« 忘れていた頃に… | トップページ | 100円充電器 »

2009-05-21

RENT(レント)

 友達が貸してくれたミュージカル映画のRent(レント)を見た。もともとは舞台の作品を映画にしたものです。

 音楽が、曲がいいよ~って勧めてくれたのだけど、もうボロ泣き 良い曲が目白押しで、しみじみつくづく良かったです。またもや、思わずサウンドトラックを買ってしまいました…。って、サウンドトラックのCDの方が、DVDより高いってどういうこっちゃって感じなのですが…。

 レントは、オペラのラ・ボエームを下敷きにして、話を現代のNYに置き換えた作品です。夢だけはいっぱいあるけどお金は無い貧乏な芸術家たちという設定は同じだし、ヒロインと同じ名前のミミも登場するけど、雰囲気は全く違い、ゲイや麻薬やAIDSなど現代NYの事象が取り上げられています。

 最初のSeasons of Love からもうハートをがっちり掴まれてしまいました。Without youではもうボロボロ泣き。ほんと飽きさせない曲がいっぱいです。

 さて、2曲目の「Rent」 「家賃が払えないけど、どーしよー」って歌が始まったら、思わず苦笑。どこかで聞いたフレーズだ(^^; 3月にミュージカルが終わるまで、私は何度 rentって言葉を言い、何度「I can't pay rent 家賃が払えない」って言葉を聞いたか(^^;

 ごく最近も、電話でその言葉を聞いたかも…。

 というのも、ダメもとで求人に応募してみようかと思って、英文の履歴書(CVという)を書いていたのです。普通、英語の履歴書には写真は載せません(容姿で選んだって言われたら困るから)。ところが、その英文履歴書には写真が必須。もちろん外国にも写真が必要な職種というのがあるのか、時々は写真を載せるらしいのですが、その場合、結構自分の魅力をアピールしたような修正バシバシ入ったような写真を載せるのです。

 どうしよう…。この際、民族衣装着てにこにこ嬉しそうにしている写真載せるべかと、散々迷ったあげくに、ピーターに電話をしました。

 「なぁなぁあほな事聞くけど、(これこれしかじか) で、CV出そうと思うねんけど、写真載せないとあかんねん。ともかく写真が重要らしいし、私ももういい加減の歳やから、、アピールしなあかんねんけど…(かくかくしかじか)」
「ふむふむ」
 「で、Happy cheerful face with sari (サリー着て嬉しそうに笑っている写真) と、普通のしかめっつらの証明写真とどっちがいいと思う?」
 と、ピーターに尋ねると…

 「普通の証明写真の方がいいんちゃう?ここは日本やし…(Ordinary business- suit photo might be better)」 と、しごく「まっとうな」お答えが返って来たのでした(^^;

 その後の会話で、再び「家賃が…、でも時間はたっぷりあるんだ~」って、映画と同じような台詞が聞こえてきました。さすが、芸術家だね~(^^; 最後に、「Good Luck」と言われて、You tooと返しておきました。

 ということで、履歴書に載せる写真を、近くの写真館に撮りに行ってきました。息子なんか就活用に30枚セットと50枚セットとどっちにするべきかと迷っていたのですが、さすがに私はとりあえず4枚組でいいですって言いました(CDで焼き増ししてくれるらしい)

 しかも、職安デビュー(^^;までしてしまいました。インターネットでは検索していたのですが、まぁ、一度、覗いてみるべかと思って、ふらっとハローワークに行って、パソコンで検索していたのですが、私の職種は特殊項目になるので、検索したら出て来る職種がおもろい…。「演出家」って言うのまであった…。ハローワークで募集する演出家ってどんなんやねんと思いながら詳細を見てみる(以外とまともだった(^^;)。四十ン歳で、検索ヒットするかどうか不安だったけど、それなりにあるようで(採用してくれるかは別でしょうが)、世の中ほんまにいろんな職業があるんやなぁって、結構楽しんで帰って来ました。

 昨日からあちこちに応募し始めたのですが、なんせ求職したことがなかったもので、やり方も分からない…。で、友達のところに電話して「なぁなぁ、仕事探しって、同時進行でやってもいいもんなん?だってさぁ、この歳になったら、ともかく数打たんことには当たらへんやんか~。今返事待ちのところとか、既にメール送ったところとか、いろいろあるねん…。で、もし、非常にラッキーな超嬉しい状況で、複数重なったらどうしたらいいの?」って聞いたら、「そんなん、他、決まったんで、すいませんって断ったらいいやん」ってあっさり言われて、さすが仕事探しの猛者は違うと感心したのでありました。

 なんつうか、こうなって来ると、宝くじ買って当選日まで待っているような気分がします…。あーしようか、こーしようかと、つくづく自分はおめでたい性格だと思います…。

 まぁ、あのガネーシャ(「夢をかなえるゾウ」)にも、可能性を探して求人情報を見る、夢を語る、そして絶対にあきらめないって書いてあったし、ずっと昔にAdamも、母親の求職の話をしながら「必ずいつかは自分を必要としてくれるところが見つかるもんだ。」と言っておりました。
 

|

« 忘れていた頃に… | トップページ | 100円充電器 »

コメント

お久しぶりです~。
私も先週、RENTをDVDで観ました! 偶然ですね~。さすがの私たち?(笑)
前にすごく安く買ったのに観る時間がなくて、美容院で施術中に観ました。

今月末締め切りの原稿があり、牧師向け雑誌にお薦めDVDを3本紹介するのですが、RENTはよかったけれど牧師向けには微妙ですよね・・。ゲイへの理解もまだまだ多様だからなぁ。

お仕事探し、本当にご苦労様です。応援しています!
私も昨年から連れ合いの調子があまりよくなくて、1月からバイトを始めています。身体はきついけれど少し痩せたから、まぁよしとするか(笑)。

投稿: MAKI | 2009-05-21 23:43

MAKIさん、お久しぶり~。

 そうなんだ、MAKIさんもRENT見たんですね。ほんと偶然ですね~。

 確かに牧師向けには微妙かも(^^;ゲイもいろんな組み合わせが出て来るしねぇ~。最後の方の酒場のテーブルで歌われる歌とか、はちゃめちゃだし~。いつか大声で歌ってみたい私(爆)。私の母教会みたいな、なんでもあり的なところだと大丈夫だろうけど~。AIDSのシーン見ながら、そう言えば当時の副牧師(榎本てる子先生)がアメリカのAIDSケアターミナルで働いていたなぁって思い出しました。そこは、MAKIさんの紹介文の腕の見せ所かもしれませんね(^^;

 今の教会で、RENTのDVD鑑賞会やったら、完全に浮く気がする(^^; 月一でいいから、教会学校で英語教えてくれないかという話があって食指が動いているんですが、仕事が決まらないとその気にならない(順番が逆?(^^;)口の悪い友達は、月一でも教会に来させるための口実ちゃうんってからかうのだけど(ほんと不良なもんで(^^;)でも、もしやるんだったら、DVDや映画もいっぱい見せようって思っているのです…。最初は、ブラザーサン・シスタームーンあたりから入って、徐々に過激になるとか(^^;、いろいろ考えてると楽しい…。やっぱ、さぁ、地上の宝って縁がないかも(爆)。

 TAKE牧師、身体の方は大丈夫ですか?お大事にして下さいね。MAKIさんも、身体に気を付けて~。
 

投稿: めぐむ | 2009-05-22 00:33

RENTは、ボクにとってバイブルですー。

DVD何回観たかわからないー。

年末にDjさせてもらう時には、
seasons of loveは必ずプレイします。

そうそう。
某市民ミュージカルのイントロダクションは
la vie bohemeみたいな感じで。
っていうのが、Pとボクとの最初のプランだったり。

夏に東京で、マークとロジャーがオリジナルキャストで講演があるの。

投稿: kor | 2009-05-23 14:31

korさーん(^o^)/

 RENTってくせになるDVDですよね。こないだ見たばっかりなのに、また見たくなる~。でも、ipodに入れていつも聞いていようと思うと、サウンドトラック買わないとあかんねん…不便。。

 Introductionって最初そんなプランだったんだ~。La Vie Bohoeme聞いていると、村の女のコーラスでやったら面白かったかもっとかって思ったかも~。Seasons of love みたいに最初ずらっと並ぶのもかっこいいよね~。ライブ、聞きに行きます~~。I should tell you、Without you, Light my candle、Today 4 you, I'll cover you,リクエストします(ってほとんどやんか(^^;)

 ところで、映画では最後ミミが生き返る(^^;というか息を吹き返すのですが、korさんが見たのもそうだった?友達が森山未來くんのレントを見て、最後ミミが死んだっていうのだけど…

 夏に東京でレントの公演があるんだ~。大阪には来ないのね…。あー、見たい~。昔はどうしても見たいオペラがあって、東京日帰り弾丸ツアーをやったのだけど(^^;
あと、コーラスラインも東京公演があるらしい…。これも見てみたい。東京は遠いのであった(^^;
 

投稿: めぐむ | 2009-05-23 15:06

Seasons of love みたいにずらっと並ぶのは、舞台だと、2幕明け
なんですー。

そうそう。
ミミは息を吹き返す(というか、たまたまその時は、持ち直して、最終的には…というべきか)
のも、オリジナル通り。
新・日本版は大阪でも瞬間やってたのだけれど
観てないからわからないー。

歌詞の意味を考えると、ジョナサン・ラーソンの意向がわかるんです。
だって、NO DAY,BUT TODAY ですもの。

投稿: kor | 2009-05-23 17:12

>Seasons of love みたいにずらっと並ぶのは、舞台だと、2幕明け
なんですー。

 そうなんや~。ますます舞台が見たくなりました~。日本版、森山未來くんは歌も上手でダンスも上手で華があったと言ってましたが、全体としてはどうだったんだろう~。

No day, But today....そうですよね。それ聞いててっきり死ぬのかと思った私(^^;

 Today for you, tomorrow for meというのも良いよね。ともかく印象的な歌が満載です。そうそう、お勧めの「レイ」借りて来たよ~。

投稿: めぐむ | 2009-05-23 19:03

blogへのコメントは初です
なんとなーくmixiに比べるとコメントしずらくて・・・

Rentは教会の友達(若い男子)がおススメって見せてくれたよ。
もちろん彼はウチの娘にも勧めてた。
そういう理解ある人もいるけど教会で取り扱うのは難しい問題だね

投稿: kiko | 2009-05-24 16:19

kikoさん、ようこそお越し~。
 
>なんとなーくmixiに比べるとコメントしずらくて・・・
 確かにmixiの日記書いていた頃に比べると、コメントめっちゃ減りました~(^^;カジパさんなんか、ブログに移行した1番初めに「めんどくさいから、行かない」って…(;^_^A アセアセ…

>そういう理解ある人もいるけど教会で取り扱うのは難しい問題だね
 kikoさんところは福音系だから、余計難しいかもしれないよね~。なんでだろうね~。自然でいいのにね~。なかなか、ありのままで受け入れてもらうのは難しいもんだ~。

 娘さん、今東京でしたっけ。元気にしたはりますか?

投稿: めぐむ | 2009-05-24 17:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: RENT(レント):

« 忘れていた頃に… | トップページ | 100円充電器 »