« 信じるということ | トップページ | ロスト・イン・トランスレーション(Lost in translation) »

2004-07-10

黒いボディの初やつ

shigoto.jpg
  ↑まだ整理されてきれいな方の仕事場 奥からPerforma 5440、ThinkpadR31、Mac G4

 我が愛するPerforma 5440がハードディスクを認識しなくなった。
 8年以上も前に買ったものなので、パソコンの世界ではほとんど時代の遺物だ。

 こいつは、黒いボディの初やつで、最近ではDVDもBS放送も見れる「テレビ」と化していたが、一時期は寝ても覚めても、こいつと一緒に過ごした、ともかく大切な大切な相棒である。

 こいつは、ほんとに金食い虫で、どれだけ貢がせていただいたかしれない。
 メモリにG3ブースター(一応、未だにG3並の速さです)だけでもすごいお金かかったし、外付けHDからZIP、ロール型のスキャナ、プリンタとありとあらゆるSCSI機器を揃え、通信速度などは、なんと2400bpsの頃からISDNまでを見てきたのだ。さすがに、光ファイバーには対応できず(カードを差し込んだが、認識しなかった)、インターネットから取り残されてしまった。

 外付けHDから起動させてみたら、ちゃんと動いたので、テレビが見れるようにセッティングしようっと。
 あの頃、テレビの見れるパソコンって、Macしかなかったのよねぇ。FMラジオも聞けるし〜。

 もうひとつ、Performa575もまだ起動できる状態で残してある。やっぱ、捨てられないのよMacは〜。仕事に使っているThinkpad ちゃんなど、古くなったマシン(WIN98)はうっぱらったんだけどねぇ。

 とはいえ、SCSI機器は、取り残されてしまいました。USB持たないもんねぇ〜仕方ないよね。
 仕事はもっぱら、WIN機だし、マックで遊ぶことも少なくなりました(でも、隣にあるのは、MacG4です)

 Peforma5440、OSはMacOS8.6で止まったまま。OSXを見慣れた目には、胸きゅんものに懐かしい。思わず懐かしいソフトを動かしてみた。68系のPerforma 575も懐かしいっちゃ懐かしい。動作軽いし。カタカタ音がするのがいい。

 でも、こいつがほんとにお釈迦になったら、やっぱり次に買うのはDVDが焼けて、録画できて、HDはギガサイズ、もちテレビも見れるウィンドウズXPなんだろうな(爆)

|

« 信じるということ | トップページ | ロスト・イン・トランスレーション(Lost in translation) »

コメント

うーん。
やっぱり、パソコンって修理して使い回すものなんだよなー。
僕の職場では、パソコンはすごく寿命の短いものになってしまいました。ただ、家ではまだペンティアム前のものが現役ですが。。。あ、マックはG4の10.3.4。

それにしても、まさかパソコン通信が無くなるなんて思いませんでした。
国単位ではありますが、インターネットと同じようにいろんな人がアクセスできる手段はいろいろあったのに、それらがすべてなくなってしまったかのようです。
これもアメリカの世界政策だと考えると非常に悔しいと思いませんか?
ただ、日本には、何百年ももつ和紙と墨があるのが、救いのように思ったりします。

投稿: kajipa | 2004-07-12 23:01

パソコンも他の電気製品と同じように、修理するとお金かかるんですけどね。この5440は、HD一回、CD-ROM二回交換したし、修理代もいっぱいかかっております。

 そういえば、昔はワープロからパソコン通信していた人もいましたよね。私としては非常に思い入れのある一時代(kajipaさんに出会ったのもその頃だし)ですが、もうパソコン通信という言葉自体が死語ですもんね。

 和紙と墨で思い出しましたが、最近、大事な文書はプリントアウトして紙で残すようにしております(^^;; 結局、「紙」かよ~って感じです。

投稿: めぐ | 2004-07-13 09:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21295/942248

この記事へのトラックバック一覧です: 黒いボディの初やつ:

« 信じるということ | トップページ | ロスト・イン・トランスレーション(Lost in translation) »