« 2004年7月 | トップページ | 2004年9月 »

2004-08-29

女性が元気になる映画

yaya.jpg

ひさびさに映画の話題を…

 女性のための映画(chick flickというらしい)というか、女性が元気になる映画を教えてもらって見たら、これがなかなか面白かったのです。元々は、友達同士のカジュアルな会話を勉強するのに良いと言うことで、教えてもらったのですが、筋もとっても面白かったです。

 一つは、「Divine secret of the YA-YA sisterhood」(日本語題名:ヤァヤァ・シスターズの聖なる秘密」と「The First Wives club」(ファースト・ワイフ・クラブ)です。

 最初のヤァヤァの方は、母と娘の葛藤と和解の話、後者は、夫に裏切られた妻たちの復讐劇で、どちらも沢山笑って沢山泣ける映画でした。ベースになっているのは女の友情、ヤァヤァは小さい頃からの親友4人、後者は大学時代の友人です。

 ヤァヤァ、娘役のサンドラ・ブロックがとても良いです。娘と母親のいさかいを仲裁するのが、小さい頃からの親友三人、みんななかなかのおばちゃまたちですが、それぞれにそれぞれの人生があったこと、いろんなエピソードが盛り込まれています。このヤァヤァ、これまた私の大好きな「テルマ&ルイーズ」の脚本家が手がけていて、さすがに女性を元気にする映画だなぁと思いました。

 ファースト・ワイフ・クラブの方は、同年代ということもあるのか、ウン分かる分かるという場面続出で、ひたすら大笑いでした。なかなか痛快な映画です。

 さて、英語のお勉強の方ですが、ヤァヤァの方が、気の利いたというか気に入った表現が沢山あったかなぁ。ほっほぉ〜!相手をくさす場合にはこう言うのか!(まぁ使うことはないでしょうが)と目から鱗が落ちる表現が沢山ありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004-08-26

正誤表(随時更新します)

みなさーん、誤植が発見されました(;^_^A アセアセ…
 軍曹さま、ありがとうございました。

 中国名の漢字が分からなかったので、カタカナにしていたのを、出版社が調べて変更してくれたのですが、コピペした時に変になった箇所もありそう(^^;;
 つうか、読んでて??の箇所を私は自分でみつけました。
 中国名「雲」という人がいるんですが、読んでて人だと分からないんですよね。やっぱカタカナでよかったかぁ??(誤植ではないので、随時判断して下さいませ(;^_^A アセアセ…)

 誤植は見つかり次第、随時更新します。

 21ページ後ろから2行目 一九七八→一八七八
 58ページ3行目 「私の」→「私に」
 73ページ後ろから4行目 「黒ユン」→「黒雲」
200ページ後ろから3〜4行目 「祈りのが先で、」→「祈るのが先で、」

----
 ちなみに、以前出た「召し出される女性たち」(マルコーシュ・パブリケーション)では、初版本は、貴重な貴重なことに、三十何ページが一ページ分、まるまる落丁でした(すべての本で、差し込み処理されました(;^_^A アセアセ…)
 その後にでた本では、「信仰」が「進行」に変わっていたけど(私の変換ミスがそのままだと思います)、文脈が船のたとえ話だったせいか、誰にも分からなかったです(;^_^A アセアセ… 
 
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004-08-23

天国の人

本当は、マイリストで本のリンクを入れようと考えているのですが、まだ出版されたばかり(か、まだ店頭に並んでない?)ので、リンクが張れません。
 なんか宣伝するようで、少し気恥ずかしいですが、「天国の人」(中国河南省・家の教会の「奇跡と感動の物語」)ブラザー・ユン著、マルコーシュ・パブリケーション出版(2100円)です。
 多分、一般の本屋さんには並んでいないと思います(爆)。キリスト教書店でどうぞ〜。
 あらすじ等は、下の記事にトラックパックをつけておきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004-08-19

訳本できました

ようやく翻訳した本ができました!
ちなみに、表紙の顔は私ではありません。
ついでに携帯から、投稿してみます。写真付きうまくいくかな?
by PHS 京ぽん040819_1122001.jpg

| | コメント (4) | トラックバック (2)

2004-08-14

京ぽん

携帯を新しくした。いや、正確にはPHSを機種変更したということになる。

 今度のは京セラの京ぽんことAH-K3001V。インターネットブラウザopera搭載で、インターネットが自由に見れるというやつである。いや、液晶画面がきれい〜〜。

 時代の趨勢に抗って、PHSを使い続けて早5年。データ通信がしたいがために、他の携帯各社がカラーディスプレイになり、カメラ搭載になり、着信メロディがきれいになっても、じっと我慢の子だった。ほぼ1年から2年遅れで恩恵を被りつつ、このたび、ようやくカメラ搭載となりました\(^O^)/

