« 手術 | トップページ | 新感線の蛮幽鬼 »

2009-11-24

初10Kmマラソンin福知山

 前の日は、京都労演のハイキングだった。

 娘が飛び入りで参加することになったから、早起きして弁当つくろうと用意していたのに、前の晩の夜中、息子が朝3時までゲームをしており(そら連休やけど~)、全然寝付けない私は夜中(というか朝方)に大げんか(^^; お陰で1時間寝坊したけど(--;、昔とった杵柄、長年修羅場をくぐり抜けて来た私は、30分で弁当を用意したのであった(自画自賛(^^;)
 
 ハイキングでは高尾から清滝~嵐山の東海自然歩道を歩いた。途中から雨だったけど、紅葉もまっさかり。嵐山はかれこれ20数年ぶり(^^; 遠い化石時代におデートで来て以来だった(^^;
 終わってからみんなで銭湯に行き、恒例の交流会という名前の飲み会になり、そこでは達ちゃんとかっちゃんの新婚カップルが「生きた酒の肴」となり(^^;、非常に楽しい話題で盛り上がった……happy01 娘の感想は一言、「面白い人がいっぱいいて楽しいなぁ…」

 で、次の日、朝4時起床(^^; 5時半の始発に乗って福知山へ~~。
 達ちゃんと同じ電車に乗り合わせているはずが、前日の疲れもあって私は座席で爆睡。園部で臨時列車が出たのだけど、お尻に根が生えた私は動けない…。これが、間違いだった。後で聞くと、達ちゃんはその臨時列車に乗って余裕で会場に着いていたのだが、私は、受付終了から30分経ってもまだ福知山駅前のシャトルバス乗り場でバス待ち状態。シャトルバスにさえ乗れば、受付は大丈夫だと聞いたのだけど、やはり初めての大会だったら、先達にひっついて行けば良かったと後悔するも、遅し。

 なんとか会場について受付を済ませたら10時前。達ちゃんもpegaさんも見つからない。なんせ、1万人ものランナーが参加しているのだ。これでいいのか悪いのか分からないまま、着替えて、ゼッケンつけて、記録用のICチップ付けて、防寒用ビニール袋つけて、スタート地点に移動。
 インナーに吸汗速乾半袖Tシャツ、長袖(手から胴体の横部分がメッシュ)シャツ、防寒用競技用スパッツにメッシュのパンツ、腰にはボトル(なぜか時間がなくて伊右衛門だったりする)をつけて、格好はなんとか一人前。準備運動する時間も無いが、とりあえず狭いスペースでストレッチ。

 とかしているうちに、あれよあれよという間にスタート!

 最初は長い下り坂。前日に達ちゃんから、最初に飛ばすと後でばてるから、最初は抜かされてもいつものペースを守ると、最後の8キロ地点から抜かしていけるからとアドバイスをもらっていたので、いつものゆっくりペースで走ろうと心がける。抜かされても気にしない…

 抜かすこともあったりして結構、快調。1キロでラップを取って、ペースを知ろうとするが1キロ地点が分からない。2キロ地点も分からない。
 あった~~、4キロ地点や! ラップ、24分46秒!
 ?????あれ??? おかしい、普段のペースより4分以上早い(!)普段は7分台なのに、
 えええっ、うっそーーー。6分前半のラップや~。

 次の1キロは6分18秒。沿道では、太鼓たたいて民謡を歌っている団体、吹奏楽をやっている学生さんたち、考えたら走り過ぎていくランナーに向かって延々何時間も演奏するなんて、不思議な感じだけど、ほんとありがたい。一瞬で通り過ぎるけど、ありがとう!

 そして身体が温まって来てハイな気分になった、5キロから8キロまでのラップはなんと6分10秒。給水ポイントでアミノバイタルもらって元気になったらしい(^^;

 もちろん抜かされるけど、けど、結構抜かしていける。さっきから「Eタックス」って書いた税務署のおっちゃんが目に入る、さっき抜かしたはずなのに、なぜか前にいる、いつ抜かされたんやろ、抜き返す、気持ち良い~。

 いよいよ、最初にあった長い下り坂の逆バージョン。長い上り坂に入ったのが8キロ地点。あと二キロなのに、坂道だから長い!えええ?まだ9キロ? この1キロは絶対計り間違いや!さっきの1キロと同じはずがない…。しんどい、しんどい、しんどいが、たとえ歩く方が早くても絶対に歩かないと決心。根性で走り続けると、やっぱり少しずつ抜かしていけるんだなぁ、これが…。で、抜かすとやっぱり気持ちいい…

 ゴールのゲートらしきものが見えた!と思ったら、距離合わせのために、遠くまで折り返しが(^^; 長い、けどがんばる~~。最後の500mは急に楽になる。よく見ると少しだけ下り坂になっていることが分かる。おお、気持ち良い!ということでゴール!最後の2キロのラップが、なんとこれも6分35秒!

 ということで、ネットタイム(号砲がなってからスタートするまで数分かかるので、ICチップで計った実際の記録)は、10Km 1時間2分49秒の(私的には奇跡の)素晴らしいタイムでした!

 満足満足(^^) 身体が冷えたので、無料で配っているお汁粉とお雑煮を食べる。

 達ちゃんもpegaさんも、フルマラソンなので当分帰って来ない…。着替えて、ごろんと横になり、あんぱん買って食べて、ブースをみて周り、会場をうろうろするが、飽きて来たので応援に行くことにする…。

 ここで重大な事に気がつく。私、自分のことに精一杯で、達ちゃんもpegaさんもどのくらいのタイムで走るのか、何色のユニホーム着ているか、何も聞いていなかったのです。何時頃帰ってくるんやろ~。

 とりあえず、ゴール前の最終コーナーに陣取る。まさか達ちゃんは3時間20分では帰って来ないと思いつつ、立つ。ほんま誰かわからへんし(^^; 息子の応援行っても、時々違う人応援してたりする私(^^; 何度か違う人に向かって声をかけているうちに、じゃまくさくなって、全員を応援することにする。頑張れ、頑張れ、あと50mやで~。

 1時間ちょっと経って、達ちゃんから電話が入る。走りながらしゃべれるんやと感動する。
 で、やってきました、真っ青のユニフォーム。「達ちゃん、達ちゃん、頑張れ~。あと少し!」とトーンが急に高くなったら、なぜか周りにいたおばちゃんたちも「良かったなぁ~、良かったなぁ、無事帰って来たなぁ」と喜んでくれる(^^;

 めでたい!
 少し経つとpegaさんからメールが入る。前々日に痛めた足で苦戦しているらしい。でも、6時間は余裕で切れるタイム。達ちゃんと二人、ゴール前のコーナーでpegaさんを待つ。おおお、やってきた~、意外に元気そうや!頑張れ!

 ということで、全員無事完走。
 福知山のお風呂屋さんにいって、ビールで乾杯~。駅前の焼鳥屋のおっちゃんもマラソン挑戦するけどまだ完走したことがないらしく、昔の記録まで出して来てくれて盛り上がる。

 なんなんやろね~。これは…。
 40キロ走って来た人をみると、どんなによれよれでも凄いなぁと感動する。

 なんなんやろねー。走るのは決して楽しいわけじゃないのに、楽しい。10キロ完走しただけの私にとって、フルマラソン完走するのは、神さまに見えます…。いつか走ってみたいかも…と野望はふくらむのであった。
 
 ブースで手袋と帽子を買う。
 大会に行くたんびに、いろいろ買って来る息子のことが何も言えなくなってしまった(^^;

|

« 手術 | トップページ | 新感線の蛮幽鬼 »

コメント

めぐむ様のバイタリティーにはただただ頭が下がるのみです。
1日精々5~6 千歩しか歩かない自分が恥ずかしくなります。
今後のご健闘をこころからお祈り申し上げております。

投稿: バルサン | 2009-11-24 15:43

そうですよね、待ち時間長かったですよね、、、。本当にお待たせしましたm(__)m

本当に「なんなんやろね~」こんなにつらかったマラソンは初めてでした。でも、つらかったらつらかっただけ、頑張った自分をほめたくなるかなあ。

投稿: pega | 2009-11-24 18:11

バルサンさま。
 毎日、歩数と体重を記録しておられるのは、さすがです。バルサンがやっておられるのを見て、私も頑張ろう~って思ったのですよん。

pegaさま。
 ほんと辛かったのですね。お疲れさま~。
 私は、待ち時間も楽しんでましたから、全然長く感じませんでしたよ~。

投稿: めぐむ | 2009-11-25 01:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21295/46848151

この記事へのトラックバック一覧です: 初10Kmマラソンin福知山:

« 手術 | トップページ | 新感線の蛮幽鬼 »