« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006-03-31

大阪くらしの今昔館

春休みなので、娘と大阪に出かけた。海遊館が一番の目的で、そのついでに「大阪くらしの今昔館」に寄ったのだが、ここがなかなか面白かった!

 中世の大阪の町が再現されていて、町屋や裏長屋をうろうろできる。これは、まぁ結構どこにでもある展示ではあるが、面白かったのが、夜になること!
 字も読めないぐらいの暗さになって、あんどんの明かりがともる。
 不思議なことに、暗くなると眠くなる(爆)

 一階下には近代の大阪の様子がジオラマで再現されていて、面白かったのが、戦後すぐにできた「バス住宅」。古くなった石炭バスを住宅に転用して、そこを仮設住宅にしたというわけである。狭くてもともかく一軒家、ちかくでお芋を作ったりできたようで、なかなか人気だったそうな。

 「近代長屋」(なんじゃそら)やら、租界地(大阪に外国人居留区があったそうな)など、面白いものが沢山だが、最後に出てきたのが、夢の「団地」。未だに残っている市営住宅、公団などの初期に建てられた団地は、テーブルと椅子の生活、トイレもお風呂も家の中にあって、超近代的、夢の生活だったそうな。

 以前暮らしていたふるーいふるーい昭和30年代に建てられた官舎は、この手のふるーい団地で、しかも隣の敷地には同じ頃に建てられたふるーい団地があった。高い高い給水塔は、当時の団地のシンボルだったらしい。公園の外灯も古いタイプだし、あの四角いだけのジャングルジムも「モダンなデザインのジャングルジム」だったらしい。あまりに古すぎて、不具合の多かった団地だけど、こうやって同じようなものが展示されているのをみると、ちょっと胸きゅんだった。
 
 入館料600円ぐらいで、結構、楽しめます。
 大阪くらしの今昔館

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-03-23

インドのことが3時間で分かる

india_book今日は、さる団体に招かれて、インドの活動について話をしてきた。
何度が話をさせてもらっている内容で、ずいぶんと話慣れて来たとはいえ、内容をレジメにまとめると改めて気づかされることも多い。最近は、このくらいだったら何分ぐらいかなぁと分かるようになってきたので(といっても、長く話したことはないけど)、かなりの進歩だ。

 相手がいることなので、その方々に合うような話題で話すのもなかなか難しい。今日、話をした方々はどのようなところがつぼにはまるか分からなかったものの、時々うんうん、へーと興味を持って話を聞いてくださったので、私としては話しやすかった。もう少し、会場の様子を見ながら話せるようになったら、もっと良くなるのだろう。

 会場の様子がもう少し庶民的というか、フレンドリーな感じだったら、紹介してもいいかと思っていたのだが、ちと上品に傾きすぎていたので、紹介し損ねた本がある。

 中身は非常にしっかりとしていて、しかもツボにはまっているのだが、タイトルで損をしているかもしれない。ぱっとみー、トンでも本に見えるのかなぁ、だがとてもお勧めの本があります。それは「インドのことがマンガで3時間でわかる本」(^^;です。

 インドの入門本といっても、なかなか手頃なものはないし、「カースト」系に傾くかはたまた「ガンジス川の夕日」系に傾くものが多い中、「現代」のインドについて、解説されています。複雑でわかりにくいインドのことを、うまく説明していて、しかもざっと読んで、確かに3時間…。知識としていろいろな事が書かれているので、インドのことを話す機会の多い私にとって、便利な本かも…

 「中村屋のボース」の中島さんも執筆しておられます。
 まずは入門として、お勧めの一冊…

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006-03-14

ナーナー

sanchi1←大きくなります。以前に書いた、インド中部にあるボーパールから車で2時間、アショカ王の墓と言われている仏教遺跡、サンチーの門についているレリーフ

 今日は、ヒンディー語のレッスンの日だった。
 先週は、受験でお休みしたから2週間ぶり… 

 がーん。ぼろぼろ。。

 単語が出てこない…。というか全然覚えられない。といっても最近は、ヒンディー語どころか、英語、はたまた日本語まで単語が出てこないから重症。

 昨日も「名探偵コナン」の映画を見ていて、
 「この映画のストーリー、あれに似ているね…。ほら、織田裕二が出ていた映画…
 「ほら、あれ!あれやんか!
 大江戸捜査網!
   (なんじゃそら… 踊る大捜査線と言いたかったが、合っていたのは頭の「お」と途中の「捜査」だけ)

 ダメだ、明日からもっと魚食べようっと。
 
 ヒンディ語の先生は、インド人の若い主婦なのだが、なんだか元気がない。どうもホームシックらしい。明日は、本国ではホーリーという大きなお祭りなんだけど、日本じゃそんなお祭りないし、インディアンコミュニティに行っても、日本での生活の長い人が多くて、いまいち反応が鈍いんだそうだ。なんだか帰国の日を指折り数えているみたいで痛々しい。

