« 2006年9月 | トップページ | 2006年12月 »

2006-10-25

近況

しばらくブログもmixiも飛んでしまいました。

なんつぅか、一言で言えばいろいろな意味で「疲れが出た!」ということです…。
インドから帰って来て、日本の生活に慣れるのに疲れたのもありますが、実は、ここ十年ほどの疲れが出たというのもあります。疲れが出たといっても、身体はいたって元気ですし、別に寝込むほど精神的に病んでいるわけでもありません。(ほんと丈夫に生んで育ててくれた親に感謝です)

毎日、あー平和だなぁって。。。
少し前に離婚して、ようやく「普通の生活」を送れるようになりました。。。
とりあえず、ダンナがいつ帰って来るんか、生きているんか死んでいるんかとか、想定外の出来事に次々と襲われて、次は何が起こるんや!と、いつもはらはらドキドキ心配せんでもいい生活というのは、非常にありがたいです。毎日、夜になると家族が帰って来て、遅くなるときは連絡があってという普通の生活に戻れて、夜は平和にテレビドラマなんか見たりして、部屋の模様替えしようかなと思ったりして、非常にのんびりと平和に暮らしております。。。

先日も、英会話のレッスンで、「人生のプライオリティは何か?」と聞かれて、即座に「peaceful life」と答えたのだけど、まだ若い先生は微妙な反応(そらそうだ、みたいな)だった。peacefulじゃない生活を送った人にしか、peacefulな生活のありがたさは分からないのよ~と思っていたのでした。

But!しかーし! 突然、将来の不安が…むくむくと。今現在、困っている訳でないというのがくせ者で、将来のためにちょっと仕事増やすなり何なり策を講じなきゃって思うのだけど、そういう方面に対する前向きさが欠けております。。だって、よく考えたら、何歳まで仕事できるかとか、何歳まで生きられるとか、ライフプランが立たないんだもん。。。

インターネット上には、「あなたのライフプランを設計します!」みたいなウェブサイトが沢山あって、子どもが小さい頃は、おー何年後には小学校で、大学に入るこの頃にはお金が沢山いるなぁと将来設計が立てやすく、実際、そうやって一応の目安を立てておりましたが、子どもたちが大学に入ってしまった今となって、残るのは「何歳まで働きますか?」と、「何歳までライフプランを立てますか(つまり何歳まで生きる予定ですか?)ぐらいしか残っておりませぬ。ともかく、何歳まで生きる予定か決めないと、「老後に安心して暮らせるお金の試算」ができないというのは、この手のライフプラン設計の致命的欠陥だと思いました。

年金が全く当てにならない状態で、しかも突然サラリーマンの妻という恵まれた身分から、国民年金になってしまった私としては、将来的に自分の身がどうなるんだろうと突然思いもよらなかった不安がわき起こってきました。といっても、まだ何十年も先の話なんだけどね…。もしかして、こういうのこそ杞憂?、悩むだけ時間の無駄?ということかもしれないと、今、書きながら突然悟った(爆)。やっぱり、たまには文章を書いてみるもんだ…(爆)

まぁでも、基本的に超脳天気なので、たまには将来について悩むのは良いことかも知れません。

んで、結局何をしていたかというと、貯金を殖やす方法の研究(爆)。

結構、面白かった…。ノーベル賞をもらった経済学の人の話とか…

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年12月 »