« 明けましておめでとうございます | トップページ | ほりえもん »

2006-01-15

「海賊」考

sailers風邪を引いてしまった。本当は、センター試験まであと一週間で風邪など引いている場合ではないにもかかわらず、立派な風邪を引いてしまった。

今日は、新しい劇の打ち合わせもあるというのに、朝一番でPeterに電話をして風邪引いた~~と報告。久しぶりに皆に会いたかったのに…。
 さてバイリンガル劇「メディア」を見にこれなかった人のために、私たち水兵の写真を入れました。真ん中にいるのが「ジェイソン(イアソン)」役のイベット。我がアルゴ-船水兵のボスであり、メディアの妻です。イベットはオーストラリアに帰ってしまった…。どうしてるかなぁ。

 劇中、私たち、水兵は、隣人の男たちに「Band of Pirates!(海賊)」とののしられる。

 他の外国人と話していても感じたのだが、どうも「Pirates」というのは、立派な侮蔑語らしい。日本人のイメージとしては、カイゾクと聞くと「キャプテン・フック」やら「パイレーツ・オブ・カリビアン」、古くはひょっこりひょうたん島、新しくはワンピース、骸骨の旗を付けた海賊船のイメージで、どちらかというとファンタジック。マレー海峡に「海賊」が出たというニュースを聞いたときも、なんだかとても「違和感」を感じたものだ。
 一方、「山賊」と聞くと、海賊よりかは「悪」のイメージが強くなる。身ぐるみはがされて殺されるというイメージがつきまとうのだ…。
 
 この「山賊」のイメージが、即、外国人のpiratesのイメージなのかも。日本人が抱いているようなファンタジックなものはなく、残虐なイメージ。劇中で、pirates!とののしられたとき、本当ならもっと怒らなければならなかったのかも。

 さて、正月気分も終わり、新たに就職活動でもしようかと、昨日は履歴書とCVを書いておりました。CVというのは、curriculum vitaeと言って、英文の履歴書。ほんとうは、ちゃんと一式用意しないといけないのだけど、オンラインで登録するため、項目を埋めていくだけでできてしまった。ほんとうはカバーレターも用意して、きちんとした一式を用意しておかなくちゃと思いつつ、頭が沸騰点に達して、熱がでそうだからやめました。疲れた~~

 まぁでも、後で必要になるだろうから、項目をつなぎ合わせて、時間があるときに、完成させよう…。
 履歴書ってたまに作ってみると、良いものだ…。ほっほう、こんな仕事したんだった、こんな資格持っていたんだと、新たな発見があったりして…

 今年も良いことがありますように。

members劇に出演した一部の人たち。clown(サーカスのピエロ)に職を変える人、出産を控えた人、パートナーと別れた人、いろいろいたけど、みんなどうしているかなぁ~。

|

« 明けましておめでとうございます | トップページ | ほりえもん »

コメント

いや、なんちゅうか、私はれっきとした海賊の子孫でして。。。
しかも日本三大海賊(水軍かも)っちゅうことで。。。
すんまへん。(なんで謝る)
しかも、水難の相が出ているとか。(泣)

投稿: kajipa | 2006-01-15 23:35

カジパさんって、水軍の子孫なの?岡山出身だから、桃太郎に征伐された方の鬼一族?(;^_^A アセアセ… 村上水軍とかってありましたよね?屋島のあたりだっけ?
 水難の相って、まぁ、海に落ちないようにお気をつけあそばせ。ちなみに、私は、足難の相があるそうです。

投稿: めぐ | 2006-01-16 16:24

めぐむさん、懐かしいお写真ありがとうございます。みなさん、海賊船上で生活されているような一体感でしたね(ほめ言葉でない?)。

山賊といえば、子どもの頃食べた、具だくさんでのりで包まれた「どでかい」山賊おむすびというイメージです。

カジパさん、小麦粉フェチの私は、特製ねりねりシチュー? 味わいたかったです。

ぎかくさん、以心伝心、送りました。

えっと、牧子さんのこともご心配ありがとうございます。入院はしばらくかかるとのことですが、心の静養というかんじで、体調はいたって良好のようで、むしろ、整えられた環境で思い切りくつろいでおられるようです。
何かお便りなどしていただけるようでしたら、ご本人の励みにもなるかと思います。
必要な方は病院の住所等をDMでお知らせします。もしくはご実家でも1日おきぐらいにお見舞いに行かれておられるので、もっていってくださいます。

めぐむさん、めぐむさん、ぜひぜひ今、京都みなみ会館で上映されている「灯台守の恋」と「メゾン・ド・ヒミコ」観てください。ぜったいぜったいお好きだと思います。
(すごい押し売り)
酔いしれます。
ご存じでしょうけれど、押し売り屋はみなみ会館のHPを載せますね。http://www.rcsmovie.co.jp/


