« ナウルとクリスマス島 | トップページ | インド紀行−エア・インディア »

2004-09-21

脳みその中

インド行きが近づいて来て、付け焼き刃のヒンディー語学習に熱が入っている。

 ヒンディー語は日本語と文章構造が同じなため、ずいぶんと言語構造については頭に入ってきた。かといって、しゃべれるわけでは、全くない。

 最近、複数の言語を操る(まで行ってないが、関わっている)ため、不思議なことに気が付いた。脳みその中の、役割分担についてである…。

 きっかけは、日本語と英語の名前だった。外国人の名前(ファーストネーム)はすぐに覚えられるのだが、日本人のファーストネームは覚えられない。それが名字となると、すーーと頭に入ってくる。ユウコと言っても、いろいろな漢字があるから、「音」として覚えるしかないのだろう。だが、名字だと、すぐに漢字がひとまず浮かんでそのままインプットされるのである。
 つまりは、日本人の名字は漢字領域に、音としてのファーストネームは英語領域にインプットされるらしい。

 最近、もう一つ面白いことを発見した。今まで、ともかく片言しゃべれるように勉強した言語として、韓国語とイタリア語がある。イタリア語は定着するまでに至っていないが、韓国語は一時、かなり集中して勉強しただけあって、ごくごく簡単な文章は言える。

 ところが、最近、ヒンディー語を勉強していて、頭の中で文章を組み立てて何か言おうとすると、ヒンディー語じゃなくて、韓国語が出てくるのである。これには、参った。「何々して下さい」と言おうとすると、「ディジエ」という言葉の代わりに、韓国語の「チュセヨ」が出てくるのである。

 どうも、ヒンディー語は韓国語と同じ第三言語領域にインプットされているらしく、しかも、どうやら韓国語が駆逐されつつあるようなのだ。つまり、韓国語をどんどん失って、ヒンディー語に置き換わっているというべきか・・・。

 英会話の先生が、複数言語を勉強した場合、一つを獲得すると、一つを失うと言っていたが、そうなのかもしれない…。

 と書いているうちに、明日、インドに出発です。
 無事に帰ってきたら、笑い話がいっぱいあることでしょう…。では、続報をお楽しみに!

|

« ナウルとクリスマス島 | トップページ | インド紀行−エア・インディア »

コメント

一つの言語を習得しようとすると、一つを失いかける、ということなら、経験しました。
一所懸命ヒアリングマラソンをやったあと、津軽に引っ越しました。
津軽弁。。。
それは僕にとって、英語以上の外国語でした。
そして、僕は英語のヒアリングができなくなったのです。
しかし、津軽弁の会話ができるようになった頃、英語のヒアリングも元に戻ったような気がします。
つまり、習得してしまえば、また元に戻る、ということ。
他に、言語のルーツもありますね。それはまた。
いってらっしゃい。
となるのか、おかえりなさい、となるのか。

投稿: カジパ | 2004-09-21 22:06

無事帰って来ました~。ありがとう!
 ヒンディー語、聞き取りがまだまだで会話になりませんでした(T.T)まだまだ修行が足りないようです。

投稿: めぐ | 2004-09-30 08:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21295/1489624

この記事へのトラックバック一覧です: 脳みその中:

« ナウルとクリスマス島 | トップページ | インド紀行−エア・インディア »