« ファーストコンサート | トップページ | 明けましておめでとうございます »

2005-11-25

王子メディアで舞台デビュー?

MEDEAad今年は、公私ともに、なんだかわけわからん状態というか、あれこれ盛りだくさんで混乱の極みにあるのだが、とうとう、極めつけになってしまった。現在は、以前にも書いたが、「メディア」というバイリンガル劇の翻訳に関わっている。

 これは、ギリシャ神話の「王女メディア」をもとにして脚色されたもので、大きな違いは原作の男女入れ替え版になっていることである。いわば、「王子メディア」である。男女が完全に入れ替わっており、入れ替わるだけでなく、社会的役割もすべて男女逆転している。つまり、古代ギリシャは「母系社会」であり、王位は「女系継承」。つまり王女に皇位継承権がある(どっかの国で論議されているようだが)。社会全体が「女社会」、男は主夫で子育てをし、同時に肉体労働的な軍役にも付くが、政治は女が牛耳っているというわけである。

 登場人物全体が男女逆転しているから、ジェイソン(イアソン)は女、子どもは娘二人、王は女王になるし、ギリシャ神話の神ヘリオスも女、アテネの「女王」アイゲウスも女だから、ややこしいこと限りない…。

 バイリンガル劇だから、それが英語と日本語で同時に上演される。原作の中で「外国人(コルキス人)」であるメディアとそのお連れの男僕は日本語が母国語、ギリシャ人たち(ジェイソン=イアソン及びコリントの女王や住人、アテネの女王たち)は英語が母国語というわけである。ちょうど、言葉のわからない外国で「追放者」として暮らしていたメディアたちの状況と、日本という異国で暮らしている外人(英語のネイティブスピーカー)の状況が、劇の中では逆転しつつ二重構造になっているというわけである。

 中でも傑作なのが男僕の役のKenji。彼は英語が分からない、さっぱり分からないのに英語の劇で、英語の台詞まであるのです。といっても、ほとんどは日本語、それもこてこての関西弁でしゃべります(関西弁で訳しました)。Kenjiは、れっきとして俳優さん、蜷川劇団にも所属していたのです。で、彼が何が一番困ったかというと、英語の台詞がだらだらだらと続いて、ぽんと日本語の台詞でかまないといけないのだけど、英語の台詞が小鳥のさえずりにしか聞こえないから、どこで日本語の台詞を言ったらいいのか、きっかけが分からないということです!これは大事件~!とは、言いながら、さすがにプロの俳優さん、きちんとこなして来ているのはさすがです。

 翻訳するにあたっては、男女が入れ替わり男が主夫をやって家庭的だからと言って、女言葉を使うと完全におかまっぽくなるので、それは出来ないということで、かなり苦労(腕の見せ所)したのであった…

 で、翻訳者としては、稽古に出て、外国人たちの日本語指導などしていたのだが…
 本番まであと、一週間あまりになった今日、大事件が持ち上がった…

 水兵役(男女逆転しているのでアルゴー船の水夫たちは女なんです)の女性が、突如降板したのだ。
 なぜかその場にいた、私に白羽の矢が立ち(?)、水兵として舞台デビューすることになりました。って、端役なので台詞は10個ぐらいしかありません…でも、ダンスとか歌とかあるんです… 掛け合い漫才みたいなところもあるんです…
 
 それまでは、水兵役のおねえさんに「ここは、いかついヤンキーのねぇちゃん風で、思いっきりbitchyな感じで、やってねぇ」とかって指示を出していたのに、いきなり私がbitchyな役をせねばならなくなり、bithcyにはなれないかもしれないが、ラピュタの女盗賊の船長風ならなるかもしれないと、知恵を絞っているところです…

 良かったら、笑いに来て下さいませ。京龍館というところであります。
 12月3日(土)、夜7:30~、 12月4日(日)14:00~、18:30~
 12月10日(土)夜7:30~、 12月11日(日)14:00~、18:30~

  京龍館のホームページはこちら イベントのところに詳しく載っています。
  京龍館

|

« ファーストコンサート | トップページ | 明けましておめでとうございます »

コメント

いいねえ。
やっぱり舞台が向いているんじゃない?
僕の回りにも、いきなり舞台デビューする人たちがいます。

投稿: kajipa | 2005-11-26 09:06

公私ともに、わけわからん状態・・・・見に行かねば。

あの。シニア料金って何歳からでしょうか? いえ、私でなく・・・・。

投稿: みどり | 2005-11-26 22:13

カジパさん、こんにちは。
 翻訳も楽しいですが、舞台に立ってあれこれやっている方が、楽しいことを発見しました…。(;^_^A アセアセ…
 しぶる私に友人が言った一言は、「あんた、この年になったら、なかなか初体験なんかできるもんじゃないで~」ということでした。なるほど、この年になって初めてやれることがあるというのは、幸せなのかも。

