« 中年クライシス | トップページ | 抗酸化食品 »

2008-06-25

市民ミュージカル京都 時間旅行はいかが

Jikan

Panasonic_006_1

 今までも時々ここで触れていた「市民ミュージカル京都 時間旅行はいかが?」がいよいよ動きだし、月曜日に京龍館でキックオフパーティが行われました。私はずっとPeterと二人の作業ばかりだったので、実行委員会の方々にお会いするのは初めてで、たくさんの方々が関わっておられるのにまずはびっくり。いろいろ裏方でお世話して下さっている方、弁護士さんの方々など、いろいろな面が見られて非常に楽しかったです。

 Peterが2曲、テーマソングのTime travelと Beautiful countryを、あやさんと二人でミュージカルミニコント(?)のPrincessの歌を披露しました。なかなか素敵なアレンジになっておりましたが、私は聞きながらつい「をいをいメロディー違うで、をいをい日本語の歌詞全然ちゃーうで」とつっこみどころ満載でした。

 今週末からいよいよオーディションも始まります。90人近くの応募があるようで、どんなキャストになるのか楽しみです。

 それよか…、台本…、高垣さんの台本とPeterの西洋的なイメージとが乖離する部分があり、本当なら私の中で1つにする、いや、せめて2つの世界をつなぐ「橋」の役割をしなければならないのですが、うーー、異文化コミュニケーションというのはなかなかに難しいものであります。
 
 時代劇の中に、バタ臭いブロードウェーミュージカルの要素が混じり、しかもお堅い(?)憲法9条のspiritが骨子にあるという、どんな化学反応が発生するのか、良いものに仕上げたいというみんなのものすごくポジティブな触媒が介在しているので、きっと素晴らしいものになると信じております。
 
興味のある方は、

時代劇復興委員会のページ
弁護士さんのページ

どこかに公式ホームページがあると探しておりましたが、ようやく見つけました。
公式ホームページ

|

« 中年クライシス | トップページ | 抗酸化食品 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21295/41643344

この記事へのトラックバック一覧です: 市民ミュージカル京都 時間旅行はいかが:

« 中年クライシス | トップページ | 抗酸化食品 »