« グレイ・ガーデンズ | トップページ | 吸い込み口 »

2009-11-09

あめゆじゅとてちてけんじゃ

 「あめゆじゅとてちてけんじゃ」(右来左往作)を見に行って来ました。出演したのは、山科創作劇のワークショップでお世話になったサミーさん。一人芝居です。

 なんの基礎知識も何の事前の情報収集もせずに行ったのを少々後悔しています…。あめゆじゅとてちてけんじゃは、国語でならったのか、うちの息子でも知っていたのに(^^;

 お芝居を観ながら、あーこれ、これ、これ、聞いたことあるけど(^^?……という疑問を、お芝居が終わってから会場で出会った達ちゃんに「ひじょーに基本的な事聞いていい?あめゆじゅとてちてけんじゃって正確にはどういう意味?何に載ってったっけ?」と聞くと、「雨雪を取ってきて下さい、賢治さん」という意味で、「永訣の朝」という宮沢賢治の詩に出て来ると教えてくれたのでした~。

 家に帰って、詩を探し出してみると、おおおお、これ知ってる(^^; 不思議なことに、目でみると記憶がよみがえってくるのです。

 賢治の詩には、時々難しい漢字が出て来ます。
 青い蓴菜やら、蒼鉛やら、二相系やら、聖い資糧やら、兜率の天の食だの。これらが「音」で入った来たとき、私の頭ではすぐに漢字に変換されなかった…(^^; シリョウって聞いたときは、資料しか出てこないし、トソツは何の漢字も思い浮かばない(一瞬、屠殺が出て来た(^^;)インターネットで調べると、ここは『天上のアイスクリーム』になっておりました。

 日本語って難しいもんだのう~~。しかも最初の頃はずっと岩手弁だったし…、ここでも言葉の壁が(^^;
 
 お芝居自体は非常に切ないものがありました。なんせ、賢治の最愛の妹が亡くなる朝の情景を、妹自身の気持ちにたって描いているのです。一人芝居なので、妹トシ子になったり、雪の結晶になったり…。空から落ちてくる雪の結晶は可愛かった~。途中、列車が出て来たり、梨が出て来たり、天上で雪が舞っていたり、青白く光る星が出て来たり、賢治の作品がいろいろちりばめられています。ただ、役者の、というか妹トシ子のトーンがずっと暗いので、ちょっとしんどかったかなぁ~。

 チハルちゃんや達ちゃんに会って久しぶり~~と言ったけど、実はハロウィンパーティーから一週間しか経ってない(^^; 山科で週に何度も会っていたから、めっちゃ久しぶりに思えたのです(^^; 達ちゃんもめっちゃ幸せそうで何よりでした。


 土曜日は労演の次の例会ミュージカルの制作の保坂さんのお話を聞きに行ってました。ものすごーーーーく、お話が良くて、元気が出ました。ミュージカルにかける思いを、自分の人生を語りながら話して下さったのだけど、とっても波瀾万丈な人生。その中で幾度もお芝居の世界に引き戻されて、しっかり立ち直って前向いて歩いていく様子や、お芝居やミュージカルにかける熱い思い(!)がものすごく伝わって来ました。いろいろな裏話も面白かった(^^;

 保坂さんが最初に関わったミュージカルの役者(アフロアメリカン)の話は、まるでどこかで聞いた話とそっくり…(^^;というか、ピーターそっくりで笑えました(^^; イギリスやアメリカで2年間お芝居を見続けたお話など、今度いつか行くときは私もぜえったいミュージカルのはしごを何軒もするぞ!と、いっぱい刺激を受けました。

 この作品は、イギリスでローレンス・オリビエ賞をもらったミュージカル「ホンク」みにくいあひるの子を題材にしたお話です。このミュージカルの原作者も、下手に興業に乗らずにしっかりとした役者でしっかりとした観客に見てもらいたいという思いを持っているので(興行権がジャニーズに行きかけたことがあったらしいけど、ボツになって、最初から作品を見て作品に惚れた保坂さんのところに戻って来たという裏話がありました)、非常に楽しみです。

 お話が終わってからの飲み会では、労演、つまり「演劇鑑賞会」って何なのかという議論もあって、労演に入って半年経つけど、ようやく鑑賞会の意義みたいなものも少し分かりかけました。今までは、演劇鑑賞会って何なんかようわからへんかったーーー(^^; まぁ、いろいろ楽しいお芝居が見れたら、それでそれが一番なんだけどね~~~。

|

« グレイ・ガーデンズ | トップページ | 吸い込み口 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21295/46717292

この記事へのトラックバック一覧です: あめゆじゅとてちてけんじゃ:

« グレイ・ガーデンズ | トップページ | 吸い込み口 »