みどりさん、
 ようわからん踊りがあるの~。練習している様子を見ていた娘は、「それって雨乞い踊り?」と言って、私が踊る振りつけに合わせて「雨降れ、雨降れ」と声をかけます(^^;
 剣もって踊るところもあるの…
 シニア料金、60歳からだと思いますが…。もう一度、確かめておきます。前売り券あるので、確実な日が分かればお渡ししますよ~。少しでも安くなるし~。

投稿: めぐ | 2005-11-30 09:17

シニア料金、特に決まってないみたい?映画館に準じるらしいですが、60歳のところもあれば65歳のところもあるので…60歳でいいんじゃないでしょうか~

投稿: めぐ | 2005-11-30 12:53

めぐむさまの舞台、観ました★
水平役、ダンスも台詞も意気揚々とやっておられて、「訳者にはまった!」とお見受けしました。

内容は私には非常に難しかったですが、
一緒に観劇したシニアの女性はさすが英文学、歴史の研究者。
「これがギリシャ悲劇たるもの、そのもの!!!」と感激しておられました。
翻訳者めぐむさんにお伝え致します。

kenjiさん、さすが蜷川カンパニーの出身。
彼の関西弁英語、非常に受けていましたね。

どうもお疲れ様でした。

投稿: みどり | 2005-12-12 08:30

めぐむさまの舞台、観ました★
水平役、ダンスも台詞も意気揚々とやっておられて、「役者(訳者より)にはまった!」とお見受けしました。


内容は私には非常に難しかったですが、
一緒に観劇したシニアの女性はさすが英文学、歴史の研究者。
「これがギリシャ悲劇たるもの、そのもの!!!」と感激しておられました。
翻訳者めぐむさんにお伝え致します。

kenjiさん、さすが蜷川カンパニーの出身。
彼の関西弁英語、非常に受けていましたね。

どうもお疲れ様でした。

投稿: みどり | 2005-12-12 08:32

みどりさん、劇を見に来てくださり、ありがとうございました。素敵なプレゼントまでいただいて嬉しかったです。一緒に来てくださった、先生、さすがギリシャ神話をご存じだけあって、他の人たちより楽しめたのではないかと思います。なんか私も未だによう分からないところがあるので…どうぞよろしくお伝え下さいませ。
 昨日、無事に千秋楽(?)が終わり、ほっとして、気が抜けてしまいました。この劇は、ほんと、ひさびさに楽しい仕事でした。
 舞台デビュー(?)も、とても良い経験でした!。その時は、劇を成功させたい一心で引き受けましたが、やはり他の出演者との関わりも深くなったし、沢山の出会いがあって励まされました。
 それにしても何でもやっておくもんやと思った~。とりあえず、フラメンコもコーラスも、とりあえず役に立ったと思います。来てくれた友人(同世代)は、あんなに身体ひねられへんわ、テンポずれんと踊ってたで~、と妙なところで感心してくれました…

投稿: めぐ | 2005-12-12 12:28

こんにちは、お元気ですか?
ただ今スカパー!で「王女メデーア」特集が入っています。ご覧になりたいのがあれば録画しておきますので、お申し付けくださいませ~。
http://www.theatertv.co.jp/theater_0603/thu.html

それからフェニーチェの件ですが、日本公演ではなくてヴェニス公演版でした。おぉ。
でも「椿姫」や「真珠取り」などありますので、こちらもいずれおまわししますね♪

投稿: マキ | 2006-03-02 17:55

マキさま、メール書く書くといいながら、書けなくてごめんなさい。やっと書けるようになりました。
 トリノオリンピック見てました?フィギュア見てました?
 「誰も寝てはならぬ」を聞いて胸きゅんです・・。
 王女メディア、間に合ったらお願いいたします

投稿: めぐ | 2006-03-12 23:35

息子さんの合格、本当におめでとうございます☆ 受験生の母だったのですね~。お疲れさまでしたぁ。

メデーア、1ヶ月は時々再放送していますから、全部録っておきますね。録るのは簡単、観るのが大変・・(笑)。

オリンピックもスケートも、ほとんど観なかったのですよ。残念ながら・・。って、いつも観ないことが多いのですけれどね。
オリンピックは観ずに「炎のランナー」を観たり、ずれまくりです。
金賞の映像ぐらい観たいのですが。未だに観てません。ほほ。

お訪ねの番組の件、少しお待ちくださいね。
契約していないチャンネルだと観られないかもしれませんので。

投稿: マキ | 2006-03-13 16:03

MAKIさん、
 なんだかややこしいことお頼みして、ごめんなさいね。ダメだったら、構わないので、どうか無理のない範囲でおねがいいたします。

 最近、良い音楽にも触れていない、なんだか乾いた生活しているかも…。オペラも、最近までとてもそういう気分にならなくて、全然チケット買ってないの~~~。
 少しずつ復活したいです…

投稿: めぐ | 2006-03-14 00:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21295/7317492

この記事へのトラックバック一覧です: 王子メディアで舞台デビュー?:

« ファーストコンサート | トップページ | 明けましておめでとうございます »