 今日はホワイトデーということで、ドーナツを持っていってあげた。インドでは、バレンタインデーは恋人だけのものじゃなくて、女同士でも友達や家族で贈り物をするって言っていたので、まぁいいかと持参した。とうふで作ったドーナツに大感激。ベジタリアンなので、食べ物の差し入れや話題には、かなり気を使う。

 ともかく何十回と日本は寒いという話題をしたので、暖かくなったら東寺の市にでも連れていってあげよう。
 何をしてあげるのが一番いいのだろうか…
 
 タイトルのナーナーは、ヒンディー語の母方のおじいちゃん。母方のおばあちゃんは、ナーニー。父方のおじいちゃんはダーダー、父方のおばあちゃんはダーディー。母方の兄弟(おじさん)はマーマー、その奥さんはマーミー、父方の兄弟(若いおじさん)はチャーチャー、その奥さんはチャーチー、年上のおじさんはターヤー…と、家族関係が全部呼び名が違う。

 便利かも…

 息子の受験の嬉しい報告を、「息子のナーナー、ナーニー、ダーディー、チャーチャー、チャーチー、マーマー、みんなにしたよ!」という話題でした。
 さて家族関係がわかったかなぁ?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006-03-13

インドに行きたい

インドに行きたしと思えど、インドはあまりに遠し。

 この春は、いつも通訳で同行しているボランティア団体がインドに行くのに、一緒に行くことができない。結局、通訳なしで、メンバーを一人で送り出すことになり、非常な責任を感じている。だが、子どもの大学受験があり、しかも家族の引っ越しがあり、とてもじゃないが気持ちの面でもお金の面でもインドに行く余裕がなくて、泣く泣く容赦してもらった。(一番残念なのは、多分、私だと思う)

 受験が終わって一段落すると、急にインドに行きたくなった。
 google earthで、ムンバイのインド門のあたりを拡大しながら、ここ行ったよなぁと思い起こしていた。
 なんなんだろう、この気持ちは…。
 
 気になり出すと気になるもので、息子の英語のネイティブの先生、実はインド人だった…。
 お礼を方々あれこれしゃべっていて、アープ、ケーシーヘー?(お元気ですか?)と言うと、僕はヒンディ語がしゃべれないんだとおっしゃる。タミル・ナドゥ州出身で、タミル語しかしゃべれないらしい…。
 
 実は、もし息子が大学に受かったら、ゲリラ的にインド行きを強行するという案もあったにはあったのだが…
 問題は、娘…

 私「なぁなぁ、もし、おかーさんがウサギ飼ってもいいって言ったら、インド行ってもいい?」
 娘「あはははははははは。おかーさん、面白いこと言うな~」
 (話終わり…)

 はぁ~~、前途多難じゃぁ。

 仕方がないから、インド料理のお店にいくべと、友達と約束。「didi's」というお店らしい。
 そのお店に連れていってくれるという友人は、実は、私と誕生日が同じ!
 フィジー人なのだが、世界のどこかで同じ日に生まれた人がいるって不思議(年はずいぶんと若い)だ。なんといっても、誕生日が同じ人って、実は個人的に初めてだったりする。
 お誕生日には、おめでとーとメールが来た。
 from your twin ○○ 
 ほのぼのとした…

 写真をのせようと思って、過去のインドの写真を見ていたら、余計胸がきゅんきゅんしたので、やめます…
 でも、秋には絶対にいくぞ~~~。
 しゃべれるようになったヒンディー語、いろいろ使ってみないと忘れちゃうよ~~。

 さて、ヒンディー語ファンの皆さま(って誰もいないか)
 大阪外語大学が、eラーニングということで、オンライン語学講座?やってますよ。
 ヒンディー語もあります。テストやってみたら、70点だった…

 大阪外国語大学 世界のことばをあなたに

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2006-03-12

桜咲く

 一足先に、我が家に桜が咲きました。

 せめて2ヶ月ぐらは受験生の母をやろうかと思ったものの、実際には何ができるわけでもなく、一人ダブルパンチで風邪を引いて足をひっぱるばかりでしたが、ともかくも、めでたい!志望校に入ることができました!

 最近はインターネットで確認できるそうで、うちの家も、パソコンの前でそわそわそわそわ。掲示板に張り出される時間より、若干のタイムラグが起きるので、落ち着きません…。

 「おお、更新されたで!」
 「ほんま?事務の人は、午後からって言うてはったんちゃうん?」
 「ほんまやて。ほら、18年度って書いてあるやろ?」
 「わかった…」(そのまま、テレビゲームのサッカーを続ける息子)
 「はよ、見たら?」
 「だって、もしあかんかったら、この試合の最後の5分が最悪になるやんか」
 「…」
 
 さてサッカーゲームも終わり、心なしか画面をスクロールする息子の手が震えているよう…

 「よっしゃ~~~!」
 「やったー、ばんざーい。ばんざーい。ばんざーい」

 めでたいことです。

 その夕刻、合格通知と入学用の書類の入った速達がやってきて、一段とほっとしました。
 待ったなしで、お金を払い込まないといけないのだけど… はぁ~~。
 それでも、嬉しい春です。
 

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »