« お勧めミュージカル | トップページ | アメリカ大統領とハリウッド »

2008-10-23

最後は物々交換かも

 金融危機がえらいことになっている…

 もう一年以上も前になるが、NHKのドキュメンタリー特集の再放送をみた。アルゼンチンは数年前に、債務不履行を出して財政破綻したのだが、そのときのアルゼンチン家族を2年にわたって追ったドキュメンタリーだった。

 裕福だった一家だが、ある日を境に銀行からお金が引き出せなくなった(貨幣価値もなくなった)。銀行からお金が出せないということは、つまり、現金が何の意味もなくなるということ… もちろんその一家だけでなく、国全体がそうなったのだが…

 結局は、町はずれに「公設物々交換市場」ができたのです。家にあるものを持っていって、トルティーヤや小麦粉に替える。交渉もすべて、一対一の交渉。

 そうか、最後はやっぱり(?)物々交換か~と、妙に感動して見ておりましたが、なんか現実のことになりつつあります。日本が財政破綻するのは、まだまだ遠い話だと思いたいが、アイスランド、パキスタンなど、デフォルト一歩手前(間近?)となると、はたまたアメリカが重く病んでいるとなると、ちょっとこの先の展開は想像もつかない… 

 だって、昨日の朝、ポンドが167円になっていてびっくらこいたと思ったら、今朝は157円になっていた…。ユーロなんか、125円。お金の価値がどんどんと変わっていく(円の価値は上がっているが)。

 長いことお世話になったシティバンクの口座は8月に解約した。口座維持料が高いし、最近は日本の銀行も海外で直接現金が出せるようになったからだ(最近のクレジット危機で、実際はどうかわからないが)。シティが潰れるようじゃ、世も末、阿鼻叫喚の地獄がまっているだろうから、多分大丈夫だろうが、外貨預金って保護されないんだよね~。ということで、やっぱり預金は環流してくるんでしょう。

 でも、やっぱり最後は「もの」ですかね(^^; 貨幣って、幻想ですもんね…。
 

|

« お勧めミュージカル | トップページ | アメリカ大統領とハリウッド »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21295/42878847

この記事へのトラックバック一覧です: 最後は物々交換かも:

« お勧めミュージカル | トップページ | アメリカ大統領とハリウッド »