« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010-01-30

祝宴

 木曜日に、達ちゃん&かっちゃんのお祝いパーティが盛大に執り行われました。

 なーんか、ものすごい人でびっくりでした。いつも客席から見ている役者さんがいっぱいいらっしゃって、こっちはよく知っているので、思わず手を振ったら、とーぜんながら向こうはご存じなくて、この振った手をどうしようかと戸惑った瞬間が何度かありました((^^; 絶対ヘンな人だと思われたに違いない…。

 帰ってから、プログラムのプロフィールをつらつら読むに、なんだか京都の演劇の歴史の一ページがぎっしり詰まっていて、なーるほど、ふむふむと腑に落ちるところが何カ所か。無音館ってアトリエ劇研になってたんや(って今さら認識しました(^^;)

 実は賢治の舞台で朗読で出ていた方が、京龍館での「王子メディア」の芝居を見ていてくれたとか、いろいろびっくりのつながりもありました。山科のつつみんや、こまっちゃんや、はたまた谷やんなど久しぶりに会って楽しかったです。つつみん、舞台終わったら優しい顔に戻ってました~。

 パフォーマンスもいろいろありました。達ちゃんから噂には何度も聞いていた、猫婚式もありました。人形劇やら三線の演奏やら、いろいろ楽しかった~。

 ミュージカルからは、時田さんたちも含めて、10人ほどが出席。Warとビューティフルカントリー2を替え歌で歌いました。
 pegaさんが替え歌にして下さいました~。
 多分替え歌の歌詞載せても大丈夫だと思うので(あかんかったら、メール頂戴>pegaさん)メロディーをご存じの方は歌ってみて下さいませ。

1、2、1、2、1、2、1、2、ゴールをめざ~し
1、2、1、2、1、2、1、2、走り続ける
どうして100キロも走り続けるの
ゴールには待っている人がいるから
おれはヒーローだー
あきらめちゃいけない
歩かずに~走れ~ 愛している人のもとへ

ゴールして
始まった
2人の
生活
ごはん作るの誰なの 台所取り合い~ わお!
いるはず
なのに
気配なく
さがす
何を話して~も~ ノ~ロ~ケに~なる~

<ここで、ウォーの伴奏をフェードアウトして、ビューティフルカントリー2をはじめる>

2人は今
歩き始めた
たっちゃん、かっちゃん、本当におめでとう
必ず2人で歩いて
見守っているよ
暗い夜も 明るい日も~
2人で生きてく、日々を

素敵な家庭になるだろう
気をつけて守れば
壊さずに作り上げてね
2人の道を
ここから未来へ
2人の門出に
心から乾杯

 前半にある、「おれはヒーローだ!」あたりの意味は、達ちゃんの四万十マラソンあたりのブログを見てもらうと何が起こっているか、良く分かるかも(^^; 
 
 つうことで、これが終わると少しは落ち着くのでしょうか…。
 
 ミュージカル1周年記念パーティなどやりたいなぁと話が出ているようです。
 久しぶりに近況報告がてら、香くんに電話したら、ええーー、ボク知らんかったとびっくりしてました。
 何の変化もなく、澱みにつかまっているもの同士(?)、慰めあっておりました~。
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010-01-24

伴侶

100123_204119ご本人が全世界発信してもいいと言うので、というか、ボクたちのこの幸せを、せかいじゅーの人々に知って欲しい的なノリなので(^^;、載せてしまいたいと思います…(^^;

 ところで、
 エッセイスト小田嶋隆さんのコラムを時々読むのですが、この回は非常に面白かった。
 要は、家族のイベントだったクリスマスが、なぜ、いつから、恋人たちがシティーホテルで過ごすイベントになってしまったかという話。クリスマスに恋人がいないと負け組のような感じで、とりあえず、クリスマス用彼or彼女を調達(^^;)するようになったのは、いつの頃からかとか…。全てはユーミンの「恋人はサンタクロース♪」の歌から始まったんだそうです。
 興味のある方は下にリンク張っておくので、後で読んでいただくということにして…。

 そこに書いてあった。
 あのシロクマでさえ、同じ檻にオスとメスを入れておいても、気が合わなければ5年経ってもペアリングしないらしい(^^; まして、人間は…という話しです。恋人にしろ、配偶者にしろ、そう簡単に見つかるもんではないわけで、つまりは、いない状態はそれほど珍しくはないわけです(^^; そこにいるあなた、恋人いなくてもがっかりしないように(^^; それはふつーの状態なんだそうです(^^;

