« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008-11-27

ムンバイ

Mumbaiとうとうムンバイでテロが起きてしまった。

 朝早く起きた娘が、おかーさん大変、ムンバイでテロが起きたでというので、飛び起きた。
ニュースを見ると、あのタージ・マハール・ホテルから火が出ていた。あの美しいビクトリア駅(チャトラパティ・シバジ駅)は、血で染まっていた。

 タージ・マハール・ホテルのあるコラバ地区にはホテルが多くある。タージ・マハール・ホテルは高いので、泊まったことはないが、その近くの小さなホテルにはよく泊まっていた。レストランだけはリーゾナブルなので、インドのNGOとの会食に時々使わせてもらった。そのうちインドに慣れてくると、段々ホテルも市中に近いところにあるものになり、ビクトリア駅近くのビジネス街のホテルやレストランに移っていった。

 朝、インドのNGOにメールを出したが、関係者は皆無事で、地区も安全だという。

 だが、日本人を含む沢山の人が亡くなったことに胸が痛み、涙が出てくる。

 そう言えば、3年前にロンドンに一人で行った時は、ロンドン同時多発テロの現場から100mのところにあるホテルに泊まり、駅の爆発からはほんの数十分の差で難を逃れた。朝出たホテルに戻ろうにも、交通はすべて止まり、一帯はブロックアウトされ、結局3時間かけて歩いてホテルに戻ったのだった。(2005年7月の記事参照)

 テロは、誰もが無関係ではありえない卑劣な行為だ。
 まずは、今回亡くなった方々の冥福を祈ります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008-11-18

紅葉

Image251
いつの間にか、御所の紅葉が真っ赤に色づいてました~。真っ赤なもの、グラデーションのもの、いろいろあって綺麗でした。

 よく神社のおみくじに「失せもの出る」と書いてありますが、今日は、大事なペンケースが戻って来ました。
 このところ数ヶ月のうちに、大事なペンケースを2つも無くしていたのです。中には、大事なCROSSのボールペンとシャーペンが入っていたのです。最初の分を無くしたときは、本当にショックだったけど、大事な商売道具なので、デパートに駆け込ん新しく買ったのです。とたんに一ヶ月も経たないうちに、さらに紛失weep

 ところが、もしかしてと思ってミュージカルの人に聞いたら、な、なんと預かってくれていたのでした。で、喜んだところで、またもやもしかしてと思って、先日外国人ツアーを連れていった座禅体験のところに聞いたら、なんと、これまた預かってくれていたのです!

 ということで、無くしたペンケースが2つとも立て続けに出て来たのでした~。happy01

 天の下のすべての事には季節があり、すべてのわざには時がある。…捜すに時があり、失うに時があり… 時にかなって美しい(コヘレトの言葉)…のでした。

 今日は朝から久しぶりに昔の通訳仲間に電話しました。いきなり訳わからん話を聞かされて迷惑だっただろうけど、つまりは、通訳しているときに、「感情移入」しそうになったらどうするかという話をしていたのでした。普段は「フィルター」と化して、自分の意見を言うこともなく通訳に徹しているのだけど、ここのところ自分をコントロールする自信を失いかけていたのでした。友達も、通訳しながら「ちょっと、あんたねぇ~…」と思わず言いたくなることがあると言っておりました。と、ひとしきり話したら、私も気が済んで、冷静さを取り戻したのでした~。あー、ありがたいこってす…。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008-11-12

オープニング

 昨日は、なんか感動して胸がじーーーんとしました。

 出演者の人たちは、ほんとにほんとにエライ。もう本当に感動でした。だってだって、先週までのあの混沌とした状況…、一体何がどうなっているの的な(^^; 私はどこで踊ったらいいの?(^^;的な、わらわらした状況から一転して、最後に、ピーターが「はーい、通し行きます」と言った瞬間、ピッと空気が張り詰めて、途中一度も止まることなく最後まで通せたんですもん。

 みんな一人一人が次の動きを必死に考えて、自覚をもって動いている姿に感動。ビデオを撮りながら、ちょっとうるうるしてしまいました。

 みんなの目の色が変わったのが分かった。あー、こういう風なのを作っているんやっていうのが、多分分かったんだと思う…。すごく空気が引き締まりました~。

 ちょっと控えめで言葉数も少なくうつむき加減な子、いつの間にか顔が上がって正面向いてました… うーーん、良い感じ。。

 もちろん課題は山積み、もう少しスムーズに動かないといけないし、あと、コーラスの歌覚えてもらわないといけないし…。ともかくダンスの振りが入らないと歌えないので、ある程度振りが入ったところあたりから、歌の練習して歌ってもらえると嬉しいけど…。まぁ、デモテープ待ちかな…。

