« 今日から一人 | トップページ | トマスを思う »

2006-09-15

トマスの教会

P1000188

ともかく一日身体を休めようと思っていたので、トマスの教会に行くことだけを目的にした。。

 オートリキシャに乗って、トマスの教会(サントメ教会)へ。。ここは、トマスが殉教した墓の上に建てられた教会で、インドでの主要な巡礼地になっている。着いたところは、真っ白で非常に美しい綺麗な教会。なにやら東洋人のおっちゃんがやってきて、写真撮ってくれるという。ありがとう~。そのおっちゃんは韓国人だった。同じ東洋人をみて親切心が出たらしい。カムサムニダ~と行って、写真を撮ってもらう。トマスの墓は裏にあるから、ちゃんとそっちに回るんだよと親切に教えてくださった。

 中にはいると非常に美しい。。旅の無事とこれからのことを祈った後、前の方に進む。一番前まで進んで、薔薇窓に見とれていて、ふと足下をみると、なにやら人がいる…。。。って、神父さんの頭だ!! 神父さんの頭をガラス越しに踏んじゃったわけ??? ばちあたりめ(--;

 トマスの墓に行こうと裏に回って分かったのだが、トマスの墓が「地下教会」になっているのだ。中に入ると、まさにミサの真っ最中。さっき見たのは、実はこの地下教会だったのだ。そのまま最後まで、ミサに参加する。

 礼拝堂の前面に「トマスの遺品」と「トマスの墓」があり、ガラス越しに触ることができる。ミサが終わった後、迷わず前に出て、遺品を触り、ひざまづいてトマスの墓に触れた。トマスもはるばる、ようこんなところまで来たなぁと思うと、涙があふれてきた。トマスがこの地に来たのは52年、72年に背後から現地の人に槍で突かれて殉教した。

 上の博物館には、トマスを殺した「槍先」と貴重な「骨」を封印した遺品も飾ってあった。

 おみやげ物として、トマスの墓の土を封印した「クレジットカードもどき」が20ルピーで売られていた。財布に入れておくとよいらしい。ということで、20ルピーで購入。

P1000191

P1000194

P1000196

|

« 今日から一人 | トップページ | トマスを思う »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21295/11904151

この記事へのトラックバック一覧です: トマスの教会:

« 今日から一人 | トップページ | トマスを思う »