 と考えると、68億の中から一人選ぶというのは、奇跡的なことなんですね~。
 はい、おめっとうさんでした~~~。

 今日は、ミュージカルのメンバーの新年会&お誕生日会の予定が、急遽、達ちゃん(mikage-bashiさん)&かっちゃん結婚おめでとうパーティーになりました。

 なかなか良い会になったのではないでしょうか~。
 ハート型の色紙にみんなでメッセージを書いて送り、質問コーナーなどあって、なれそめからなんやらかんやら根堀葉堀聞きました。ほんまは、当人たちが照れるか嫌がるのを、みんなで冷やかしておもしろがるハズが、聞かれてないことまでぺらぺらと嬉しそうに話するから、世話ないっつうか(--;、質問にあたって、「二人には黙秘権なしやで~」という言葉は空しく、宙を舞うだけでした~(^^;

 ありんこちゃんが、なんと!三段重ねのケーキを作ってくれました~。ホント、ウェディングケーキみたい~~~で、お決まりのケーキ入刀…。ほんとに美味しいケーキでした。うっきーが作ったチーズケーキがお誕生日のpegaさんとまろんに贈られて、賑やかにパーティは過ぎていくのでした。

 ミュージカルのメンバー、終わってから1年近く経つのに、30人もあつまるのはすごいことです。久しぶりに見る顔、みんな元気でがんばってます~。せっかく繋がった輪、大切にしたいなぁと思います。

 後日のために幸せ語録として記録しておきます。
 「愛って何ですか」の質問に、
 たっちゃんは、「相手を思いやる心」、かっちゃんは「まず相手を受け止めること」だそうです。

 はい、相手を思いやる心が失われかけたら、これを見て、ちゃんと思い出すよーーに。

 まっ、なんやかんや言っても、幸せなのはめでたいことです…。
 あやかりたいものです(^^;

 小田嶋隆「サンタクロースと失われた30年」

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010-01-18

蜘蛛女のキス

 蜘蛛女のキスというミュージカルを見て来ました。
 久々にしんどかった~~~。

 これって、最後どーにかなる?どーにもならんやんな?でも、どーにかなる?あーあ、やっぱ最後までどーにもならんかった、というパターン (ーー;

 一番良かったのは、ダンサー!男性のダンサー陣はピカ一でした!
 あと、幻想の中の女性(金志賢さん)の衣裳。金さんは歌もダンスも良かった~。惜しげもなくお出しになるおみ足が素晴らしく、話暗いから、おみ足ださな客来んか?と勘ぐってしまいました(^^;

 あと存在感があったのが、エステー化学のCMの殿(!)(今井朋彦さん)殿はしみじみ良かった~。

 演奏って、最後に生演奏だったことが分かってびっくりだったのだけど、ちょっとメリハリ感が…(^^; 指揮者いないし、ちょっとだけゆるいテンポ感になったら復帰できないから、辛いよね~

 で、何があかんかつらつら考えてみた(^^;

 お話は暗い(南米の待遇最悪の刑務所に入れられた政治犯がゲイの性犯罪者と同じ房に入れられる話)。暗い、暗いにしても、一番あかんのが最後話が破綻するところ(^^; どーにもこーにもそらあかんやろ(ゲイのおねーさんの純な気持ちは分かるけど、おにーちゃんの気持ちがさっぱり分からん。そこでやってもうたら、愛しのマルタはどーなるねん。おめーはただの両刀遣いか?というぐだぐだの破綻の仕方(^^;)←あくまで私の意見です。

 で、場面転換が無い。最初から最後まで3時間、基本ずっと刑務所。
 場面転換がなくて、幻想の場面と現実の刑務所とを中割(?)の柵でうまく分けているから、考えようによっては非常に良く考えられた舞台割りなんだろうけど、見ている方はしんどい(^^; ずっと同じトーンで、気分かわらへんのしんどいって。
 中途半端やねんなぁ~。幻想の場面に刑務所の看守の暴行とか入れると、気分変わらないやん。お客は刑務所にいるって知ってるんやから、看守はいらん!ということは演出の問題か(^^;
 で、説明的な画像が多い。もっとお客に想像力つかわせてーな。全部画像だしてくれんでいいって。こっちにも想像する楽しみ残しといてーなということは、やっぱ演出の問題か。
 
 歌はさすがにみんな上手やった~。若いおにーちゃん(浦井健治さん、隣に座ってたおばちゃんは九州から見に来たらしい)の高音もきれいやった。ハモりも上手やった。

 歌もきれいなナンバーがあるんだけど、メリハリがないっつうか、革命の歌のところなんか思いっきりカタルシスになってくれてもいいのに、一曲でそこまで持って行けない…。つまり全体的にちゅーとハンパなんや~。

 ということは、ダンスと歌が良くて、芝居があかんってことなんだ(^^; 
 ミュージカルにありがちなパターン…。

 でもさぁ、これってさー、もう少しどーにかなりそうな感じなんだよね~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010-01-16

