« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »

2005-08-30

ロンドン博物館からメール

ロンドン博物館からメールが来た。とっても驚き、とても嬉しかった。
 テロの日、ロンドン博物館に行ったんだった。ロンドン博物館は、ロンドンの歴史を展示した博物館。その成立から現在までを展示している(途中、改装中で見れない時代があったが)。特に1666年、9月2日に起こったロンドン大火の展示品はなかなかに恐ろしい。3日3晩焼き尽くし、ロンドンの3分の2が焼けた。鎮火後に戻って来ても、地面が熱くて歩けなかったという。江戸の明暦の大火が1657年だから、中世の同じ頃、発展途上にあった大都市は、同じような状況にあったのかもしれない。

 ギフトショップでロンドンの古い地図を買おうと思ったが、在庫切れだった。ロンドン滞在中に入荷したら取りにくるからと連絡先を教えておいたのだった。まさか!って思ったので、非常に嬉しかった。地図は郵便で日本まで送ってくれるという。

 イギリスで一番嬉しいのは、博物館と美術館がタダということ!かの大英博物館もタダである。もちろん特別展にはお金が必要であるが、数々の貴重な展示品がタダでみられるのは嬉しい。

 今回、結構楽しかったのが「大英図書館」。かのキングスクロス駅の近くにある。その大英図書館には、資料室があって貴重な文書が展示されている。古い時代の聖書、かの「マグナカルタ」、レオナルド・ダビンチの原稿に、シェークスピアの原稿…。なぜか日本の法隆寺の陀羅尼経まで展示されていた。

 特に面白かったのが、有名な音楽家の「楽譜」。ヘンデルにモーツァルト、たくさんの有名な音楽家の自筆の楽譜が展示されていた。古い時代の教会音楽は、楽譜の形式も変わっていて(たてよこ四方向いている)面白い。

 テロのお陰で大幅に予定が狂ったロンドン滞在。最終日には、テートモダンとナショナルギャラリーどちらの美術館に行こうかと悩んだあげくに、現代美術館の「テートモダン」に行った。この美術館、建物自体が「アヴァンギャルド」。古い工場を使っていて、めっちゃ「粋」である。

 ここで嬉しかったのが、なんと特別展で「フリーダ・カーロー(Frida Kahlo)」をやっていたこと。映画「フリーダ」というのが去年か一昨年公開されているので、ご存じの方もいらっしゃるだろう。メキシコの女流画家。学生の時に、バスでひどい事故に遭い、全身の骨が折れる。稀に見る強い意志と激しい気性で画家になり、結婚もするのだが、怪我がもとで流産(死にかける)。この流産が彼女の精神に暗い影を落とし、さらにはメキシコを席巻する圧倒的なアメリカ文化と自分の出身であるメキシコの誇り、その2つに引き裂かれるのだった。

 まさかロンドンでフリーダの特別展を見れると思わなかったので、作品が一堂に会すなんて滅多にないチャンス、ラッキー!と思った…。だが、入場制限しており、入れるのが4時半だという。絵を見るのに1時間半。出てきたら6時は優に過ぎている。この日は、宿にもどって荷物を取り、さらに電車に1時間乗って、郊外のルトン空港にまで行かないといけない。しかもテロの影響でキングスクロス駅は閉鎖。どうやってたどり着くかも分からない…。明日の朝7時にエジンバラに飛ぶ飛行機なので、どうしてもルトン空港にいかなければ…
 
 窓口のお兄さんに相談すると、ルトン空港までの行き方など全部調べてくれた…。なんか親切…。テロの影響なんだろうと思う…。なんとか、間に合いそうなので、喜んでフリーダの特別展を見る。

 なんというか、非常に激しい画風に圧倒される。いろいろなシンボルなどが挿入されていて、謎解き(?)としては楽しいのだが。同じ女性としては、当人の苦しみや悲しみがひしひしと伝わって来て、かなり神経に堪える絵だった…

映画フリーダ公式ページ

旅行・地域, 日記・コラム・つぶやき | | コメント (3) | トラックバック (0)

2005-08-29

ハドリアヌスの城壁

hadrians_wall
←画像大きくなります(遠くの丘の上までずっと城壁が続いている)

今回のイギリス旅行で、どうしても行きたかったところ、それがハドリアヌスの城壁(Hadrian's wall)である。世界遺産にも登録されている。
これは、イギリス版「万里の長城」。ローマ帝国が支配していた頃、北のスコットランドからの侵入をふせぐために、現在のイギリスとスコットランドの境界あたりに、東海岸から西海岸まで、全長約120kmの城壁を建設したのである。城壁に沿って、1マイルごとに Mile fortという小さな砦を、そしてところどころには、軍の拠点ともいうべき大きな砦(小さな町)を建設し、そこには役人や軍隊、職人たちが住んでいた。

 今回は、Carlisle(カーライル)から小さなバスで2時間ゆられ、ちょうど城壁の中間地点 Housesteads Roman Fortまで行った。遺跡としては非常によく残っており、整備もされている。しかもここは、イギリスの国立公園の中、とってもとっても美しい場所だった。

 あー、ここではホントにホントに幸せを感じました。日差しがきつく、暑かったが、砦の上に座って、もう二度と見れないかもしれない美しい景色を目に焼き付けておりました。今回のイギリス旅行で一番の至福の時間。とりあえず、ここで死んでも悔いはないという感じ…。

wall2(画像大きくなります。)
 イギリス中部特有の景色。なだらかな丘が続く。羊たちがいっぱい。国立公園の中にあってとても美しい。

 この砦、当時のトイレ(ちょっと笑う(^^;)なども残されていて、かなり保存状態が良かった。オンドルも使っていたらしい。後で、写真に追加しておきます。
 
 今、私のパソコンのデスクトップ画面は、Housesteads Roman Fortの画面。気持ちが落ち込むと、この風景を見て、あの時の幸せだった気持ちを思い出す。

 イギリスのロンドンからスコットランド、このハドリアヌスの壁にまではるばる来て、どこででも生きていけるような気がした。誰も知らない異国でも、一人で十分生きていけるような気がした。なら、どうして、日本で生きていけないはずがないじゃないか、と何度も自問自答したのである。

 イギリスまで一人でやってきて良かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005-08-19

え?もうおしまい? 

イギリスへの旅行には、デジカメを持って行った。オリンパスのCAMEDIA C-700という少し前のカメラで、少々重たいし、3年も経つと性能も劣って来ているので、新しいのが欲しかったが、懐が寂しいのでそれもままならず、仕方ないので、これを持って行った。

 このカメラの良いところは、単三電池で動くこと。私はすぐに充電し忘れるので(しかも海外で電圧違うし)、電池を入れれば動くというのにひかれて、わざわざ電池駆動のを探した。単三電池4本が必要だが、もちろんこれでは足りないので、予備の電池を持っていったのだが…。

 予備の電池を宿に置き忘れて来たのだな…
 
 仕方がないので、電池を買うことにする。ところが、イギリスの電池は高い(^^; 高性能の電池は5、6ポンドほど、4本で1000円以上する…。次のランクが、3ポンドほど…。うーん高い… 日本の電池は、電気屋さんで正規の値段で買っても、ディスカウント店で安く買っても、そんなに性能が変わるということはない…ということで、Longlife!(長寿命)と書いてある75ペンス(4本組)を買った。4本で、180円ぐらいなので、恐ろしく安い(^^; 

 さすがに75ペンスでした。デジカメに入れて、3回写真を撮ったら、電池切れになりました(爆)。フラッシュをたいたわけではありません。普通に撮って、三回… いえ、電池を甘くみた私が悪かったのでした(;^_^A アセアセ…

 ただ、この電池、不思議なことに、昔「伊藤家の食卓」でやっていた裏技、電池を1分ほどこすると復活するというのをやると、見事復活して(^^;、あと2回ぐらいは、撮れる。ということで、10回ほどは、撮れました。日本の電池は性能がいいのか、電池切れになると、こすろうが叩こうが全然復活しないので(^^;、その点はファジーなイギリスの電池に助けられました。

 ちなみに単三電池は、AAといいます。単四がAAA。では、単二と単一は何というでしょう?

 最終目的地の北アイルランドのBelfast。次の日に日本に帰るのに、電池を買うのももったいないので、私が必死になって電池をこすっていると、隣で見ていたJaydeeが、笑いながら「I did the same thing when I felt desparately」言いました。ぜつぼーてきな状況だと、やっぱり電池をこするそうです(爆)。

 電池では散々泣かされたが、大もうけ(?)をしたのが、スマートメディア。デジカメのメディアだが、すぐに底がつきたので、買うことにした。電気屋さんに入ったら、128MBが23ポンド(4600円)。思わず嬉しくなりました。しかも、200枚以上撮れる!日本より格段に安いのですが、なんでざんしょ?

post
イギリスのポスト
 絵はがきを出したが、住所を控えて行くのを忘れたので、自宅にしか送れなかった。
 お世話になった英会話学校の先生に出したが、もちろん住所は分からない。日本の郵便制度は優秀ですな。○○市 京阪○○駅前NOVA ○○先生で着くんだもん!


