« がばいばぁちゃん-演劇ミニ講座 | トップページ | 父と暮らせば »

2010-03-17

大相撲

100316_160155友達から突然電話があり、チケットが余っているからお相撲を見ないかとお誘いがあり、いそいそと出かけました。枡席みたいな高い席ではなく、椅子席(3600円ぐらいらしい)で少し遠いですが、十分良く見えました。

 大相撲を生で見るのは、生まれて初めて!元お舅さんがお相撲が大好きで、お相撲の話はよく聞いていたし、テレビで見てはいたけど、本物を見るのは生まれて初めてです。

 相撲は朝からやっているのですが、一応、十両の取り組み当たりの2時半過ぎに会場に入りました。

 いやーーー、面白かった。やっぱ生は面白い。わーわーと歓声を上げ、大きな声でよっしゃ!とか残った!とか、惜しい!とか、大騒ぎしてしまいました。10歳から18歳まで暮らしていた島根県から、80年ぶりに幕内力士の隠岐の海が出ました。島根(出雲)は、相撲に関連のある地。当麻のケハヤと野見のスクネが相撲をとったという記事が日本書紀にあって、それが人間が相撲をとった最古の記事です。その野見の宿禰は出雲出身。「陣幕」や「雷電」も出雲に関係があります。

 つうことで、なぜか突然、隠岐の海に肩入れをした私。昨日まで黒星です。島根からは20人ぐらいの応援部隊(?)も来ていて、全員立ち上がって大応援。思わず私も大声で「隠岐の海~!!」と大向こうから声を上げてしまいました。声援に応えてか、隠岐の海は寄り切りで勝ちました!大阪出身の豪栄道が出た時も、やんややんやの大声援。時間が進んでいくと、お相撲さんの身体もしっかりするし、取り組みもしっかりしてくるし、迫力あるし、バシバシって音がするし、非常に面白かったです。

 テレビでは分からない発見も沢山ありました。
 発見その一、行司や呼び出しって、取り組み二つ、三つぐらいでしょっちゅう変わるのです!ずっと同じ人がやっているのだと思ってました~~。

 発見その二、幕内力士は出番まで土俵下に座って、出番を待っていますが、なんと、みんなマイ座布団を持ってくるのです。持ってくるのは、お付きの人(?)。ともかく取り組みが終わるごとに座布団を取り替えるのです~。

 発見その三、中入り後に、幕内力士と横綱の土俵入りがあるのだけど、東は白鵬の土俵入り。四股を踏む度に、会場のみんなが「どっこいしょ」「どっこいしょ」と声を掛けるから楽しい。が、朝青龍が突然辞めちゃったので、片方だけ、西には横綱がいない。

 やっぱりね~、横綱は東西揃わな、あかんわ!相撲協会が横綱横綱って言う意味がようやく分かりました。やっぱ、横綱は大切やわ~。東西いなあかんわ~。一人だとやっぱり面白くないっつうか、片手落ち…。ということが、生で見て、やっと分かりました~。

 記念に、決まり手の手ぬぐいと、絵番付(↓)を買いました~。数えて見ると、41力士の内16力士が外国人、約三分の一が外国人です。みんな偉いなぁ~。日本の伝統文化は外国人によって支えられているのです。
100317_000955

|

« がばいばぁちゃん-演劇ミニ講座 | トップページ | 父と暮らせば »

コメント

生の相撲は私も観たことがないです。そうかあ。大阪場所なら、見ようと思えば見れるんですね(昔はチケットが簡単には手に入らなかったので、見に行くという発想がなかった)。

やっぱり、生は違うでしょうね^^ ボクシングでもまったく違いますよ。最近ないんですが、今度京都でボクシングの試合があったら、誘いましょうか? でも、立ち見で3000円くらいするけど…。

投稿: pega | 2010-03-17 19:12

pegaさん、
 大阪場所、平日ならかなりがらがら(^^;土日も、千秋楽じゃない限り、大丈夫っぽいです。正面の椅子席は指定席だけど東と西は自由席(3000円)らしい。
 ボクシングはダメかも(^^; 父は好きだったけど私は近くでは見たくないかも。ごめんね(^^;
 格闘技が好きというのじゃなくて、ガイドするのに相撲は避けて通れない日本文化ということで、探検に出かけたわけです(^^;

投稿: めぐむ | 2010-03-18 00:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21295/47831267

この記事へのトラックバック一覧です: 大相撲:

« がばいばぁちゃん-演劇ミニ講座 | トップページ | 父と暮らせば »