初接骨院

 年末から調子に乗りすぎて、ちょっとオーバーペース気味に走りすぎた。
 右足がつりかけたのが二週間前。足をひきずるように帰ってきた。ちょっと良くなったかなと思って、走るとやはりすぐにつりかける。数百メートル走っただけでつりかけるのは重傷かも(歩くのは大丈夫)。そうこうしているうちに、右の骨盤と足の付け根も、ギコギコと油の切れた機械みたいな違和感がある。

 ということで、友達お勧めの接骨院に行って来ました。骨用(?)と筋肉用(?)と2つ教えてもらって、筋肉用(?)に行って来ました。

 ここ伏見には数年前に接骨院開業ブームがやってきて(^^;、ものすごい数の接骨院が開業したのです。その前には、ドラッグストア開業ブームがあったので、なんで新規店舗がそんなにかぶるのか不思議なんですが(コンサルタントがいるのかな?)、ともかく石を投げると接骨院にぶつかるのです。

 で、その友達は、20年以上もテニスやっているのですが、故障しても絶対に競技をやめないんです。膝が痛くて、階段あがれなくてエレベータ探すような状態でも、試合に出るという(^^; で、結局、テニス続けながら故障を直してしまうという猛者。あちこちの接骨院を全て試してみたようなので、その友人お勧めの接骨院ならいいかなぁと思って…

 えらい人で、2時間待ち。でも男前の若いセンセだった~(もしかして、これが売り?)。隣に、リハビリ用のスポーツジムも持っているらしい。
 症状を言うと、全部説明してくれた。やっぱり、右足は肉離れしかけていたのを放っておいたらしい。コリコリに固まった、悪い筋肉になっているらしい。

 先生がストレッチの時、多分挨拶代わりに「なんで走ろうと思ったんですか?」と聞いたのに、なぜ楽しいかを熱く語っている自分が居ておかしかった。

 アイシングして、背中から腰、足のマッサージ、ストレッチして、電気みたいなの当てて、テーピングまでしてくれた~。で、初診料1000円と、治療費500円。500円って、接骨院ってそんなに安いもんなんや~。

 こんなことなら、二週間前に、すぐ来れば良かった~~。
 
 せっかく体重が落ちかけているけど、ともかく一週間は安静らしい。そらそうだよね~。今までは、適当な間隔で走ったり歩いたりしてたのに、しかもしんどかったらすぐにサボっていたのに、このところ楽しくて結構、張り切ってたもん~。

 しばらく筋トレしときます…。(--;)
 
 

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2010-01-10

賢治の幻想

 去年、「兵士の物語」を見て以来、ひさびさのアルティでした。

 ここは舞台と客席が独特の構造をしていて、かなり楽しい。つまりは舞台と客席の段差が全く無く、すり鉢状をしているのです。
 早めに着いたので並んで、真っ先に入場、あはっ、最前列ど真ん中に陣取ったのであった(^^;遅れて来たチハルちゃんの席も確保…。帰りに「おまえら、最前列ど真ん中なんかに座りやがって…」って達ちゃんに言われましたが、最前列ど真ん中はとーぜんです(^^; だってかぶりつきだもん(^^; オケ的には後ろの方が良かったかなぁと思いましたが、今回は役者中心に見たかったので…。

 それにしても、

 創作音楽劇って非常に「贅沢な」劇~~~!!私的には非常に楽しい…。
 だって、7人編成のオーケストラの生演奏に、生の歌、それにお芝居なんて、なーんて贅沢~~。

 オーケストラは上手奥にいて、お芝居の進行をみながら音楽を演奏しています。編成としては金管が多い(バイオリン,コントラバス,クラリネット,ホルン、トランペット、トロンボーン、打楽器)。音楽をかかはった作曲家(西邑由紀子さん)のイメージがこの構成だったのだろうけど、金管が入るとパンチがあるし、「鹿踊り」なんてめっちゃ楽しかった~。音楽だけじゃなく、音響効果も引き受けていて、違和感なくお芝居と一体化していて、期待していた以上にオリジナルの組曲が非常によかったです~~~。

 それにしても…、達ちゃんはさすがにさすがに上手~。ダントツでございました。で、やっぱ、狐なんや(^^; お芝居は当然として、語りが非常にききやすい。語りってほんと大事よね~とつくづく思いました。というのも三部担当の人がかなり早口で聴き取りにくかったので…。でも、達ちゃんが語り出すと、ぱっとトーンが決まって、一瞬で世界が作られる感じがするのです。空気が変わるっていうか…。

 「土神と狐」「鹿踊りのはじまり」「なめとこ山の熊」の三部構成で、一番好きだったのが「土神と狐」で、次に「鹿踊りのはじまり」で、最後が「なめとこ山の熊」かなぁ~~。

