« 2006年12月 | トップページ | 2007年3月 »

2007-01-31

インドの衝撃

 NHKスペシャル「インドの衝撃」(3夜連続)を見た。

 第一夜は「わき上がる頭脳パワー」第二夜は「11億の消費パワー」そして第三夜は「台頭する政治大国」だった。

http://www.nhk.or.jp/special/onair/070128.html

 どれも、どちらかと言えば「バラ色」の良い面ばかりが紹介されている感があり、潜在的なパワーを紹介するには良いが、多少、実態とはかけ離れた部分もあるように思えた。昨晩は、農村の貧困についてのレポートもあったが、農村で食い詰めた農民が自殺するかあるいはスラムに夜逃げしてくるかのどちらかにまで追い詰められているというところなど、あともう少し鋭く切り込んで欲しく、多少、物足りなさが残った。

 しかも消費に群がる人たちを見ると、お金持ちがお金使わないとお金は下々にまで回っていかんわなと思いつつ、数十年後には(かつての日本と同じく)、サリーを着ている女性を見られなくなるんじゃないかと、一抹の寂しさを覚えた。まっ、個人的には、サリーは涼しいし着やすいので、すたれないんじゃないかとは思うけど…

 2月4日からは、今度はドキュメンタリーとしてNHKBSでインドを取り上げるらしい。

http://www.nhk.or.jp/bs/wdoc/

 世界のドキュメンタリー「シリーズ 目覚める大国インド」である。こちらは、ドキュメンタリーだけあって、かなり現実に即したものになるのではないかと期待をしている。

 第一回はアウトソーシングの話、第二回のボリウッド(ハリウッドのインド版、ボンベイは映画の都なので、それをもじってボリウッドと言う)の話は面白そうだし、第三回の綿花地帯の話も面白そうだ。昨晩のスペシャルでは、アメリカからの遺伝子操作された綿の種子が、農民の借金のもとになっていることが紹介されていたが、(農民の学力不足により取扱説明書が読めないことや、インドの種子は乾期の水不足にも耐えられるが、遺伝子操作されたアメリカの種は灌漑設備を前提としているので、作物自体が育たないことなどが原因)、こういう部分など多少は、掘り下げてあるかもしれない。

 それにしても、アメリカの種をそのままインドに持って来て売るというのは、悲しい現実です…

 先日、インドデリーの郊外で子ども数十人を殺害したインド人男性が逮捕されたが、これなど臓器売買が絡んでいるらしい。第四回は、薬の臨床実験の話のようで、予告だけを読むとかなり悲惨っぽい。

 第五回はガンジーの思想の継承について。スペシャルの第二夜にガンジーが出てきて教えを説く映画が大ヒットした話が出ており、それを見て感じたことがある。日本でも、清貧の思想というのはずっと日本人の心の底にあるんじゃないかと思うのだが、それは、多分、インドでも同じなんじゃなかろうか。肉食をしてアルコールを飲み(ほとんどのインド人は菜食主義でアルコールを飲まない)消費に群がる一方で、古くからのヒンディーの教えあるいはガンジーが実践した思想の根底にあるものは、インド人の中にずっと流れているんじゃないかと思った。ということで、これもちょっと期待している。

 興味のある方はどうぞ~。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007-01-29

若い国

 1月26日は、インドの共和国設立記念日、Republic dayでした。インドには、2つ記念日があって、1つは8月15日の独立記念日、そして、この1月26日に憲法が制定されました(独立から3年目ぐらいだったかな?)。

 私は、なぜか、朝も早うから神戸の芦屋(高級住宅地)にあるインド総領事のお宅で、国旗掲揚の儀式に参加するはめになったのでした…。

 朝からJRが30分遅れで、潰れそうになりながらようやく到着したら、まさに、国旗が開かれるところでした。

 日本だと国旗を下から揚げるのだけど、インドでは、丸まった国旗(たたんでぐるぐる巻きにしてある)をそのまま上に揚げて、上で紐を引っ張ると、国旗が開いて花びらが落ちるという仕掛けになっておりました。

 ようまぁこれだけ近辺にインド人がいるんだと感動しつつ、でも、右も左も知らない人ばかりで(呼んでくださったヒンディ語の師匠の副領事の奥さま以外は)、同じ大学の出身者にあったり、いろいろ楽しくはあったのですが、

 ともかく、ひじょーーーに気疲れして帰って来ました。

 あまりの緊張から、帰りに一人でランチ食べて、ついでにグラスワインを飲んだら、ゆでだこみたいになって、恥ずかしい思いをしながら帰宅したのでした…(赤くなるので、昼間は絶対に飲まないのですが)

 そこでは、インドのアブドゥル・カラーム大統領の言葉が紹介され、代読という形で総領事さんが読み上げられました。インドは、まだ若い国ということで、若者(若い国)に捧げる言葉が最後についておりました。良い言葉だなぁと思ったので、紹介しておきます。

 Courage to Give

Courage to think different,
Courage to invent,
Courage to discover the impossible,
Courage to travel into an unexplored path,
Courage to share knowledge,
Courage to remove pain,
Courage to reach the unreached,
Courage to combat problems,
And Succeed,
Are the unique qualities of youth.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007-01-16

明けまして…

Shusai
明けましておめでとうございますも言う間もなく、松の内は過ぎてしまいました。

 12月半ばあたりから、怒濤の忙しさが襲って来て、一段落したのが先週の火曜日。タダでさえ忙しい中、クリスマスはあるは、正月はあるは、娘の成人式はあるはで、まぁともかく自分が何をやっていたか覚えてないくらい、時間刻みでスケジュールを決めて走り回っていました。

 それでも、一応大掃除もできたし、おせちもそれなりに作れたし、娘の成人式も無事終わったし、めでたしめでたし…。落ち着いたところで、心も体もリフレッシュ!休養するぞ~とばかりに久々にプレステで、ファイナルファンタジー12を再開したら、えらい目にあってしまった…。まず、物語の筋は完璧忘れているは、キャラクターの特徴も忘れているは、どうやって戦っていたかも忘れているわ…(^^; 最初からやった方が早いかもと思いつつ、私はものすごく時間がかかる(通常の2倍)ので、また最初からやる気もない…。

 ゲームを始めると、人生が止まる…(爆)

 ということで、また4日ほどの時間が止まってしまいました…(;^^)ヘ..

 これではいけない!正月からこんなんじゃいけない! そんなに遊んでいると次の締め切りが襲ってくる!
 ということで、先週末から気を取り直して(というか、そんなに遊んでもいられないので)、ようやく通常の生活に戻りました…。
 
 今週、「光の音符」(左下にリンクがあります)のウェブサイトも更新して、ほっとしています。2月4日に主催演奏会があります。金管ばかりの5重奏団で面白そうなので、興味のある方は来てくださいませ。

 あと、今週中に3月に行くスペイン・イギリス旅行の詳細を決めてしまおうと思っています。子どもたちのパスポート更新もあるし、またまた忙しい。。。

 こうやって、人は年を取っていくのでせう…

 さて、今年一年の計は、人生何とかなるさ、笑う門には福来たる (;^^)ヘ..
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年3月 »