« 運命の日 | トップページ | 発声練習 »

2009-08-02

夕凪の街桜の国

 今年四月、オバマ大統領は核兵器全廃演説をしました。核兵器といわず、兵器などみんな廃絶してしまえばいいのに…。

 今日、放送劇「夕凪の街桜の国」を見たのですが、その中の言葉が胸に突き刺さっています。
 原爆が落とされた日、誰か分からないけど、ともかく見知らぬ誰かにお前なんか死ねと思われたんだと。そういう憎しみの向けられ方は、ほんと堪えます。

 ミュージカルのメンバーのゆっきーとイチロー、そして達ちゃんが出演していました。達ちゃんさすがなのですが、ゆっきーそしてイチロー君が意外に良かったのです。放送劇というのは元々はラジオの劇なので、舞台にマイクが二つ立っていて、その前で声だけで演技するのですが、マイクからの距離が微妙に違うのです。近寄ったり、ちょっと遠ざかったり…。お風呂の場面では思いっきりエコーがかかるし、非常に面白かったです。

 まぁよく泣きました。原作は漫画らしいのですが、前半の皆実と打越とのエピソードは堪らなかったです。打越のほんわかとして明るいそして当時の時代らしい青年と、のんびりとした皆実の広島弁が、一瞬で一つの風景を作っていました。

 実は、うちの息子は1歳の時に大やけどをしているのです。何を思ったか、当時、二口のガス台に飛びついて、あっと思った瞬間には「スローモーションで」ガス台もろとも天ぷら鍋がひっくり返りました。全身の10分の1、3度に近い大やけどでした。慌てて、流しに置いて水を掛けたのですが、水を掛けた瞬間に一番やけどの酷かった肩の皮膚がべろっとめくれ、茫然自失状態の頭の片隅で「あー、原爆の話しはほんまやったんや」と思いました。あと、ホントに危機的状況には、見ている光景がスローモーションになることも…。

 以前は天ぷらの匂いをかぐと、フラッシュバックが起こりました。ちょっとした事故でもこうなのだから、実際に体験した人はほんとうに長い間にわたって苦しんだのだと思います。

 会場にはミュージカルのメンバーが沢山見に来ていて、久しぶりに会ってしゃべってとっても楽しかったです。


 さて、山科のこども創作劇のチラシが出来てました。もう名前が載っている(^^; 2000円も取るんや~。頑張らなくっちゃ~~。

 途中入会した日、「未来の絵を描いて来て下さい」と言われて、慌てて描きました。美術オール3だった絵心の無い私に絵を描かせるのが間違いだと思う(^^; ちらしにはそのとき提出された絵がみんな載っているのですが、みんなカラフルに上手に描いているのに、一つだけ絵とは言えない説明的なイラストがあります。達ちゃんをして「これ、どないせいっちゅうねん」と言わしめた私の絵です(^^; 未来のテレビ画面にきれいに収まってました。ご迷惑おかけしました(^^; 一応、イラストには、イスカンダルとか、サーシャの星とか、M78星雲とか、ブラックホールとか、ホワイトホールとか、海賊(宇宙賊?)の出るやばそうなエリアとか描いてありますが、自分のイメージが絵にならないのは悲しい(持って行く前に、息子に見せたら「それ、絵?」って言われたし~(T^T))。

 帰りに、靴買いに行きました。
 この前、バーゲンで買った靴が、なんと左右でサイズが違ったのです。やっとこさ買えたランニングシューズです。持っていったら、なんと在庫が無くて、つまりもう一足の左右サイズ違いの靴はどこかの誰かに売られてしまっていたのです。返金してもらいました。デパートでお買い物券で買ったので、現金が戻って来たのはラッキー(^^)

 そのままステップに行って、嵐の二宮くん似のおにーちゃんに見立ててもらいました。息子はアシックスが良い良いというのですが、超日本人的な足の私には、ミズノの方が合うらしい。バーゲン期間なので、安く買えてごきげんでした~。
 

 

|

« 運命の日 | トップページ | 発声練習 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21295/45807016

この記事へのトラックバック一覧です: 夕凪の街桜の国:

« 運命の日 | トップページ | 発声練習 »