 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005-08-15

放浪の旅?

ここでちょっと国内の話題。
 イギリスから帰って来てから、旅づいているのか、家にいることが少ない。まぁ、家にいられないのには、別の結構深刻な(?)理由があるのだが、それは置いておいて…
 帰って来てから、ホッとしたと思ったら、7月下旬には例のインド関係で熊本へ、すぐに8月2日から7日まで、日光、東京、千葉、埼玉、今週は名古屋に行く。
 一つ一つ、なかなかに印象深い旅だったので、詳しく話しすればいいのだけど、まぁ、まぜこぜで書くことにしようっと。

 東京へは、息子の全国インターハイ出場の応援に行って来ました。三段跳びの選手なのです。三段跳びといえば、昔「スクランブル交差点を三歩で渡る選手」というコマーシャルがありましたが、つまりはホップ・ステップ・ジャンプで飛ぶのです。
 今、夜中に世界陸上を中継しているが、為末選手のおかーさんの気持ちが良く分かる。もう、見てられないって感じ。人ごとでも中継を見ていたらどきどきするのだから、我が子なんか怖くて見てられない。夏の日中にやっているので会場が非常に暑くて暑くて、熱中症で胸が動悸がするのか、それとも見ていて胸がどきどきするのか分からない。気が遠くなりそうでした。
 さて予選で、一本飛んで、一発決勝進出(!)。去年も全国大会に出ているのだけど、なんと張り切ってつけていたハチマキのながーーーい紐が砂場をすって、なんと30センチあまり損して、落選。
 それに比べれば、決勝で闘っているのは偉いぞ。

 決勝では、3本とんだ後に上位8人だけが残りの3本を飛ぶことができるのだが、見事ベストエイトに残りました!といっても、残り2人を残して8位、最後に飛んだ二人の跳躍は見てられませんでした。まさか失敗せよと念じるのもスポーツ精神に反するような気がして、でもやっぱり我が子はかわいいので、どうか少なく飛んでと願っておりました。願いが通じたか、ともかくギリギリでベストエイトに残って、残り3本。やっぱり緊張しているのかなぁ、なかなか笑顔が見えない。ようやく最後の跳躍で、スタンドに手拍子(!)を求めた。おお、なんかいっちょまえやなぁ~。かっこいい~。
 故障をかかえながら、6本全部飛びましたが、本人の性格なのか全部踏切板より10センチ以上手前から飛びました。ファールが一本もなし…というのは、意外と慎重な性格なんだろうか??
故障を抱えていた本人としては全く不本意らしいが、8位入賞。
 偉いぞと褒めてやりました~。

 同じ高校生で世界陸上にも出場した、400mの金丸選手。リレーでごぼう抜きするのを見て、大興奮しました。他の選手だって決して遅い訳ではないのだけど、金丸選手がめちゃくちゃ速い。わははと大興奮して見ておりました。あのとき出ていた子が今、ヘルシンキにいると思うと、凄いです。

 これが東京に行った本当の目的なのだけど、実は前振りが長すぎ!、娘と一緒に日光と華厳の滝、あとどうしても食べたかった新宿中村屋のインドカリーを食べ、サッカーミュージアムにも行き、東京ではやっと念願適って江戸前寿司をたらふく食べ、上野の美術館、東京都庁のてっぺんにも上りました。華厳の滝は良かったです。日光は、ひたすら「ケバイ」娘はお気に召さなかったようで、「趣味わる~」と言ったっきり、機嫌が悪いこと悪いこと…。困りました。

 最終日は、これまた中学生の時からの夢だった日野の土方歳三の生家(資料館)に行って、とっても幸せな放浪の旅でした…。

 今回の東京で便利だったのが、ご存じ「イコカ」。イコカは東京ではスイカとして使えるのでした。

 新宿中村屋のインドカリーは、非常に美味しかった。正統な味(?)って感じ、かなり辛いのはびっくりしました。マンゴジュースが、非常に満足できるマンゴジュースだったし、また行きたいけど、遠い!

