« モンスーンの子どもたち | トップページ | ファーストコンサート »

2005-10-20

ぞうさんをヒンディー語で歌おう

zou←大きくなります

下の記事、「モンスーンの子どもたち」のコメントで話題に出たので、ついでにご紹介。

今週の土曜日に、ある小学校で、インドのオペレッタをやります。これは、私がインドでのボランティア活動にはまりきっかけになった音楽劇です。日本の弁財天って、実は、インドのヒンドゥー教のサラスバティという神さまから来たもの、二人は実は血の繋がった姉妹だったというお話を歌に乗せて演じます。二人とも女神、川の神さまであって、両方とも琵琶とヴィーナという楽器持っている芸術の神です。他にもシバ神とか、大仏とか、象の顔をしたガネーシャという神さまも登場します。
 私は、弁財天楽団の一員で、鈴持って登場するだけの端役です…

 このとき、オペレッタの後になぜかヒンディー語で「ぞうさん」の歌を歌うことになりました。「ぞうさん」の歌は、実は、戦後すぐにインドのネルー首相が日本にインド象を贈ったとき、記念に作られた歌。その時贈られたぞうさんは、「インディラ」という名前でした。

 ということで、ヒンディー語で歌ってみたい方はどうぞ。
 ヒンディー語と日本語は、よく似ています。です・ますにあたる言葉もあるし、語順も同じ、日本人にとっては馴染みやすい言語です。
 ヒンディー語の文字も、ハングルと同じく「母音」の字と「子音」の字の組み合わせで音ができています。つまり、カという音なら、ローマ字で書けばka、子音のkと母音のaで出来ているわけで、子音と母音の組み合わせだけ覚えてしまえば、とりあえずは読める(意味が分かるかどうかは別問題…)というわけです。


|

« モンスーンの子どもたち | トップページ | ファーストコンサート »

コメント

確かにヒンディー語のぞうさんて、音符にのせて歌いやすいですねぇ。(←歌ってみたらしい)

投稿: ぎかく | 2005-10-25 08:39

おお、ぎかくさーん。お懐かしや~。
 歌ってみて下さったんですね。ありがとうございます。
 なんせ、今をときめくインドですから!インドのお札など、子どもたちに見せたら目を輝かせて見ていました。15の言葉(公用語)で書かれているのです。
 インドのファンド買ったって、友人に言ったら、ちょっと白い目で見られたかも…。まぁ、日本で取りざたされているインドと、実際のインドはあまりに違いすぎて、安易にそういう流れに乗るなってことなんでしょうが…。でも、ファンドに組み込まれている会社をしげしげ眺めると、なーるほどと別の一面が見えたりして、インド初心者(もう初心者じゃない?)の私には面白かったです。
 

投稿: めぐ | 2005-10-25 14:37

ファンドに組み込まれている会社を見たら、
インド人もびっくりするんじゃないかと。(笑)

投稿: ぎかく | 2005-10-26 11:23

私も詳しいわけじゃないので、あくまで素人の感想なのですが、日本で騒いでいるほどIT関係は組み込まれていないですよね。それは当然のことで、インドはまだまだインフラが整備されていないから、基幹産業が主な構成で、それは非常にまっとうな方針だと思うのです。
 で、ITがたくさん(?)組み入れられているのがADRで、これはつまりは、インドに投資しているようで、アメリカに投資しているという意味なんだろうな、少なくともITの恩恵を被っているのは、インドというよりアメリカなんじゃないかと思っていました。
 ファンドの方の会社をつらつら眺めたときの感想は、財閥ってほんますごいなぁと、戦前の日本の財閥を髣髴とさせるというか、ただただ関心して見ています。

投稿: めぐ | 2005-10-26 13:44

突き詰めたところ、「風が吹けば桶屋が儲かる」的発想なのかもね。

投稿: ぎかく | 2005-10-26 16:26

あぁ、そうか、そうなんでしょうね。
 元々、そういうファンドを買うこと自体が、先の長い話というか、将来性を買っているってことですもんね。それなりにリスク大きそうだし(^^;
 ずっと、日本で騒がれているインドのイメージと、実際のインド(ムンバイだったからまだ都会なんだけど)との間に、大きな溝があって、同じ国じゃないみたいに感じていたのです。それが、ようやく頭の中で繋がってきたという気がします。
 外貨ベースでやっている企業と、そうでない企業との差があまりに違いすぎて、もし、インドに直接投資とかできるようになって、外貨がどっと入って来たら、インドの経済はどうなってしまうんだろうと案じていたりして…。というより、飛行機代だけ出せば、あとはほとんどお金使わずに向こうでのんびり、ということもできなくなってしまうかも…と思うとちょっと寂しいかも。

投稿: めぐ | 2005-10-27 10:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21295/6491909

この記事へのトラックバック一覧です: ぞうさんをヒンディー語で歌おう:

« モンスーンの子どもたち | トップページ | ファーストコンサート »