« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009-03-27

お別れ三つ

 昨日、娘が下宿先に旅立ってしまった。一応近畿圏内なんだけどね~。

 一緒に行って掃除やら荷物の整理を手伝ったのだけど、仕事があるので適当なところで、帰って来てしまいました。息子も、陸上の合宿に行ったっきりなので、なんと家に一人です…

 今のところ、目の前(今日の5時)に締め切りがぶら下がっているので、ラッキーとは思えど寂しいとは思わないのですが、どうなんやろね~~。仕事の切れ目とか辛いかも~~。友達の分析によれば、私は落ち込むよりは、ラッキーと思って飛び回るタイプやって言うのだけど…。久しぶりに、「大人のための心理童話 -心の危機に処方する16の物語」(早川書房)を読んで、知恵と魔法をもらおうかねぇ~。童話って、ものすごーーく奥が深いのです。日本の昔話もアンデルセンもグリムも、世間に広まっているものは、オブラートにくるんで甘く処方されておりますが、元の物語はあけすけ、おそろしーーいお話なのでございますよ~。

 童話といえば、子供の本だと思われているハリー・ポッター、最後の5巻と6巻を読んだときに、これは完全に大人の話だと思いました。現に英語圏では、5巻からアダルトバージョンと子供バージョンが分けて発売されております。いわゆるPG-15あたりにひっかかるのでしょう…。

 最終的に「因果は巡る糸車」的に、いろいろな「しかけ」が曝露されてストンと落ちるのだけど、スネイプが死ぬ場面は、語り出すと15秒で号泣できる自信があります(^^;
 Look at me...
 最後にスネイプがハリーに言う言葉です。中学生でも分かる簡単な英語なんだけど、ものすごく奥が深い。私だったらどう訳すだろうかと、あれこれ考えているけど、未だに結論がでないほどの難しい言葉なのです。

 Look at me... それは、自分の目を見てくれという意味です。死にゆくときの最後の残像として、スネイプはハリーの目が見たかった…。なぜなら、ハリーの目だけは母親そっくりだったから。そこには決して報われることのなかった悲しい悲しい純愛物語が秘められているのです。同時にスネイプはハリーに、自分の記憶(銀色の液体)も見て欲しかった。自分という存在を、何を思い何を考え、善と悪の狭間でどう生きてきたか、ただただ見て欲しいというスネイプの願いが look at meの一言の中に込められているのです。

 話が脱線した(^^; なんの話やったっけ(^^;

 そうそうお別れの話でした…、あと二つお別れがありました。
 知り合い(元夫)のじいさま(97歳)が亡くなりました。包丁一本で生きて来た魚屋さんでした。包丁一本で、中国戦線を生き残って来たというか、上官に気に入られて上官付料理人になって、ライギョの刺身など食って、なぜか太って中国から帰って来たという強者でした。魚屋の長男に生まれたのだけど、若い頃ばあさまに惚れ、ばあさまは計算ができないから商売人には向かないということで、家は三男が継ぎ、じいさまはばあさま共々家を出されたのでありました。そのせいか、気難しく、いつも怒っていて親戚一同取扱に困りましたが、亡くなったばあさまにだけは優しく、ばあさまが亡くなるまで介護して看取ったのでありました。97歳の人生に合掌。

 も一つ、ピーターの友達のManiがオーストラリアに移住します。25日出国と聞いていたから、前日に電話したら7日に変更になったらしい。ということで、多分出国前にもう一度会えるかも、、、です。

 Maniは、フィジー出身。昔は小さな出版社の記者をやっていました。島から島に取材に行くのに、小さなセスナのパイロットは元空軍のパイロットで、離着陸がアクロバット的で肝を冷やしたとよく言ってました。

 その後日本にきて英会話の先生。私と知り合ったのも、英会話レッスンでした。
 ちょうどインドでオペレッタ公演をやった時にその話をしたら、「僕もcompany(劇団)を持っている。良かったら遊びにおいでよ~」と言われて、のこのこ出かけて行って、当時共同経営者だったピーターを紹介されたのでした。

 Maniの両親はインドからの移民。インドに思い入れがあるらしく、私がインドに行くたびに持ち帰って来たおもろい話しやらトンデモ話を、ものすごく喜んで聞いてくれました~。南インドでカタカリの芝居(日本の歌舞伎と同じく、女形のある伝統的な芝居)を見た話しをしたら、さっそくカタカリのワークショップを申し込んだんだった。結局、カタカリの芝居ではなく、インドの伝統舞踊を習うことになったのだけど…。

