« 労演 | トップページ | 暇だ~~ »

2009-04-05

Image288_3今日は、朝からウォーキングに行って来ました。

 伏見桃山城、東映さんが2億かけて大阪城風に塗り上げたお城です。かの有名な(^^;映画「茶々」のロケで使われたところです~。ロケの日は、夜空に投光器の明かりが映ってました~。今は、花盛りでした~。ちょうどグラデーションの桜が綺麗です。北堀公園、私の大好きな木蓮は終わってましたが、こぶしの花が少し残ってました~。

 午後からはコーラス、夜は、労演のアンナ・カレーニアの芝居観賞でした。
 アンナ・カレーニア、2年ほど前に映画で見たときはあまりの辛気くささに途中で爆睡、今日のお芝居はさすがによく出来ていた(?)ので、寝ることはありませんでした。栗原小巻さんが、とっても美しかったです。

 というか、そうか~、やっぱり気分転換にはイタリアよね~とか(^^;、なんでロシア人はいちいちフルネームで呼ばないといけないのか、とか、それよか音響、ロシアオペラは重厚で良い曲が満載なのに、なんでここでイタリアオペラの椿姫などのイタリアオペラなの?のか、ちょっと突っ込みどころ満載でした~~~。どうせならロシアンオペラでやったら、めちゃかっこいいのに~。

 トルストイも、特にドストエフスキーは、キリスト教の葛藤が一つのテーマになってます。あんまり読んでないけど、キリスト教的にはドストエフスキーの方が深いような(^^; ロシア正教はカトリックともプロテスタントとも違いますが、お茶の水のニコライ聖堂でミサに出たときは、なんだか太いめっちゃ素敵なバリトンの声にほれぼれした上に、神学的には復活を重視していて非常に明るいイメージがあったけど、なんだかトルストイの時代は、暗いし重いし、戒律がきつそうですね~~~(^^; さすがにプロテスタントとは(って言ってもいろいろあって、右も左もありますが)、ちょいカラーが違います~~。キリスト教関係の台詞は、あたくし的には、違和感満載でした(^^;; 

 途中、自分が離婚したいからという理由でカトリックから離脱してイギリス国教会作ったイギリスのヘンリー8世は、あれはあれであそこまで行ったら、ほんまそれはそれで偉いぞ~~みたいに思ってしまいました(^^; アンナ・カレーニアにしても、やっぱ、ちゅーとはんぱなのね~~。あの時代は仕方ないのかもしれないけど、浮気するなら墓場まで持っていくつもりでするか、あるいは覚悟きめるか、どっちかにせーよ、ちゅーとはんぱは良くないで~、幸せになるのもならないのもあなた次第よ~とか、私はあなたを愛してますって愛の押し売りには閉口する~とか、一人で一分ごとに突っ込んでました~~。 トルストイって、ほんまは何が言いたかったのかね~~、いつか原作読んでみようとは思いましただ~~(←結局、分かってない)

 公演中、古い友人から電話がありました。京都通過中で、顔見て元気もらいたかったらしい~。ありがとうね。私でも、世の中の役に少しは立っていたのかね~。(世の中の役に立っていた…これは、ゆっきー口癖の名台詞でした~~。)

 

|

« 労演 | トップページ | 暇だ~~ »

コメント

お騒がせしました。m(_ _)m
また遊んでくださいね。(^^)

投稿: 軍曹 | 2009-04-10 00:05

軍曹、お元気そうで何より。懐かしい方々の消息聞けて、懐かしかったです~。みんなそれぞれ頑張っているのね~。よろしくお伝え下さいまし~。

投稿: めぐむ | 2009-04-10 00:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21295/44568814

この記事へのトラックバック一覧です: :

« 労演 | トップページ | 暇だ~~ »