« トイレのお姉さん | トップページ | 回遊魚の考察について »

2004-10-13

ガネーシャ祭り

ムンバイ空港に着いたのは、夜中の12時。何も申告するものはなかったので、グリーンベルトを通ったら、あっという間に外に出ていた。真夜中にもかかわらず迎えに来てくれていたDr.Methaさんの車でホテルへ。ホテルに着いたら夜中の3時でした。日本時間で言えば、朝の6時半。長いこと起きていたものだ〜ということで、よれよれでした。

 さて、ホテルに向かう車の中から、見たのがガネーシャの御神輿(?)
 ムンバイは、ちょうど、ガネーシャ祭りの真っ盛りでした。特に、今年は、マハラシュートラ州の年ということで、盛大な盛り上がりよう。ガネーシャというのは、ヒンズー教の神さまです。(トラックバック参照)。

ganesha6.JPG
 後日、農村を回った時、タイルの上に描かれていたガネーシャ

ganesha1
 空港からの途中で見たライトアップされたガネーシャ像。手前の男性と比べると大きさが分かると思う。

 大小のガネーシャ像があちらこちらにこしらえてあって、夜はそれを引き回し、最終日に海に流すのです。最終日、ちょうどデリーへ発つ日で、しかも午後三時には海沿いの道路が通行止めになるということで、早々に飛行場に行ったため、最後のクライマックスは見ることができませんでした。

 町のあちらこちらにあるガネーシャ…。中へは靴を脱いで(ベルトを取る人もいるそうです。つまり、生き物(牛?)でできたものは外すそうな)上がります。特に、作法があるわけでなく、拝んで(拝まずに眺める人もあり)出てきます。お世話になっているNGO、Bombey leprosy projectの近くにも、幕屋(?)があり、中に入らせてもらいました。拝んだお礼として、砂糖菓子の大きな粒をくれました。形や色は違えども、農村部でガネーシャを拝んだ時にも同じようなものをくれました。文字通り、清めのリフレッシュメントでした。

ganesha2
Mr.Kingsley(中央左)に連れて入ってもらった幕屋の中

ganesha4.JPG
 ビクトリア駅近くのガネーシャ廟

ganesha5
 農村を回った時の、小さなガネーシャ廟。ちかちか光る電飾で飾ってあった。

 他にももう一カ所回ったが、ガネーシャの回りにはマリーゴールドなどを糸でつなげた花輪が飾られ、花びらをちぎったもの(メリーゴールドやジャスミン)を、ガネーシャに振りかけて敬意を表す。お供えものなどもあるが、花で飾るのがきれいだった。

 

|

« トイレのお姉さん | トップページ | 回遊魚の考察について »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21295/1663912

この記事へのトラックバック一覧です: ガネーシャ祭り:

» ガネーシャ [megumu]
 画像のアップに挑戦しました。うまくできるかなぁ?  これは、前の記事に出てき [続きを読む]

受信: 2004-10-13 00:38

» ぞうさんをヒンディ語で歌おう [megumu]
←大きくなります 下の記事、「モンスーンの子どもたち」のコメントで話題に出たので [続きを読む]

受信: 2005-10-20 23:30

» ぞうさんをヒンディー語で歌おう [megumu]
←大きくなります 下の記事、「モンスーンの子どもたち」のコメントで話題に出たので [続きを読む]

受信: 2005-10-20 23:34

« トイレのお姉さん | トップページ | 回遊魚の考察について »