るという話である。

 このカレンダーものすごく売れて、何億と儲かり、地元の病院等へ機器を寄付したという。ヌードカレンダーといっても、果物や編み物など日用品で身体の部分をうまく隠して、とても上品かつ、暖かい雰囲気の写真である。

 映画には、ヨークシャーの美しい景色がいっぱい、イギリスの一般家庭のとても心地よい雰囲気に夫婦関係、地域の人たちの様子などが、細々と描かれていて、とても素敵な映画になっている。

 ところで、お世話になっている英会話の先生、Anneは、ヨークシャー出身。独特のヨークシャー訛りがある。このAnne、今月、日本を離れてオーストラリアに行くのだが、あのヨークシャー訛りが聞けなくなると思うとちょっと寂しい。映画の中にも、ヨークシャー訛りが現れていて、Sunのことを、スゥンと言ったりするのだ。

 Anneは映画に出てくる場所、全て知っているという。子供が崖の上でしゃべる場所があるのだが、そこは昔、ボーイフレンドの車で毎日通っていたところだとか。ケーキコンテストも本当にあるんだよ〜、でも、映画の人たちはみんな裕福な階層の人たちで、本当はもっと厳しいのよと言っていた。この映画の話をすると、非常に懐かしそうにピョンピョンと跳び上がった。

|

« インド行き | トップページ | 信じるということ »

コメント

へ?

投稿: カジパ | 2004-07-05 23:36

カジパさんの記事にもリンクしたいのですが、トラックパットの使い方が分かりません(^^;; どうしたらいいの?

投稿: めぐ | 2004-07-06 07:13

ありゃま、できたのね。

ああ、文字化けで読めない。。。

投稿: kajipa@GIN | 2004-07-06 11:15

コメント本文、というところに書くと、それがすぐには読めない、ということです。
確認はできます。
だから、ブラインドタッチなのよね。(笑)

投稿: kajipa@GIN | 2004-07-06 11:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カレンダー・ガール:

» ヌードカレンダー [GIN]
ヌードカレンダーには、サッカー選手の奥さんたちがひと肌脱いだ、ってのもある。 女性はどこの世界でもすごい。 ジェンダーの問題も絡んでくるかもしれないけど、家... [続きを読む]

受信: 2004-07-05 23:46

» カレンダー・ガール [Pub Columba]
めぐさんがご自分のブログで、 映画「カレンダー・ガール」を 取り上げていらっしゃいました。 と言うわけで、それをトラバさせていただきます。 こちらで... [続きを読む]

受信: 2004-07-06 23:47

« インド行き | トップページ | 信じるということ »