 その後、京龍館で「メディア」の芝居をやることになって、その翻訳をピーターから頼まれて、それでピーターとのご縁ができたのでした。あの芝居、男の従僕にはこてこての関西弁をしゃべらせて(元?今も?役者のケンジくんが熱演してくれました)、支配階級は標準語、さらにギリシャ人は英語という三層構造、めっちゃストーリーが複雑で(^^; しかもバイリンガルだし(^^;、男女入れかえ版だし(^^; 上映時間が3時間半になってしまった力作でした。

 Maniに会わなければ、ピーターとも知り合えず、ミュージカルもなかったわけだから、考えて見たら不思議なご縁です。

 Mani、お母さんを日本に呼び寄せて日本で暮らしたかったみたいなのだけど、やはり日本では、ビザも永住権もなかなか取りにくいのです…。オーストラリアは、南太平洋の島からの移民は比較的優遇してくれるそうなので、それで、オーストラリアに居を移すことにしたのです。数年前から準備していて、インターネットで必要な学位(大学は卒業しているけど、それとは別に)を通信講座で取ったりしてました。

 Maniには、落ち着いたらオーストラリアに遊びに行くからと言ってあります。もう一人の友達、画家のアンにも会えるし~。「メディア」をやっていた頃の京龍館、出演者にも関係者にも、なぜか離婚したての女性が偶然多く集まっていて(^^;、台所でスープを食べながら、えーーーー?ここは不幸な女の吹きだまりか~?と言いながら girl's talkをやっていたのでした。ブリジットは日本人の夫と別れたばかり、アンはスペイン人と別れて数年、スペインから日本にまで「よりを戻さないかコール」がかかってきて、電話を取ったときは大阪城公園の満開の桜の下、日本の桜があまりに美しくて、それでやっとふんぎりが付いたとか言ってました…。私がカラ元気で疲れ果てていたとき、よく話しを聞いてくれました~。そうか~、あれから3年も経つんだ~。今思い返してみると、やっぱりアンの言っていたことは正しかったと思うのでありますよ~。

 ということで、日本の春は、別れの季節ですな~~~。

 うー、こんなところでブログ更新している場合ではない…。逃避エネルギーってすごいもんだ。仕事に戻ります(^^;

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009-03-24

アンケート

 ミュージカルが終わって、もう10日も経つ…

 absent minded というのはこういう状態を言うのだと実感してます。心ここにあらず、心がどこかへ出かけて行って帰って来ないということです。 しかも、今週、娘が下宿するために家を出て行きます。これは、かなりやばいかもです(^^; 人生のクライシスじゃ~~~。とりあえず、締め切りは確実にやってくるから、心半分で仕事はしているのですが…。

 ミュージカルの資料やらは全部箱に詰めてしまったのですが、今日、打ち上げの企画のアンケートがあったので、いそいそと台本を取り出して、喜んで回答してました。台本見ながらて、あーこの曲、あーこのシーン、今だから言えるひとことは三言にも四言にもなったけど、やっぱり思い出すとなぜか元気になります~~~。
 
 アウトプットが多かったから仕方ないのです~。しばらくはインプット多くして、充電せねば~~。

 今日は、大好きな映画「耳に残るは君の歌声 The man who cried」を見た。何度見ても良い。音楽がいいんだよね~。リチートラさまの声は、何度聞いても素敵~。第二次大戦下、国を追われ名前を奪われたユダヤ人の歌手(クリスティーナ・リッチ アダムスファミリーのおでこの広い子)と、ジプシー(ジョニー・ディップ)の恋に、社会の底辺のジプシー音楽と「上流階級のものだと思われている」オペラの世界が劇場で交錯する。第二次大戦下、ユダヤ人と同様ジプシーも、ナチスドイツの大虐殺にあう。クリスティーナ・リッチの生きようとする力が感動的。寡黙なジョニー・ディップの悲しみをたたえた目が良い。俗物のオペラのテノール歌手も謎のロシア人女性(ケイト・ブランシェット)も、性格がはっきりしてて良い~。

 今まで何度も見ているのに、今回目に付いたのが、なぜか紗幕(^^; あー、紗が飛んだ~、あー、紗が下りたって、ほとんど自分がビョーキだと思いました(^^;;
 
 半年前って何を考えていたんだろう~。確か、いろいろ計画とかあって、準備するための本をいろいろ買っておいたのだけど~、どうすべかねぇ、、、、毎年、イースターの頃にふっかーつと叫んでいるから、始動はやっぱり4月かな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009-03-16

ありがとうございました

 ミュージカル「時間旅行はいかが!?」は、毎回立ち見が出て、最終日は会場のキャパを超える500人近くの人々が見に来て下さり、のべ1900人以上の人々に見ていただいて盛況のうちに終演を迎えました。