投稿: みどり | 2006-01-19 07:15

みどりさん、コメントありがとうございました。
 今日、無事にセンター試験が終わって、少々気が抜けました。私が緊張しても仕方がないのだけど、考えると胸がどきどきして。
 息子は、陸上で鍛えた「集中力」と「プレッシャーに対する強さ」で、なんとか乗り切ってくれました。
 ちょっとほっとしたら風邪がぶり返してしまった。
 ほっとしたので、お勧めの映画、それと有頂天ホテル見に行きたいな~。メゾン・ド・ヒミコは、映画評を読んで見に行きたいなと思っていた映画です。
 牧子さんのことなど、またメールします。

投稿: めぐ | 2006-01-22 22:57

京都も雪の朝ですね。無事センター試験終わって、本当にほっとされておられることでしょう。かえって息子さんの方が動じてないのかもしれませんね。

どうぞ息抜きしてください。
「灯台守の恋」も、もしはしごできるようであれば、上質な大人の時間?を味わえます。

投稿: みどり | 2006-01-23 08:41

日本三大水軍は、三浦半島あたりの三浦水軍、伊勢から紀伊の梶原水軍、そして、瀬戸内海の村上水軍と言われています。
 でも、たぶん平家物語の屋島の合戦の時に、梶原景時に連れて来られたか、名前をやるから従え、と言われた人たちではないかな、と思います。顔かたちから見ると、村上水軍の末裔と自称する人たちに似ています。
桃太郎の時代ではありません。

みどりさん、シチューのこと、読んで下さっていたのですか。
あれ、もうちょっとあっさりした味にならないかな、と思っています。
今度、ちょっと工夫してみますね。(たぶん忘れている)

今日はいろいろ緊張したので、まだ眠れません。
仕事すりゃ、良かった。(爆)

投稿: kajipa | 2006-01-24 03:12

ゆりかもめさん、皆さん。お久しぶりです。
本年も宜しくお願いします♪
お風邪、その後いかがですか?

昨日東京で委員会の帰り、Mさんのお見舞いに行って来ました。ずっと気になっていたのですが、ようやく行けてよかったです。
思ったよりもお元気そうで、そして建物もスタッフもとてもよい病院で安堵しました。
来月中旬には退院できるかも・・ということでした。外出もされているようです。

ピーターラビットのバレエや、二人でパリで観た「嵐が丘」のバレエもスカパー!で入ったのでDVD化してお持ちしちゃいました。
退院されたらうちに遊びに来てくれたらいいなぁ。

 ではでは、この辺で。今日は出張で仙台でした。

投稿: マキ | 2006-01-25 01:59

マキさん、お久しぶりです!
 風邪はすっかりこじらせて、全く元気がでない状態に陥っておりました。昨日あたりから、ようやく家の外に出られるようになりました。
 荷物ありがとうございました!楽しませてもらいますね。またメールします。
 先日は、ようやく去年公開された映画版「オペラ座の怪人」を見て、感動の嵐でぼろぼろ泣いてしまいました。多分、これ以上の傑作は出ない傑作!だと思います。

投稿: めぐ | 2006-02-01 11:35

「オペラ座の怪人」は珍しく映画館で観ました。あまり時間がない頃で、高い・・と思いながらも昼間に正規料金で。舞台とはまた違うけれどよかったですよね~。ちょっとクリスティーンのあか抜け過ぎ(つまりはアメリカ的な女性ってことかな)が気になりましたが。

先週は2-3年ぶりでバレエを観ました。大学の先輩に誘われたのですが、レニグラードバレエ「ドン・キホーテ」で素晴しかったです♪
その時先輩宅にお泊まりして、いっぱいDVDもお借りしちゃいました。またそちらにも機会があればまわしますね~。
ゆりかもめさんにお借りしてとても気に入ったお下品なオッターの「カルメン」もあったの☆

スカパー!では昨年噂だったフェニーチェ歌劇場も入ります! これまた楽しみでござる。

投稿: マキ | 2006-02-08 19:04

マキさん!
 フェニーチェやるんですか!
 アッティラと真珠取りですよね。真珠取りは、確か本邦初演だったはず、見たかったです~。ぜひぜひご覧になったら、お見せくださいませ。
 去年のものでは、リチートラのトロヴァトーレも見たかったです。あー、スカパーいいですね!羨ましいです!

投稿: めぐ | 2006-02-09 00:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21295/8170097

この記事へのトラックバック一覧です: 「海賊」考:

« 明けましておめでとうございます | トップページ | ほりえもん »