 DDIポケット(確か京セラに身売りしたんだっけ?)というマイナーな会社がゆえに、最大の恩恵は、簡単なアドレスにしているにも関わらず、「迷惑メールが一通も来ないこと!!」。ワン切りが一回ありましたが、ほんと迷惑メールには縁がありません。これは嬉しいことです。

 昔の機種はPanasonic KX-HV210。これはプッシュボタンでワンタッチで開閉できたのが便利だった。この便利さは忘れません。あとSDカードもついていたな(実際にはそれほど使わなかったけど)。

 今回の京ぽん。基本的には満足しております。まぁ、インターネットが見られるといっても、所詮、パソコンの画面用に作ってあるのを小さな画面で見るには少し無理があります…。でも、基本的にインターネット見るのはタダと思っている私には嬉しいかも。それに、iモード用のHPなど見れるものも多かったりして〜。

 それより、USBケーブル付属で、そのままパソコンに接続して使えるのは嬉しい。パソコンのeメールアドレスも携帯でそのまま送受信可能。これは便利!
 速度が32kパケットはちと遅い。128kコースもあるが、私はヘビーユーザでないので、結局パソコンなどのデータ通信用には月額使用料980円のc@rd64のTwo Link Dataカードを使い続けることにしている(しばらく様子見)

 慢性的着メロ不足問題に関しては、MIDIデータが着メロに使えることを知って、問題は一気解決どころか、いきなり選り取り見取り状態になりました(メモリが少ないのでちょっと考えないといけないけど)。MIDIデータなら何でも使えるらしい。しかも、着うたまで加工可能とは、ユーザの情熱とはすごい!

 京ぽんで許せなかったスケジュール機能が搭載されていないこと(カレンダーがあるのに!)は、見事、RScheduleというフリーソフトで解決しました。

 あと、どうも動作がもっさりしている点は、メール送信画面を設定無しにし、いらない定型文を削除することで、ずいぶんと改善されました。

 ということで、日々進化し続けている京ぽんでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004-08-12

君に幸あれ

 このところ個人的には落ち込みが激しくて、鬱々としていることが多いのだが、その分励まされることも多い。

 夏休みのせいもあって、レッスンがグループになることが多く、若い方たちと一緒になることも多い。いつもはグループレッスンでも、一人、のラッキーマンツーマンなのだが…。一人でもグループでも、それぞれにメリットがあって、それぞれに楽しい。一番楽しいのは、若者たちと話ができること、みんな夢を追いかけて一生懸命頑張っている。そういう姿にとても励まされる。

 先週は一人、フィラデルフィアに旅立ち、来月には一人これまたハワイに旅立つ。もう一人は10月にオーストラリア、一人は先月スウェーデンの留学から帰って来たばかりで、完全に出遅れた〜といいながら、リクルートスーツに身を固めて、就職活動にいそしんでいる。

 私が若者たちを羨ましく思う一方、向こうはどうやら私をあこがれの目で見てくれているようなのだ。ちゃんと英語を生かした仕事していて、すごいって思うらしい。ほんとは全然すごくなんかないんだけど…。でも、私がもっと若かった頃、元気とやる気だけはいっぱいあるのに経験がなくて、経験を積んだ年上の人が羨ましくてしょうがなかったかも。まるで、映画の「摩天楼はバラ色に」みたいに…。今は逆に、私は夢と希望いっぱいの若者たちが羨ましい。私が大学生の時にできなかったことを、軽々とやってのける。

 今月オーストラリアに帰国するSamは、帰国後の就職活動中。障害児教育に関わりたいらしく履歴書をいろんなところに送っている。一方、小説を書いているGrantもロンドンやらアメリカの出版社にメールを送って売り込み中。二人と話していて気づいたのだが、どうやら「断られること」は当たり前だと思っているようなのだ。断られて当たり前、色よい返事が来たらものすごく喜んで、ラッキー!って感じ。
 
 私たちの世代、売り手市場のバブル期だったせいか、内定なんてあって当たり前、いくつもあって選り取り見取りという感じだった。だから、多分、断られることに慣れてないのよね。でも、基本的にどこの国でも(日本は熟練者を重んじない例外の国かもしれないが)、若者の就職が難しいのは当たり前の傾向。断られてなんぼのもんの世界なのかも…

 ということで、大いに勇気をもらったのでした。私も、まだまだ頑張るぞ〜、いっぱいいっぱい勇気をありがとう。
 どうか、夢に向かって一歩一歩進んでいる若者たち、君たちに幸あれ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年7月 | トップページ | 2004年9月 »