 狐って、ずるがしこくて、ええかっこしーで、でもしょせん小者というキャラが非常によく出ておりました。土神さんのダークな感じもよかった~。樺の木さんの可憐な感じもよくて、つまりはだから「土神と狐」が一番のお気に入りになったわけです。

 鹿って鳴くのです。奈良に住んでいた時、時々聞いたのですが、めっちゃ切ない声で鳴くのです。ほぉって鳴くのを聞いてそれを思い出しました。で、ほぉって鳴いて、ぴょんぴょん飛んで、それで「てぬぐい」と戯れる(?)様子が非常に楽しかった~~~。およしばーさんも面白かったです。

 今日の「とし子」は、先日見た右来さんの「あめゆじゅとてちてけんじゃ」のとし子とは当然ながら、全く違う。明るく、無邪気な感じ…で、日紫喜さんの歌声ってとっても素敵。とってもきれいなソプラノで、この方が出られるときは、機会があればぜひ聴いてみたいと思いました。オペラ歌うんだったら是非聞きたい~~!

 開場のとき、すぐ後ろに並んでおられた男性が達ちゃんのラン仲間で、もう一人大阪から走って(!)アルティまで来たという女性(走って会場に行くのは達ちゃんだけかと思っていたら、他にも、それも女性でいたというのがびっくり)とも顔見知りになりました~。さっそくjognoteのお友達になっていただいて、これからのランの励みにしたいと思いました~~~。
 終わってからはいつものメンバーで飲みに行き、楽しい時間が過ぎたのでした~。
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010-01-04

サーカスがやってきた

100104_151625いつものジョギング&ウォーキングコースに、突如現れた赤いテント。
 突然家の前の道が大渋滞し、息子のバイト先のコンビニでは、1日50個も肉まんが売れたらしい。なぜなら、サーカスがやってきたから~~!

 近隣の家には招待券やら割引券が配られていたので、家族で争奪戦を繰り広げた結果(息子は彼女と行くと言うので)、一枚づつゲットして出かけました。せっかくなので正面の指定席を取りました~。サーカス…。生まれて初めてなんです。私、サーカス見るの~~。

 娘は昔おじいちゃんに連れて行ってもらったことがあったので、私一人が、始まる前からテンション高かった…。まぁ、次から次へと演目がめまぐるしく変わり(場面転換がめっちゃ大変そう)、2時間近くあるので、なかなかに楽しめました。目の前で身体張って演技しているのは、やっぱりすごいです。鍛えられた筋肉もすごい~。失敗したときに受け止める人がいるのをみると、やっぱり身体張ってるんやなぁとひしひしと思いました。すごく国際色豊かで、どうやってコミニュケーションとるんやろう…。英語が共通語じゃなさそうだから、やっぱり日本語?(^^;

 なんというか、ちょっと懐かしい雰囲気がしました(昔ながらのサーカスなんやなぁ~っていうような)。クラウン(ピエロのこと)がいなかったのがちょっと残念。ピエロはいるにはいるのですが、やっぱりクラウンじゃないかなぁ~(^^;

 動物が出てくるたびに、私は大喜び。「わーい。きりんさんや!きりんさんや!」「しまうまや、しまうまや!」「ぞうさんや~」「なぁなぁ、とらさんがいるで、トラやトラや、虎やで!ライオン大きいな~」とはしゃいでいたら、とうとう最後には娘に無視されてしまいました(^^;
 
 動物園では、トラとライオンは別々の檻に入っていますが、サーカスでは、雄ライオンと雌ライオンと、トラが並んでいるのです。トラって、ライオンに比べてかなり小さいのですね!雌ライオンって大きい~。トラって小さいんや~。知らんかった~。けど、めっちゃかっこいいねん。ということで、一番のお気に入りはトラ。ものすごくきれいな動物。絶対、なでてみたい~~。噛まれるけど(^^;

 と、妙なハイテンションになってしまいました(^^;
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010-01-02

謹賀新年

100102_164613明けましておめでとうございますm(_ _)m。今年もよろしくお願いいたします。

 皆さま、良いお正月をお過ごしでしょうか。
 今日は天気が良かったので、いつもの桃山御陵を「走り初め」。10km余り走りました。

 駅伝を見た後、家族で伏見の五福めぐりに。5つのお寺&神社を巡るのに、さらに10kmぐらい歩きました。家の近くの御香宮、乃木神社、大黒寺、長建寺、そして藤森神社。結構、散らばっているので、2時間ぐらいかかりました。ところどころに御神酒が置いてあったので、味比べ(^^; 大黒寺の向かいにあった金札宮(五福の中には入ってない)の御神酒が一番美味しかったです(^^;

 今年もいい年になるといいなぁ~~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »