« 七夕-宮沢賢治 星めぐり | トップページ | 雑誌に載りました! »

2009-07-09

円谷幸吉

 去年の今頃は、北京オリンピックで盛り上がっておりました。8月に開催されると、私は連日テレビの前で見ていたような…。特に、水泳競技と体操競技と、そして陸上競技が好きなのです。陸上は息子がやっているために、妙な無駄知識が増えているのと、やっぱり同じ陸上をやる選手を応援してしまうのです。
 去年はなんと陸上男子が短距離リレー100×4で見事の銅メダル。日本中が沸き立っておりました。

 ちょうどその頃、BSで、ドキュメンタリー映画の名作と言われている市川崑監督の「東京オリンピック」をやっていました。さすが名作と言われるだけあって、東京オリンピックを余すところなく伝えておりました。遠くの名前も知らない国から一人でやってきた選手の選手村の様子やら、競技の様子、あの頃、走り高跳びってなぜかベリーロール(身体がうつぶせの体勢で飛ぶ、今の飛び方が発明されたのはメキシコから)や挟み跳びだったり、女性のユニフォームがブルマだったり、棒高跳びもまだ竹(!)を使っていたし、結構楽しめました。

 私自身は東京オリンピックは知らないのです。記憶があるのはメキシコから…。でも高度成長期の日本、沿道の様子は幼い頃の風景と似通ったものがあって懐かしかったです。

 そこにあの円谷幸吉も映っておりました。東京オリンピックで銅メダル、その後競技で結果が出せずに自殺してしまった選手です。円谷幸吉の遺書は、名遺書と思えるほど、本当に切ない遺書です。

 7月8日から始まった「風知り草 円谷幸吉の雑走」という剣崎あさむさんの一人芝居(作・演出右来左往)があり、P-Actに行って来ました。なんと上演時間1時間、ずっと走り続けているのです。ただただ走りながら、走りながら台詞を言って、円谷幸吉の人生を演じる…。途中から汗が吹き出し、ライトに照らされて飛び散るのが見えます。同じところで走っているのだけど、芝居の進行とともに微妙に走るフォームが変わるです。わぁーすごい、と思って見ていました。

 途中からは円谷幸吉の置かれた異常な状況やら、孤独やら、どんどん追い詰められていく様子やら、ほんと見ていて辛かったです…。あの頃、まだ冷戦下で、オリンピックは国家対国家の戦い、選手は出征兵士のようです。円谷幸吉は自衛隊の体育学校にいました。そこも、彼を追い詰めた原因だったのでしょう…。

 オリンピックのスポーツは、実は技術と国家エゴの戦いの場。最近も水泳の水着(スピードのレーザーレーサー)でタイムが変わる(水着が高いので貧しい国の選手は買えない)と大騒ぎになったし、ドーピングの問題は無くならない。東ドイツの女子体操の選手など思春期に筋肉増強剤など多用されて、女性なのに身体が男性化してしまいました。選手はなんなんでしょうか。選手に人権はないのでしょうか…。

 私が一番最初に通訳の仕事をしたのは、1994年のアジア大会広島でした。アジアのスポーツ大会です。アジアって実はめちゃ広いのです。そこに、ちょうど当時内戦状態にあった旧ユーゴスラビアのボスニアかセビリア出身の選手がいました。民族浄化の大虐殺の起こったところです。彼は、いつも、母国だけを称える文字を書いたTシャツを着ていました。虐殺された方かした方かは分かりませんし、もう国家も崩壊して、家族もどうなったのか、別の国に身を置いているのかもしれません。ただ、一方だけを正当化して、一方を否定するところに平和はあり得ない。

 彼もまた国家(民族)を背負って、前線にいたのです。皆の非難を、非難の視線を一身に受けても動じなかった。背筋がぞくっとする思いをしました。個人の競技に国家(民族)が介入する。

 第二の円谷幸吉は出してはいけないのです。

 帰って来てから息子に、「あんた絶対に円谷幸吉の気持ち分かるから、見にいかへん?」って勧めてみました。すぐに追い詰められるし、すぐに背負ってしまうからです。でも、息子は週末から北海道の大会。うー、残念であった。

 風知り草-円谷幸吉の雑走 出演:剣崎あさむ 一人芝居(作・演出 右来左往)
 7月9日(木)、11日(土)、13日(月) 19:00会場 19:30開演 1800円 限定30席で、要予約:TEL 090-1711-7025、土曜日は満席、13日は余裕があるそうです。 
P-act にて(河原町今出川下ル一つ目の信号、南東角のテナントの2階) 
 

|

« 七夕-宮沢賢治 星めぐり | トップページ | 雑誌に載りました! »

コメント

こんにちは~。
こちらは円谷姓、時々聞きます。
須賀川近郊に多いみたい。
あの円谷監督も福島出身で、福島空港にはウルトラマンが立っています!

オリンピック、我が家はほとんど観ないのですが・・でも一人一人の歴史と人生は壮絶でしょうね・・。

息子さん、雑誌に載られたんですね♪
私もMinistryという牧師向け雑誌に短く寄稿しました。機会がありましたらご覧ください。(^-^)ノ゛

投稿: MAKI | 2009-07-13 13:02

MAKIさん、こんにちは~。

 円谷姓って、そちらの方なのですか~。そう言われてみれば、ウルトラマンの円谷さんも同じ姓ですね~。

 Ministryって、もしかして前に言ってはったミュージカルか映画の話しですか?CLCの近くに行くことが多いので、ぜひ見てみますね~。

投稿: めぐむ | 2009-07-13 15:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21295/45580291

この記事へのトラックバック一覧です: 円谷幸吉:

» H P F感想・「風知り草 〜円谷幸吉の雑走〜」感想 [シバイ見ぬもの喰うべからず!?]
こちらで紹介した公演の感想記事にリンクを張りました。 (記事元の皆さん、ご挨拶を省かせていただいてます。すみません。  不都合等ございましたら、keitodrama@mail.goo.ne.jpまでお願いします) ☆HPF 中村駅長日記   舞監@日誌   ☆「風知り草 〜円谷幸吉の雑走〜」 megumu 「ミュージカルに挑戦!」は終わったけど…  ... [続きを読む]

受信: 2009-07-31 02:34

« 七夕-宮沢賢治 星めぐり | トップページ | 雑誌に載りました! »