« めぐむ会 | トップページ | 繋がった… »

2009-05-03

憲法集会@円山音楽堂

 円山音楽堂であった「生かそう憲法 守ろう九条」憲法集会in京都に行って来ました。

 開会前のプレ企画「京の若手が平和を語る!ラジオ番組公開録音」に、ミュージカルメンバーのチハルちゃんとありんこちゃんが出演、最後に、壇上で20人ぐらいで「サークルダンス」を歌いました。お客さんの何割かは多分見に来て下さっていた人なのか、ニコニコしながら時々ノリノリで(?)聞いてくれていました~。

 5/4 24:00~ FM 79.7ヘルツで放送されますよ~!

 集会では、瀬戸内寂聴さんと益川敏英さんが講演。ノーベル物理学賞を受賞した益川さんの話は、さすが「理系の人」だけあって、あっさり、しっかり、要点ばっちしで、何が問題なのか非常にわかりやすかったです。特に、こういう集会に慣れない門外漢の私としては、今までのもやもやとした思いに、明確に言葉が与えられて、なーるほどと思うことしきりでした。

 集会の後は、なぜか横断幕を持って、円山公園から河原町御池までデモ行進…。デモなんてやったことなかったけど、みんなと一緒だと心丈夫だは、車道を歩けるは、河原町四条の交差点では四方向の車止めたまま、祇園祭の辻回しさながら斜めに横切れるは、みんなの注目浴びれるは(^^;、大声で叫べるは(^^;、なかなかに気持ちいいものだということが判明。結構、楽しかったです…。その後のビールも格別だったし(^^)

Panasonic_106

 数年前にスペインに行ったとき、アルハンブラ宮殿のあるグラナダで、大デモ隊に会って往生したことがありました。

 ちょうど、その日は日曜日。日曜日の朝、カフェでコーヒーなど飲んで優雅に過ごしていると、突然「愛犬家団体」の小さなデモがばらばらやってきました。次ぎに、何かのデモがばらばら…、そしてちょうど空港へ行くバスに乗る直前には、通りを埋め尽くすほどの大きなデモが…。何事かと聞くと「新開発で、旧市街を破壊するな!~(グラナダは世界遺産の町なのです)」という主張のデモらしく、自然発生的に市民たちがわらわらと出て来て、あっという間に通りを埋め尽くしたのでした。別に、大声で騒ぐわけでもなく、時々プラカードもったり、時々ちらし配る人がいたりして、非常に平和で静かで、でも、圧倒的な力のあるデモでした。

 結局、空港バスは運転取りやめ(^^; 真っ青になりながらタクシー拾って空港に急いだのですが、タクシーの運転手さんに聞くと、「毎週、日曜日はデモやっている」とのこと。市民一人一人が、それぞれ主張したいこと、言いたいことを、ちゃんと民主的な方法で「デモンストレーション」しているのです。

 で、グラナダからマドリッドに飛んだら、そこでは何十万人規模の大きなデモと集会が…。タクシーで市内に入れないし、通りは封鎖されているし、こちらはさすがに大都会だけあって殺伐としているし、一気に緊張感が高まりました。その日は、スペインで「テロ防止法」(列車爆破テロがあったので)みたいな法律が制定か改変されて、それに対する反対集会が行われていたそうです。

 あの時、思ったのです…。
 日本人って、いつから何も主張しなくなったのでしょう…。

 それぞれがおかしいと思うことについて、あまり構えずに、わらわらと家から出て来て大勢で主張して、そしてまた静かに日常生活に戻って行くという、そういう市民意識がスペインにはあるんだなぁと、私の目にはものすごく新鮮に映りました(フランコ圧制下が長かったせいもあるのでしょうが)。

 日本にも 世の中、おかしなことが一杯あるだろうに…。
 どうしても構えてしまうのか、いつも誰か特定の人がメディアで頑張って代弁しているような気がします。

|

« めぐむ会 | トップページ | 繋がった… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21295/44879840

この記事へのトラックバック一覧です: 憲法集会@円山音楽堂:

« めぐむ会 | トップページ | 繋がった… »