« Hard to say I'm sorry | トップページ | 舌で読む聖書 »

2005-05-12

中村屋のボース

bose久々に、おもしろく本を読ませてもらった。

 「中村屋のボース」-インド独立運動と近代日本のアジア主義- 中島岳志著 白水社

 新宿中村屋は、日本で最初にインドカリーを売り出したところである。今、スーパーやコンビニに行けば、「中村屋のインドカリー」が売られている。この中村屋にインドカリーを伝えたのが、インド独立運動の志士ラース・ビハーリ・ボースである。のちに中村屋の娘と結婚をし、とうとう故国に帰ることなく日本で亡くなったボースの評伝を著したのがこの本である。
 
 実は私は、月餅が大好きである。月餅といえば、中村屋の月餅。特にくるみ入りが好きなのだが、この月餅の中村屋とインドカリーの中村屋、同じ中村屋だとは新宿中村屋のホームぺージを見るまで知らなかった。元々がパン屋だった中村屋にインドカリーを伝えたのがボースだったとしたら、同じ中村屋が月餅を売り出すきっかけを与えたのは、かの有名な「孫文」を始めとする中国革命家だ。戦前の日本、特に中村屋を中心とした「サロン」には、犬養毅を初めとした蒼々たる面々が名前を連ねていた…。

 非常に読みやすい本であり、ぐいぐいと引き込まれる。かつて、日本とインドはこんなに近しい関係であったのか、遠く日本から祖国インドの独立を願って奔走していたインド人がおり、それを支える人々がいたこと、その時代に翻弄されていく様子が豊富な資料をもとに生き生きと描かれている。インパール作戦がインドの独立をも目指したものであったこと、「怪傑ハリマオ」が実在の人物だったことなど、新たな発見がたくさんあった。インドの独立を願いつつ、大東亜共栄圏の美名をかりた日本の植民地主義の現実に、自己矛盾を引き起こして引き裂かれつつ、それでもインドの独立を願ったボースの心情に心うたれた。
 
 この本を読んで思ったのだが、イラク政策にしても国連の常任理事国入りにしても、日本のダブルスタンダード的な曖昧なスタンスって、結局、戦前から全然変わってないじゃない…。「大東亜共栄圏の夢」と「植民地主義の現実」というコインの裏表は、現在の「アジア論」の中に形を変えつつしっかりと根がつながっている。。

 大学で史学科に入ったとき、最初に読んだのは「歴史とは何か」E・H・カーの本だった。常に現在に、今の世界に戻ってこなければ、過去の歴史を学ぶ意味はない。その意味でも、この中島氏の著書は、ボースの評伝に心血を注ぎつつ、現在を見通し鋭い疑問を投げかけてくる。

新宿中村屋 - トップページ.

|

« Hard to say I'm sorry | トップページ | 舌で読む聖書 »

コメント

ありきたりなコメントになるけれど、「外交」というのはそういうものではないだろうか。そして、megumuさんが言うように、評価はあとから歴史(記述)という形で来る。そしてその歴史の上に今がある。
また、どんな組織でも、創立時の理想は継続という現実の前にあっというまに変質してしまう。これもまた「国家」にあてはまることではないだろうか。そして今、私たちの国は、創立(再出発)時の理想を捨てようとしている。60年で還暦とはよく言ったものだと思う。

投稿: kajipa | 2005-05-12 08:41

この本は、私も気になっていてアマゾンのウィッシュリストに入れているものです。めぐさんは、作者とお知り合いなんですね。私は前著の「ヒンドゥー・ナショナリズム」も買っているのですが、ずっと積読状態のままで埋もれています‥(^^;

投稿: antoinedoinel | 2005-05-12 14:46

antoinedoinelさま。
 ボースのご本は、ほんと面白い本ですよ~。「ヒンドゥー・ナショナリズム」は、最初読んだときよく分からなかったので(^^;、後で読み直しました。インドでいろいろ見聞きしているうちに、特に、ヒンドゥーの神様の話を知るようになって、なーるほどって思うようになりました。
 

投稿: めぐ | 2005-05-12 20:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21295/4089109

この記事へのトラックバック一覧です: 中村屋のボース:

« Hard to say I'm sorry | トップページ | 舌で読む聖書 »