« 茶釜狸 | トップページ | 出生の秘密(^^; »

2009-09-06

東京のお月さま

所用があって、東京に行っていました。

 用事の終わった次の日、一日フリーだったので、俳優座の「サマーハウスの夢」という音楽劇を見て来ました。この音楽劇、非常に面白かった~。なんとキーボードとバイオリンの生演奏なのです~。最初に、チューニングの音が聞こえて来たときに、あれ?オケ付き?って思ったのですが、蓋を開けてみると誰もいない……(^^? その内、ツリーハウスの下の奥が見えるようになって、そこに生演奏の奏者が見えるのです~。

 美女と野獣を下書きにしたお話、話の構成も非常によく出来ておりました。いっぱいげらげら笑って、最後ホロって泣いて、歌える人も歌えない人も楽しく音楽が作ってあるし~。ロバート役がめちゃ歌上手でお芝居上手で非常に良かったし、アマンダ役の身体を張ったびっくり演技が素晴らしかったです~。京都労演の来年の候補に入っているようなので、思わずTさんに一押しアンケートに投票しておきました~。

サマーハウスの夢
 
P1010846_2


で、その日は一日六本木で遊んでました~。
 とーぜんですが、六本木ヒルズ、森ビルの展望台及び屋上まで上がりました。ふっふっふ~、見たか~、東京タワーよりこっちが高いのだった~(^^;

 森美術館では、北京オリンピックの鳥かごみたいな鉄のスタジアムを設計したアイ・ウェイウェイの展覧会が行われており、ふらっと寄ってみたら、これがまた面白かった~。額縁に入って、柵で区切られているような展覧会ではなく、床に作品がごろごろ転がっており、すぐ近くまで行っても大丈夫、写真撮影もOKだそうです。

090905_110640_2

 いきなり入ってすぐのところに、1トンのプーアール茶が転がってました~。

 何部屋かすぎると、木の箱がずらっと~
090905_110556_2


 丸い穴を覗くと、角度によって、そこには月の満ち欠けが見えるようになっています。
090905_110513_2


 結構ナショナリズムっつうか、非常に中国という国を意識した作品が多かったですが、なかなかに面白い展示でした。以前に来たときは、コルビジェという有名な建築家の展示があって、これまた非常におもろかったのです。六本木ヒルズの森美術館では私は建築家に縁があるようです~。中国らしい椅子にて。

090905_111327_2


 なのでついでに、以前になぜか都知事選に出はったあの黒川紀章設計の「新東京美術館」も外から眺めて来ました~。これは曲線の美しい美術館です。
090905_131651_3


 夜になると、六本木ヒルズから東京タワーの方面、東京タワーのすぐ横に、まあるいまあるい大きなお月様が出ていました。
 とても美しいお月様。美しい夜です。
 同じまあるい美しい月が、京都でも見られたことでしょう~。
 昔も今も、月を愛でる日本人の心は変わりません。

 今晩もたぬきさんときつねさんは月を眺めているのでしょうか。。。

P1010851_2

|

« 茶釜狸 | トップページ | 出生の秘密(^^; »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21295/46133973

この記事へのトラックバック一覧です: 東京のお月さま:

« 茶釜狸 | トップページ | 出生の秘密(^^; »