 あとは、どこまで覚えていられるか…(^^;
 フラメンコの振りを、3日たったらきれいに忘れてしまうような私としては(^^;、定期的な自主練をお勧めしたい…

 それにしても、出演者の人たちは、ほんとにほんとにエライです。歌詞覚えて、台詞覚えて、ダンス覚えて…でも、とってもとっても楽しそう…。

 といっても、まだ一曲目なんだよね(^^; ビューティフル・カントリーはできているとしても、タイムマシンは仮の完成で、まだ道具や台詞との関係ですりあわせが終わっていないから、まだまだ、まだまだ、先は長い…。
 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008-11-08

ビューティフル・カントリー

P1010660r

昨日は、ミュージカルの中のビューティフル・カントリーの稽古があった。ダンス精鋭部隊で人数も少ないし、構成も複雑じゃないので、非常に平和かつorganizeされた形で無事終わった。後は踊りこんでもらえれば、完成。鳥をイメージしたダンスは優雅で綺麗…。昨日は、ひさびさにゆったりとした気分でみていられた。

 ダンスの構成が固まってくるに従い、ピーターから舞台の構成(大道具・小道具)、衣装などの要望が出てき始め、それをもとに演出家のTAKAさんとのすりあわせ、美術監督・衣装さんなどとの話し合いがもたれる予定。なんせ予算が決まっているので、ピーターの要望が全部通るわけもなく、特に美術・衣装との話し合いは重要になります。

 例によってピーターは徹底して現場で作っていくタイプで、ダンスのパート分けなどで混乱するため、実行委員の人たちが張り付いて顔の確認などしてくれている。今日など実行委員が来れないときは、私が顔写真片手に顔と名前の確認。最初は、楽譜渡すときと、稽古の一区切りの最後ぐらい様子を見るだけでいいかと思っていたのだけど、やはり人数が多いといろいろなことが起きるので、どうやら全部張り付かないといけないと覚悟をきめました。覚悟をきめたのはいいけど、今週は、月水金日って、週の半分以上は京龍館って、ちとひどくないかえ……(^^;

 先週は、いろいろなことが起きた上に、仕事がとてつもなく忙しく、気がおかしくなりそうだった(^^; 週末の締め切りが、なぜか4つも重なったので、ほんとに死ぬかと思いました。金曜日のマンツーマンレッスンは捨てました(^^; 一万円近くほかしたことになったので、非常にショック……。まぁ、仕事が押した原因の1つは、お世話になっている「侍ツアーズ」のツアーに一日研修でのっかったからなのでした。

 15人ほどのツアーと一緒に、座禅体験、習字体験、御所、錦市場、建仁寺など回って、最後は、祇園のお茶屋さんで、本物の舞妓さんに会って話をしました。
 舞妓さんは、1時間だけなのですが、京舞踊って、お茶を出して話(インタビュー)して下さり、最後は記念写真を撮って下さいます。外国人相手のツアーでは、目玉になっております。実は、長年京都に住んでいるけど、舞妓さんを間近でみて、話をするのは私は初めてでした~。お名刺までいただいちゃった~~heart01 舞妓になって1年目、下唇だけに紅を入れている「彩乃」さんでした。

 ツアーガイドで、友達で、しかもmy bossのOさん、立て板に水の説明に加えて情報量が素晴らしく多く、さすがにベテランのガイドさんと感服してしまいました。もうほんまに素晴らしいの一言です。そのOさんによれば、今日の、彩乃さんは、可愛くて愛想も良いし、ラッキーだったとのこと。どの舞妓さんが来てくれるか分からないので、中には愛想の良くない人もいるとのこと…。

 舞妓、特に芸子さんは、外国人にはちょっと特別なイメージ(Geisha girl)があるので、出てくる質問もそれなり(^^;のものがあり、交通整理が大変です(^^; 前にインド人が京都に来たとき、いっちゃん最初に私が言わなければならなかった言葉は、They are not prostitutes でした(^^; 古き良き日本の伝統なのですが、正確に伝えるのはなかなかに大変なことなのでした(^^;  私でさえ、その時初めて、「芸子さんは結婚したら祇園を出て行かなければならない、離婚してシングル(マザー)になったら戻って来てもOK」という決まり事を初めて知ったのでした。

 でも、祇園の舞妓さんをみるにつけ、この国は美しいなぁと思うのでした…
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »