« 肝苦りさぁ(ちむぐりさぁ)沖縄 | トップページ | 愛を読むひと »

2009-06-29

ミニミニミュージカル

 左京区の母親大会で、春にやったミュージカルのミニ版、ミニミニミュージカルをやって来ました。

 みんなの力を結集して仕上げた2時間のミュージカル、あのまま終わらせるのはもったいないし、何か機会があればすっとどこかに持っていけるようなダイジェストバージョンがあればいいなと、ミュージカルが終わってからもずっと思っていたため、この母親大会の話しを聞いたとき、本当に嬉しかったです。達ちゃんこと中田達幸さんが、20分の台本に仕上げて下さいました。

 お芝居があって歌始まって歌うという「固定観念」に取り付かれていた上に、タイムマシンの曲なんか加工せなあかんのにどうするんやろと思っていたのですが、台本が出来てみれば、香くんが作ったミュージカルの音源をそのまま使って、カラオケをバックに台詞を言って、途中から歌を歌う、しかも台詞の秒数がぴったりで歌い出しぴったりだったから、「さすが~~~!!、やっぱプロは違う」と素直に感動。。。はー、その手があったか~と思いましただよ…。達ちゃんは、どうも、私が最初に2曲ぐらいしか歌われへんのんとちゃうと言ったことを、根に持って((^^;;;;冗談ですよ(^^;;)いたようですが、ほんま私の見識不足でした(^^;;;; 

 ミュージカル、本当に楽しそうで出たかった~ので、今回は出演者として(!)出ました。他の出演者はミュージカルで鍛えられ、場数を踏んでますが、私はなんせこのミュージカルは初めて…。4小節の歌のソロもあるのです。ともかく歌もダンスも大好きなので、歌って踊れるのは、本当に楽しかった♪ でも、歌って踊るだけじゃなく、話しが進行している間、後ろでそれぞれ何か役をやっていないといけない。特に話しが過去に飛んで「戦争」の歌になるときには、私は民衆の設定。歌が始まるまで一人だけ素で棒立ちしてたら馬鹿だし舞台を台無しにするので、ともかくいやがおうでも戦争に巻き込まれていく民衆を演じてました。最初は、下手側(私の左側)の女たちといっしょになってどうしようとやっていたのですが、本番では、なぜか突然、右にいたやっさんを勝手に父親か夫かともかく家族にしたてて、どうしようとすがりついていました。さすがにやっさん、本番に突然私にすがりつかれたにもかかわらず、小声で「こうなったら、戦争をするしかあるめい」とかって話しかけてくれたので、めっちゃ嬉しく、またさすがやっさんやー、すごーいと感動しました。鉄砲で撃たれて死ぬところも、どうやって死のうかといろいろ考えました。後で、さおりんが撮ってくれたビデオで確認したのですが、とりあえず、みんなの足をひっぱることはなかったようで、ほっとしました。

 「戦争」の歌は、歌詞に思いを込めて歌うと、ほんと疲れる(^^;。ソロのところは、ちゃんと歌えたけど全然だめで不満。「殺せ」のところに力を入れると声が簡単に裏返るので、ともかくふっと腹筋に力を入れてから歌うという小技はできるようにはなったのだけど、私の声はソプラノなので、あのキーでは中ばあさんの迫力はなかなかでないのです((T^T)しくしく)。達ちゃんがあんまり頑張らんと歌った方がいいというので、多分その心は、地声できばって歌うのがおきゃくさんにとっては聴きづらいのだろうと思ったのですが、やはりなかなかに難しいです。後で、さんちゃんが「へぇー、めぐむさんってあんな顔で歌うんやー、って思った。歌歌えるんや~」って言ってくれて、それは正確にはどういう意味って聞いたけど、うまく説明できないそうです。「ただ、やっさんに比べれば、そら、すまして歌っているようには見えたわな」と後で言っていて、そらそうだ~と悲しいけど納得した次第。

 「刀をとって戦え!」の後は、ウォーと言って死ぬ気で走れって達ちゃんに言われて、私は多分今まで2回ぐらいしか出したことのないような声でワーと叫んで走りました。自分で「私ってこんな声がでるんだ~」って思いました(^^;。

 お客さんの顔を見ていると、途中、特に戦争の歌が始まる頃になると表情が全然違うのです。みんな真剣。おお、やった~と思いました。ベタの会場だったけど、お客さんにはしっかりとメッセージが届いたと思います。さんちゃんが言っていた通り、「まだモチベーションが維持されている」からなんでしょう。

 前日に香くんに「達ちゃんがうまいことしてくれはったで~」ってメールしてたら、香くんも見に来てくれました~。多分、いろいろな意味で感動してくれていたと思います。ピーターが言ったとおり、ほんとこのミュージカルは生きているのだなと思います。

 そして一番の一番に嬉しかったのは、またみんなと一緒にミュージカルができたこと。ほんとに楽しかったし嬉しかった。あの時培ったものって、そう簡単には無くならないのだなと思いました。多分、いつかどこかで会っても一瞬で戻っていけるだけの時間と信頼が培われたのでしょう。お世話をしてくださった、pegaさん、ともともさん、そしていろいろ気を使って段取りしてくれたチハルちゃん、本当にありがとうございました。

 終わって、ちょっと寂しかった。いつものことだけど、終わった後は自分の一部分が死んだような気分になります。
 
余談:
 待ち時間にさおりんが、サイン帳を配ってくれたので、書いてました…。とっても可愛い紙で、思わず真剣に書いてしまいましたが、一番下に「将来の夢は」という項目があり、この歳で将来の夢も何も…と思いつつ、そうや~~「お嫁さん!」って書いたら、それをのぞき込んで見ていた香くんに、めちゃ受け!思いっきり笑われてしまいました。あー、楽しかった~~。

|

« 肝苦りさぁ(ちむぐりさぁ)沖縄 | トップページ | 愛を読むひと »

コメント

一昨年だったかな?施設長を定年で退職されたご夫人の結婚式が過日ありました。

結婚式の後に施設長をされていた施設で「○○先生のことをご存知ですか?」と言ったら「え?入院した?」というリアクションがあった、ある意味高齢な方です。
入籍もせず、よって苗字も変更せず、事実婚という最先端の生活を送られているそうです。
ちなみに施設長になられる前は、学校の教頭先生だったと思います。

まだまだhappy01

投稿: 軍曹 | 2009-06-29 18:32

軍曹(^^;
 なぐさめてくれてありがとう(^^;

投稿: めぐむ | 2009-06-29 19:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21295/45486844

この記事へのトラックバック一覧です: ミニミニミュージカル:

« 肝苦りさぁ(ちむぐりさぁ)沖縄 | トップページ | 愛を読むひと »