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2005-08-14

イギリス国内の交通機関

Easyjet←主要格安航空会社2つ

ポンドが強い…。今、1ポンド200円程度。でも、イギリスの感覚では1ポンドが100円ぐらい。どういうことかというと、つまり、10ポンドのランチを頼むとして、つまりは、日本で言えば1000円程度のランチが出てきて、イギリス人も1000円程度のランチを食べている感覚で10ポンドを使うが、為替で換算すると実は2000円だということ。つまりは自分の感覚より、2倍のお金を支払っていることになる。

 特に、ロンドンは、物価(食事代と宿泊費)が、信じられないほど(?)高くつく…

 その点、日本に比べて遙かに安かったのが、交通機関。特に「格安国内航空会社」は信じられないほど安く、ロンドン-エジンバラ、エジンバラ-ベルファストが、なんとたったの5000円(!)。Easyjetというのを使ったが、インターネットで予約、クレジット決済する。航空券はない。購入画面をプリントアウトしたものを、当日カウンターに持って行って、チケット発券。空港に着いた順に好きな席に座れることになる(座席指定なし)。値段も、いろいろで、例えば平日のあまり人の乗らない便なら格安になるし、週末の忙しい便はそれなりに高くなる。

 ロンドン-エジンバラ間は1時間20分ほど、エジンバラ-ベルファストなどは50分ほどだ。機内サービスはなく、列車と同じく「機内販売」がある。おねーさんがごろごろとカートを引いて来るので、コーヒーが飲みたければお金を払って買える。考え方がものすごくreasonable。
 このeasujetはヨーロッパ線もあるので、スペインやフランスにも数千円で行ける…らしい。
 人気なだけあって、カウンターが混むのが玉にキズ。30分前にチェックインすれば飛行機に乗れるが、1時間以上前に行ったにもかかわらず、待ち時間が長くて、ギリギリ、ひやひやものだった。

train← 結構、きれいな列車です

 あと、比較的安いと思ったのが、列車!ロンドンからカンタベリーまで、1時間半の旅をしたが、どうも、普通電車も特急列車も同じチケットらしい。特急列車に乗れてラッキーだった…。乗車時間は特急で1時間半なのに、往復3500円ほどだった~。それに、トイレが感動的!写真取っておけば良かった~。日本のようなせせこましいトイレではない。広さとしては、優に2倍以上ある。スペースは四角ではなく半円形。つまり、トイレのドアは両開きで円形に開くことになる。

 さて、この列車には面白い話がある…

 後日、イギリス版万里の長城Hadrian's wallに行ったあと、そのまま湖水地方に出かけた時。
 Carlisleの駅で、目の前で列車がキャンセル(運行取り消し)になった。暑さのためエンジンが壊れたらしい。2時間ほど待って、ようやくやってきた次の列車に乗る。当初の列車では座席指定をしていたのだけど、もちろん、チャラ。立つこと1時間あまり。Oxenholmという駅で、乗り換え…。

 列車に乗り換えて、ほっとしていたが、一向に発車する気配がない。
 1時間待ったが、動かない…
 車掌さんに聞くと、「運転手を待っている」…… なに?待っている? 「もしかして運転手が来ない!?」
 列車が遅れたせいで、運転手はおうちに帰ってしまったようです。

 結局、無理と判断して、近くにいた日本人とタクシーに乗り合わせて湖水地方ウィンダミアに着いたのは、夜の10時…。イギリスは11時まで明るいので、晩ご飯もギリギリ食べられました。

 次の日、駅で聞くと、結局、その運転手待ちの電車…、取り消しになったようです…
 一応、文句だけは言いました… 金返せ~って(^^;
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005-08-13

テロの功罪

bus←二階建てバスから。このバスがキングスクロス駅からタビストックプレイスに行く例のバスだった。

題名は、かなり不謹慎かも…と思いつつ。

 ともかく世の中からテロが無くなって欲しいとくれぐれ思います。テロというのは、つまりは恐怖(terror)を与えてそれと引き替えに何かを得るのが目的なのだから、恐怖に負けてはならないのです。ということで、そのまま旅を楽しもうと決心して、行動したのだけど、やっぱり大事件があった直後なので、いろいろと不便だった。

 テロの翌日、郊外への電車は動いていると聞いたため、ともかくターミナル駅に行ってみようと思い、カンタベリー行きの電車が出ているヴィクトリア駅に行った。実は、今回、ロンドンに5日いるのでトラベルパス7日間を買っていた。これは、7日間で地下鉄乗り放題(1ゾーン内だけだったので19ポンド)だったため、地下鉄が使えなくなってショックを受けたが、バスも乗り放題なので、結局、そこそこ元は取れたかも?。

 さて、ヴィクトリア駅行きのバス。なんせ非常事態なので、バス路線が変わっているのです。ヴィクトリア駅行きのバスの2階(懲りずに!)に乗って、外を見ていたのだけど、どう考えても逆方向に走っているとしか思えない。????状態になって、近くのおねーさんに聞くと、「そこの角でぐるーと回って、もと来た道を戻っている」とのこと…。ぎょえーーと、飛び降り、次のバスに乗る…。

 テロで良かったことなんて、ほとんど無かったのだけど、一つ良かったことがあるとすれば、ロンドンの二階建てバスを満喫できたこと。当初は、地下鉄が便利なので、地下鉄で移動するつもりだったのです。ロンドンのバスは、京都の市バスと一緒で、つまりは、わけわかめ(^^;、乗りこなすのはそれなりに大変なので、乗る予定はなかった。でも、地下鉄が閉まった以上、仕方ない。地下鉄に潜ってしまえば何も見えないのに、バスだと町の様子が見えてなかなか楽しかった。

 私は、実は、歴史的建造物と「高いところ」が好きなのです。

 だから、セント・ポール大聖堂の塔のてっぺんに上がってみたかったし、ロンドン大火記念塔のてっぺんにも、ロンドン橋(タワーブリッジ)のてっぺんにも上ってみたかった。が、そういう場所はすべて閉鎖になったので、今回、どこにも上がることができなかった(泣)。ただ、一つ、目的達成できたのが、テロの前日に上がったウェストミンスター大聖堂(ウェストミンスター寺院ではありません)と、ロンドンアイの大観覧車(!)。ロンドンアイは、テロの翌日の夕方7時頃に行ったのですが、外は明るくて人も少なくて(^^; 非常に良かったです。夏は夜10時まで開いている。

P7090088
ロンドンの大観覧車から。外にはビッグベンが見える。12ポンド。約30分かけて一周してくれる。


 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005-08-12

イギリスのパブ

P7080016←カンタベリーの城壁
イギリスでは、実は後半、ずっとパブに入り浸っていた(^^;
 なんせ一人旅なので、白いテーブルクロスのかかったレストランというのは、別にいいのだけど、やっぱり一人で入って食べるのは寂しいというか、心落ち着かない。パブなら一人でもそれほど気にならなかった。

 とはいっても、入ったことのないパブに入るのは、やはり勇気がいる…

 テロの翌日、ロンドンから脱出しようとカンタベリに行ったのだけど、そこで、お昼ご飯を食べようと入ったつもりのカフェが、実はパブだった…。すぐに出るのもなんだかということで、カウンターに行って、ビールを頼む。イギリスのビールは、実はそれほど冷たくないのです。日本みたいにキンキンに冷えたビールで、ぶはぁーということはない。でも非常に味わい深いのだな、これが。味わい深いビールの中でも、「エールAle」ビールが、いわば日本酒でいうところの「地酒」、その土地ごとにいろいろな地元のビールがあって楽しい。

 パブ、カウンターには、若いおねーさんがよくいる。カンタベリーでは、おねーさんにどのビールがお勧めと聞くと、「Aleビールが美味しい」という。その中のお勧めをもらい、食事も頼む。伝統的なパブは、ビールだけで食事を出さないところも多いが、食事を出すところもあって、それが意外と美味しい。ただし、種類はそれほど多くなく、またお店によってメニューが違うので、必ず食べたいものが食べれるというわけでもない。

 今回の旅で、よく当たったし美味しかったのが、エビ(prawn)のメニュー、ラムも美味しかった。あと、サーモンもよく食べた。チキンも食べたし、チャンクビーフステーキも、ダックも食べた。

 カンタベリーのパブでは、エールビールとあとStout(黒ビール)を飲んだ。暖かいものが食べたい(雨が降っていたので)と言ったら、「ラザニア」がお勧めだという。そこで、イタリア料理の「ラザニア」を頼む。出てきたラザニア、イタリア人が見たら、これは絶対ラザニアと違う(^^;と言うだろうが、結構美味しいイギリス版ラザニアでした(^^;;

 それで味をしめて、以降は、昼も夜もパブに入り浸り(^^; そんなに飲めるわけではないので half pint(1パイントが500ccぐらいなので、その半分ぐらい)を頼むとちょうど良かった。有名なGuiness(アイルランドのビール)も飲んだ。地ビール(?)では、black catというのが美味しかった。スコットランドで飲んだビールだけは、非常に癖があって飲みきれなかった。

 あー、イギリスのビール。あの味は忘れられません…。
 
 パブの食事は美味しいですよ~。ともかく、これはまずくて食べられないというものには当たらなかったです…。

 ただし、結局、小洒落たところにはトント行かなかったため、イギリス名物らしいローストビーフにもあたらなかったし、「アフタヌーンティーセット」にも当たらなかった(^^; やっぱり一度ぐらいは、高級レストランか高級ホテルに入ってみるべきであった… それと、ロンドンで行こうと思っていて結局テロがあって行けなかった「インド料理レストラン」これは、次回の課題かな…
↓カンタベリーのパブの近くの川
P7090077

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »