« 火事騒動 | トップページ | 今日から一人 »

2006-09-15

サリー

P1000151

今回、インド行き4回目にしてようやくサリーを仕立てた。仕立てたといっても、サリー自体は布なので、ブラウスを作って、ペチコートを買ったということである。ペチコートは70ルピーほどで買えるし、ブラウスも仕立ててもらって50ルピーぐらい(ここでは、特別に18ルピーで作ってもらったが、50ルピーは150円)。

インドに行ってびっくりするのだが、サリーのブラウスは短い。。しっかり脇腹&お腹&背中が見える。インドの女性は、肩や足を見せるのは抵抗があるようだが、お腹や脇腹は平気らしい。かなり立派なお腹も、肉が盛り上がった脇腹も平気で見せている。私としては、このお腹を見せるのは、ちと抵抗があるのだが。。

ブラウスは、非常にぴっちりしている。特に、腕やアンダーバストがゆるゆるだと良くないらしく、ぴちっとしているのが好まれる…

サリーを着た感想。。。涼しい~~。お腹と背中がすーすーして、意外に涼しい上に、ペチコートの中に衣装を入れてくるっとひっくり返せるので、お手洗いが非常に楽ちん。普段着ているパンジャビスーツ(チュリダー)は、一種のパンツスーツなのでズボンの裾を気にしなければならないが、それに比べてめっちゃ便利~。

涼しいけど、蚊にかまれそうなので、お腹に虫除けスプレーをかけていた(^^;;

サリー、よく似合っているよ~と言われて気をよくしていたが、「お腹がインド人みたい」ということかもしれない(^^;;

今回、これに気をよくして、「着道楽」になってしまった(^^;

次に行ったケララがちょうど、Onam(オーナム)フェスティバルの時期に重なって、全店大バーゲン!オーナムフェスティバルは、神話に基づいて二年一度行われるフェスティバル。このときは、ケララ中から、あるいは全国からケララサリーを買い付けにやってくるらしい。それをタクシーの運転手から聞いた瞬間に、ケララサリー買うぞ~と一気に気持ちが高まり、とうとうケララサリー(コットンですが)を作ってしまった(どこで着るねんという突っ込みは置いておいて)。そのうえ、安さに目がくらんで(^^;、パンジャビスーツを仕立て(これはサリーの生地から作った)、さらには既製のチュリダーまで買ってしまった。。。(これが、お金がなくなった原因です…)

サリーは、地域によって柄が異なる。写真は、典型的なケララサリー。真っ白の生地に金のボーダーが入る。私が買ったのは、ボーダーの上にいくつか金の文様が入ったもの。
その下の写真は、ハイデラバード特有の柄で、日本の絣に似ている。。。いつか作りたい。。。

Kerala

P1000213


|

« 火事騒動 | トップページ | 今日から一人 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21295/11903320

この記事へのトラックバック一覧です: サリー:

« 火事騒動 | トップページ | 今日から一人 »