 ほんとうに、みなさま、あなたも、あなたも、あなたも、あなたも、みーんなありがとうございました。
 一人一人に対して、言い尽くせない思いがあります。本当にたくさんの人たちが支えて下さり、またお互いがお互いを支え合って、無事に最終日を迎えることができました。

 特に千秋楽、最後の公演は素晴らしかったです。全ての歌が一段、階段を飛び越えて、一気に完成したという感じです。

 とりあえず私のテリトリー範囲で、歌詞、そして歌関係について、最終日の最後の公演について、覚えているうちに、サンクスメールを書いておきます~~。

 イントロダクション
 -学生チームの「800円」は最後まで力強く安定していて、いつもいつもとても嬉しかった。サラリーマンチーム、「嫁」もしっかり聞こえ、しかも最終日には「ゲイ」がしっかり聞こえたのには感動。主婦チーム「可哀想に」がしっかり歌えてました。ナンパ男、最後に男パワー炸裂、「愚痴」もしっかり歌えてました。由衣と穂乃佳のリフトをしない二人が歌わなくっちゃって思って前向いて足踏ん張って歌っていた(特にみやさん)が涙ぐましかったです。
 来来軒、もう安心して聞いてられました。ホステス、やくざも良かった~。そうそう、先生父親母親チーム、800円は高すぎる~がきれいに揃ってたよ~。 光太郎くん、一発目の「僕は光太郎」から最高、孝志は言葉1つ1つ丁寧に丁寧に歌ってくれてました、ありがとう。そして、由衣と穂乃佳の二重唱(ばらばらの歌詞で歌うところ)は、今まで聞いた中で、ハーモニーもテンポも最高!最高の出来でした。

 どこへ行くのチーム ほんと声も出てるし、身体も前に出てこれてた上に、「どーこーへ」が綺麗にそろって一発目で入ったときは、おおっと感動しました。年金、レイオフからは安心して聞いてられました~。光太郎くん、どこへいくのチームに負けずに歌ってくれてありがとう。「違う時と場所につれてって」両手を広げて力強くて、おおおおって思いました~。音響の小森さん、バランスの良いミキシングほんとうにありがとうございました~~~。

 タイムマシン、まこっちゃん、ピンマイク直して声がちゃんと入るようになってほんと良かったよ~。「マシン」も「一年」も涙ぐましい努力が分かりました~。ダンサーたち、あの狭い空間で踊りながら、ほんとよく声出てたよ~。陰コーラスもしっかり綺麗にハモってて、コーラスで支えてくれてありがとう~。

 たんぽぽ、こどもたち可愛かった~。大人たんぽぽ、最後に4人が綺麗にバランス良く聞こえました。ぺがさんの主メロの安定感はさることながら、最後の最後にガキさんの言葉がしっかりメロディーに乗って聞こえてきたのにはほんとうに感動~。「いのちを喰らう」を活かす方向にしとけばよかったかと、少し反省してます。

 村の三人娘、最後はほんとうに「娘に出会った」1も2も、コーラスが綺麗にハモってました。初めて、こばごんの和音がおしゃれだと実感できました~。「あー、若い頃~」がきれい聞こえ、しかもその後の言葉「空はどこまでも青く」と「土地がやせて米ができない」がハモりながらしっかり聞こえたのには感動。

 光太郎くん、娘に出会った1も2もしっかり言葉が届いてました~。くるっと一回転して「ずっとこのままでいたい」が最高! カリガリの飛び込みスポット、ここはほんと安心して聞いてられるんだよ~。良かったよ~。

 女衒、なんとなんと最後の最後で、見事に綺麗にハモりました。途中ユニゾンにしようかと思った時があったけど、しなくて良かった~。青ちゃん、最初の一小節、「来るんだ~」完全に綺麗に歌えるようになったね~。せいさんがんばりました。せいさんと青ちゃん、2コーラス目からは、ほんと安定感がでて楽しかった~。ふかふか布団も、ようやくいやらしさが出るようになったかな~。これからも時々歌って、いやらしさを追求しつづけて下さい(笑)

 志保ちゃんの歌、ブラボー!最高!志保ちゃんの声、大好きです!

 増造さんの歌。私、最後の最後で、初めて増造さんの歌を聴いて自然に涙が出ました。切々と歌い上げてくれて、素晴らしかったです。本当にありがとう。新境地って感じがしました。
 
 ビューティフル・カントリーの孝志。言葉1つ1つ、ほんと大事に丁寧にほんと心を込めて、歌ってくれてありがとう~。うちの家では、孝志のキャラと歌の上手さのギャップ(?)で、一番人気でした~。

 つるかめ、キーきれいに揃ってたよ~。マッシーさんの太鼓との息もぴったり、ここは、数ヶ月越しの難題、難問だったので、本当に最後に綺麗に踊れて歌えて太鼓がはまって、嬉しかったです~。

 サークルダンス、最後の最後まで最高に声が出ててよかったです。もっくんしっかり歌ってくれて、ほんとありがとう~。他もマイク通して声が聞き分けられるくらい(あー、おかもっちゃんの声だ、あっちゃんの声だ、まほんぬちゃんの声だって)一人一人がしっかり歌ってくれていて、あのパワーが出るんだね。最後、「眠ってないのに」の「ね」の音が飛び込んで来た(しっかり聞こえた)のには、身体が震えるぐらい感動しました。男衆三人「男も女も」の「男」歌いにくい音程なのに、しっかり声が出ててたね~。静止後のドン「わになってー」のところ、音と照明と歌、びしっと決まってて、ものすごく気持ちよかくかっこよかったです~~。

 プリンセスソング もう何も言うことがないくらいの出来でした。由衣ちゃん、ほんと上手に丁寧に歌ってくれてありがとう~~~。腰元たちのソロ、みんな綺麗に歌えてました。コーラスもバランスよく、きれいに入ってました。腰元ほとんどにピンマイクが付いているのだけど、芸館に入った最初の頃はゆきみさんとアンドさんの声ぐらいしか聞こえなかったのが、まるでつくしが土からにょきにょきと頭を出すように、おや、この声は、ろこさん?おや?この声はもしかしておいねさんって、どんどんマイクから声が入ってくるのを、しかも前のPCCからさわじりちゃんの声まで聞こえてきたのは感動しました~。

 軍議チーム、軍議チームは、歌がほんと綺麗に安定してました。それまでは台詞が飛ぶは、飛んで間が10秒ぐらい開くわ、あるいはフォローしようとして迷走するわ~、その度に隣に座っている小森さんたち音響さんの息がうって詰まるのが聞こえてくる(私の心臓は2回は止まりました)が、万が一音キッカケの台詞が飛んでも、ともかく歌さえ始まってしまえば、どーーにかなる、万一どーにもならなくなったら、音楽を流してしまえ~って思えるぐらい歌が安定していて良かったです。それでも台詞戻って、音キッカケ台詞だけは外さないので(一度、ええ、もう来るんかいっていうのはあったけど)良かったです~。最終日の最終公演、台詞も飛ばずに落ち着いて歌に入れて、本当に最高でした。ガキさん、歌いにくい歌詞なのにほんとうにありがとう~。PCCからのマッシーさんとももちゃんのテノールのハモりが聞こえてきたときは感動、そしてガキさんのハモりめっちゃ効いてましたよ~。

 腰元の歌、アンドさん、マイクの使い方が最高に上手。さすがです~。言葉1つ1つが綺麗に立ってましたよ~。ありがとう~。

 死に神ソング、もう、なんも言うことがないかな~~~。ライブって、客席のパフォーマンスってほんと楽しいよね~~~。ピーターに合わせてくれた、ファニーちゃんとのんち、そして楽団のみなさま、本当に大変でした。ありがとう~~。

 戦争、なんという安定感!最後の最後までレベルアップし続けて行くのにはびっくり~。まずは孝志と光太郎くん、ありがとう~。特に孝志くん、歌の入りが完璧で、初期の頃にコーラスを先導してくれてありがとう~。そして何よりも、やっさん、最後の最後の最後で、歌のテンポがばっちしはまったのには身体が震えるぐらい感動しました。もう最高でした。中ばあさん、「殺せと命令を出す」と歌うのを聞くたびに、毎回、身体に鳥肌が立ってました。コーラス、本当に本当に最高のボリュームで、絵も綺麗で、しっかりハーモニーが聞こえてました。ダンサーチーム、あの激しい踊りの5カウントで踊りながら歌ってくれてありがとう。初期の頃、消えていたソプラノが、綺麗に聞こえてきていたのはほんとに嬉しかった。「だが来てしまった」のところのソプラノのハモりは、ピーターすごいって思うぐらい完璧な和音でした。かなみちゃんもありがとう~。「止めなくちゃ」も「「平和を築くより、平和より戦争」も、綺麗に聞こえてました~~。そして、実は地味に、通奏低音を歌ってくれていたガキさんたちバスの人たち、ありがとう~~~。そして去年のうちから、私も歌いたい私も歌いたい、楽譜ちょうだいって食らいついてきてくれた、かおりちゃんやまろんちゃん、さくっちゃ、ほんとに嬉しかったよ~。

 アフターマス、こどもたちの声と大人たちの声、対照的でほんと良かったです。

 ビューティフル・カントリー(2) 穂乃佳ちゃん、しみじみ綺麗な声だよね~。丁寧に歌ってくれていたね。光太郎のハモり、しっかり穂乃佳を支えるように歌えていて、ものすごく安定感がありました。孝志も由衣ちゃんも、きれいに言葉が入っていたよ~~。最後の由衣の高音、すっごく素敵。そして音響の小森さんもありがとう~~~。

 未来世界チーム 最後の最後でやってくれました!命かけて歌ってって言ったところ、全部に命がかかっていて、初めて歌になったって感じです。言葉を聞かせてくれてありがとう~~。「教科書になければ、すべて嘘、知るべきことを知らされるだけ」ちゃんと聞こえました。前に出て来てくれたから、みんなの声が入って来たのです。けいこさんとちえちゃん、声がきれいに聞こえてたよ~~。そして、真ん中で歌いながらおどってくれていたいずみさん、いつもしっかりと「政治家を信じろ~」って歌ってくれていて、すごい安定感でした。

 警官チーム しっかり声が出てて、後ろのデモ隊にも負けてなくて、ほんとに良かった~~~。

 デモ隊チーム、がんばりました~。これまで何度も迷走しましたが、ともかく本番では一人一人言葉が言えて、まずは大収穫~~。

 ビューティフル・カントリー軍隊調 まずは音響の小森さん、ありがとうございました~~。特に3番の卓の操作には、ものすごく感動しました。そして、しっかり歌ってくれた陰コーラスの人たち、本当によかったよ。一番からしっかりと歌詞が聞こえてました、しかも、ソプラノの「戦争」が綺麗に入ってハモるは、アルトのタイムマシンが綺麗に入るは、ほんとうにほんとうにほんとうに素晴らしいコーラスになってました!!!

 レッドルーム ごめん、ぺがさん、私カーテンコール移動中でちゃんと聞いてなかったのだけど(^^;、綺麗に聞こえてました。踊った後で息が上がっていたのにありがとう~。


 みなさま本当に本当にありがとうございました。
 よかったら、時々、いやずっと好きな歌を自由に家で歌い続けてね~~。


 さて、私としては、これからどーーーしようかと…。まずは確定申告(遅い(^^;)しないと(^^;
 それから、連日のビール漬けで、ビール腹になったこの腹をどうにかしないと(^^;
 それよか、荒野となりはてている日常生活をどうにかしないと~。
 

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2009-03-09

Show must go on

 ミュージカルは、14日、15日の昼夜ともに売り切れで、嬉しい悲鳴のようです。立ち見が出る予定です。すごーーーい。

 とうとうこの週末、本番を迎えることになりました。明後日から、照明やら音響などの最後の仕込み&調整で、衣装をつけたゲネプロ、そして本番を迎えます。

 本当に、出演者の方々は頑張りましたし、今も頑張っています。あちこちで、ビリビリと殻が破れて、さらに一皮むける音が聞こえています。いやー、こんなに成長するもんなんやーと、きつい事を言いつつも、毎回、毎回、感動して見ています~。本番まで、まだまだ成長し続けていくところが素晴らしいです。

 歌は、歌ってくれる人がいて初めて、歌になります。
 こんな素晴らしい人たちに、私が訳した歌を歌ってもらって、本当に幸せです。素晴らしい音楽を書いてくれたピーター、素晴らしいミュージカルに仕上げてくれた演出の方々、素敵なアレンジに仕上げてくれた音楽チーム、舞台技術や衣装の方々、そして一年間ずっと陰で支えて下さった方々、ほんといろんな人に支えられて出来上がりました。

 舞台は始まったら止まりません。何が起ころうと、ハプニングが起ころうと、止まりません…。
 Show must go on... です。 なにがあってもめげずに、自力で立ち上がるように…(^^;
 
 今まで費やした半年以上の時間と労力を思って、一人一人悔いのないように演じて欲しいです。

Queen の The show must go on を貼り付けときます。

 ...
Inside my heart is breaking 心がうちひしがれ
My make up may be flaking  メイキャップがはげ落ちても
But my smile still stays on  笑顔ははりついたまま
 My soul is painted like the wings of butterflies  僕の魂は蝶の羽根のように色どられ
Fairy tales of yesterday will grow but never die  昨日のおとぎ話は先へ続き、消えることはない
I can fly , my friend   僕は、空を飛べる
The show must go on....  ショーは続けなければならない

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »