« ブラウザの怪 | トップページ | インドのイエス »

2005-02-15

NOVAうさぎ in India

nova
 この子の名前はジャスミン

 インドに頻繁に出かける目的…それは、インドのMumbai(ムンバイ)に住む子供たちに学校を作るためである。インドのムンバイ(旧ボンベイ、Bombay)には、アジアで最大のスラムがある。生活レベルが低いために、学校に行けない子、ハンセン病などの病気にかかった子たちのために小さな学校を作ろうとしている。

 学校と言っても、現段階では、小さな教室、それも「小屋」といった方がいいようなところであるが…。シスターが細々と続けていた教室が、財政難で立ちゆかなくなってきているため、そこを支援する形をとることになった。

 さて、教室を訪問をしたのだが、何かしら「芸」をせねばならぬということで、NOVAうさぎを持っていった。子供たちは、英語が分からないので、片言のヒンディー語で、「こんにちは。私たちは日本から来ました。ムンバイには列車の駅がたくさんありますね」などと自己紹介をして、インドでは大人から子どもまで誰もがしっている「チュクチュクガリ(汽車ぽっぽ)」の歌をヒンディ語で歌った。

 インドの「チュクチュクガリ」の歌は、日本の「汽車汽車しゅぽしゅぽ」と「汽笛一発新橋を…」を足して二で割った(どんなんや~!)歌である。ちなみに「チュクチュク」は「しゅっしゅっ」と同じ意味、ガリは「車」という意味である。

 と書いてしまえば簡単そうだが、実際には、飛行機の中でスチュワーデスのおねぇさんに自己紹介の文法をチェックしてもらい、ホテルでは、朝の忙しいボーイさんを部屋に招き入れて、ヒンディ語の発音練習&歌のダメだしをしてもらい、寝ても覚めてもヒンディ語の歌詞を呪文のように唱えて、覚えるのに必死…

 ところで、インドにはウサギがいないらしい…?
 NOVAうさぎを紹介するのに、「うさぎ」の単語をヒンディ語辞書で調べたら、「耳の長いロバ」と同じだった(爆)
 
nova1
 子どもたちは、食い入るように見ており、歌をうたっても「ぼーぜん」って感じだった。

nova2
 小屋のような教室の前で…

|

« ブラウザの怪 | トップページ | インドのイエス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21295/2896298

この記事へのトラックバック一覧です: NOVAうさぎ in India:

« ブラウザの怪 | トップページ | インドのイエス »