« 「海賊」考 | トップページ | 英文履歴書(CV)の向こう側 »

2006-01-22

ほりえもん

センター試験が終わってほっとした。

 私が緊張することもないのだけど、やっぱり受験の季節は気を使う。風邪予防とストレスにいいからと、ビタミンCをとれと勧めたり、風邪を引かないよう鍋ものが多くなったり…。いろいろとトラブルのあったリスニングも、大丈夫だったようでほっとしている。

 なんか先週の世の中は、ほりえもんでばたばたしていた。多分、このブログを読んでいる人に大顰蹙を買うだろうけど、実はほりえもん、それほど嫌いではなかった。まぁ、衆議院選挙に出たときは、こいつあほかとも思い、ライブドアオートの「回転、回転、回転…」のコマーシャル見たときは、こいつは天然のおばかかと笑うのを通り越して唖然とした。

 何より「ヒルズ族」の報道を見るにつけ、その頃読んでいた「しのびよるネオ階級社会 ”イギリス化する日本の格差」(林信吾、平凡社新書)と「下流社会」を思い返して、所詮勝ち組と負け組の二極分化が起こるのかと、暗澹たる気持ちがしたことも事実だ。

 もちろん商法上に違法行為があれば、言語道断なんだろけど、それより何より、「やっぱり日本じゃ出る釘は打たれるんだ」みたいな感情的な反応が先立ってしまった。

 野球球団の取得に果敢に乗り出して失敗し、フジテレビとの提携で叩かれたけど、その後楽天やソフトバンクが続いたのをみて、つまりは「なんや、野球球団もテレビも、結局みんながやりたかったんじゃない。でも、勇気がなかったんじゃない」って思った私。大体先陣を切って飛び出して行くものは、たいがい討ち死にするのです。私が共感したとすれば、革新者としての一面なんでしょうね。

 若い起業家がどんどん出てくるのは良いことだと思うのだけどなぁ。それだけ、世の中の閉塞感が強いのかも。

 それより、他に楽しみを見つけてしまったのは、テレビの報道…。いやぁ、分からないことを説明して、コメントしなければならないニュースキャスターって大変って同情してしまった(特に古館さん)。新聞とニュースの報道の「ぶれ」にもふむふむと深読みし、フジテレビの電波の公共性云々を思い出して失笑した。あとびっくりしたのが、信用で株取引やっていた若い人(個人投資家?)が多かったこと…。なんなんやー、それって、信用取引は止めなさいとかって誰も言わないんだろうか?クレジットカードだって、利用限度枠ってもんが最初からあるやろーがー。って思ったけど、詳しいことが分からないので、なんともコメントのしようがありません。

 結構、楽しませてもらったけど、どういう決着をみるのかな…。
 
 銀行や郵便局で投資信託とか売り出したけど、ボーナスで初めて投資信託買った人なども、基準価格見て冷や冷やしているんじゃないかとか、かといって銀行の預金利率っていつまでたっても0%のままだし、デフレで金余り状態だって言われているけど、個人的にはどこにお金が余ってんねん!って言いたくなるし。

 というわけで、今まで、手に取ったこともなかった金融関係の本が朝日新聞の書評欄で目につきました。
 読んで、少しは世の中のことを勉強しようと思います。
 

|

« 「海賊」考 | トップページ | 英文履歴書(CV)の向こう側 »

コメント

うーん。
お金のことはあんまりよくわかりません。でも、おもしろいほど、売り注文が来て、すごいと思いました。まさにマネーゲームなんだなと。
 最近、経済学をやっている人って、強いなあ、と思わされています。
経済学でなくても、簿記でも勉強するといろいろ社会のことが見えて来るんだとさ。実用での場面もけっこうあるので、やってみようかな。

投稿: kajipa | 2006-01-24 03:15

マネーゲーム、今や遠隔地にあっても同時同質の情報を得られますから、その投資行動もすばやくて・・。
20年前はまだ、九州にいて投資するヒトにとっては、兜町(東証)との時差は最低でも10分程度はあったのでしょうから。

そうそう、理系のヒトが文系の世界に参入すると脅威になると言われています、というか、
実際のところ強いですから・・。

で、文系のヒトが理系の世界に足を踏み入れると破綻するというウワサです。
やめておきます、ハイ。

カジパさん、今年もよろしく、です。

投稿: ぎかく | 2006-01-24 08:24

カジパさん、ぎかくさん、こんにちは。
 カジパさん、会計の本ですが、「さおだけやはなぜ潰れないか」が、目から鱗が落ちるように面白かったです。
 長年の謎だった、1パック1000円だけど、あと500円出したら2パック買えるという時に、どうすべきかというのがン十年ぶりに解決しました。

 ぎかくさん、ほりえもん逮捕されちゃいましたね。一週間のうちに、天国と地獄ですか。諸行無常って感じです。
 うちの息子が学校で「デジタルディバイド」という言葉を習ったのですが、投資とは全く関係ないにしても、インターネットで情報が得られるか得られないか、使えるか使えないかで格差が生じるというのは、確かに本当なんだと思います。
 

投稿: めぐ | 2006-01-24 11:40

ぎかくさん、こんにちは。
ひょんなことで、mixiに参戦いたしました。
あーーー、本の原稿と、明日朝の会議の準備と、共同研究と報告書と卒論添削と、、、。仕事だらけだあ。。。
 でも、文系理系、ないんじゃないっすかね。

 めぐさん、「さおだけやはなぜ潰れないか」は、すぐに買って読みましたが、ご多分に漏れず、最後まで読んでいません。だって、最初の方に書かれていた事は、商売として当たり前のやり方だったからです。
 ほんとはもっと読むと、皆さんがおっしゃるような目からウロコ状態になれるのでしょうが。。。 それにしても、やっぱり無理はいかんすねえ。無理すると嘘つかなきゃいけないから>ほりえさん

投稿: kajipa | 2006-01-26 23:34

カジパさん、そら、カジパさんが会計知識があるからですよ~。「さおだけや…」は、会計の入門書の入門書らしく、ごくごく初歩的なことが書いてあるらしい(私は数字音痴なので、役立ちました)。
 mixiって、昔のパソコン通信みたいなもの?誰かもやっているって言っていたなぁ。

投稿: めぐ | 2006-02-01 11:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21295/8288382

この記事へのトラックバック一覧です: ほりえもん:

« 「海賊」考 | トップページ | 英文履歴書(CV)の向こう側 »