« 第二面接 | トップページ | 桃の節句 »

2010-03-01

京都で見つけた物語

 一ヶ月にわたる京都演劇フェスティバルの最後のイベント、朗読劇の「京都で見つけた物語」を見て来ました。

 大人は「もののけ編」、子供は「わらべ編」で、大人編は「浦島子」(浦島太郎)、「鵺退治物語」「葵の上」「羅生門」「かっぱのおくりもの」、子供編は「おりんぎつね」「白ねずみと小判」「一休さんととんち」「京のかえると大阪のかえる」「たんばたろう」でした~。チハルちゃんをはじめ、pegaさんのお子さんやともともさんのお子さんも出るので、どんなんかなぁと非常に楽しみにしていました。

 大人編の一番最初はチハルちゃんの出る、浦島子。浦島太郎の中の乙姫さん(亀姫)の役で、今までのチハルちゃんのイメージと全然違う、優しくて優雅なお姫様で、あーチハルちゃんはほんと「常世」のお姫様だ~と感動していました。全然違う感じのチハルちゃんも非常に良い!…。

 大人編で一番良かったのは、ひいき目で見なくても「浦島子」と「かっぱ」でした~。何がいいかって、言葉をちゃんとお客さんに届けようという思いが伝わってくるからです。皆さんプロの方じゃないので、イントネーションが様々で気になるところもあったけど、それでも、ちゃんと「物語を語ろう」伝えようという思いと言葉が伝わってきました。歌もあったし、かっぱはひょうきんな動きとダンス(?)があったし~楽しかった。

 出来の良いのと悪いのの差が激しかったかも…。良くなかった作品は、眠たいとかいうのを通り越して、見ていてめちゃめちゃ腹が立って腹が立って(^^; 大きな声でがなるし、早口だし、何を言っているのかさっぱり分からないし、切迫した状況を伝えたいのだろうけど、ちっとも伝わって来ない。朗読って本当に難しいなぁ、奥が深いんだろうなと思いました。

 子供編は、文句なく素晴らしかった~。子供が一人一人大きな声ではっきり言うし(後ろに座っていたけど、ちゃんと聞こえた)、テンポも良かったし、何より着物の袖から手が出ないとか、いろいろ舞台上でハプニングが起こったけど、めげずにちゃんと舞台を続けてました。それを見ていた徳ちゃんが隣で、「頑張れ!」って小声で応援していて、可愛かったです。

 わらべ歌、京の京のだいぶっつぁんはもよかったけど、お団子のうた(?)らしきものが非常に気になった~。くいしんぼうなので(^^;、あの歌知りたい~~。

 ありんこちゃんたちなど久々のミュージカルのメンバーとも会えて懐かしかったです。

|

« 第二面接 | トップページ | 桃の節句 »

コメント

見に来てくれてありがとう^^ そして、ほめてくれてありがとう^^ 子どもたちって本当にすごい。本当にいろいろあったよ~~~。でも、見事に全員スイッチが入ってくれた。そして、私たちが稽古で一生懸命「舞台では~」と説明していることが、普通の部屋で稽古しているときはイメージできないけれど、ホールに入ってストンと落ちるのだろうなあ。みんな、いきなりよくなるのよ^^ さみちゃんもすごい。すごくいろいろなことを勉強させてもらえました^^

大人編は、私はリハしか見てないので、あれなんですが…。同感です。

投稿: pega | 2010-03-01 20:23

pegaさん、子供ってすごいよね~。無限の可能性を秘めているよね~~~。大体、子供ってほんと本番に強いよね~。感心しました。子供編にめっちゃ癒されました……。

投稿: めぐむ | 2010-03-01 23:01

用事があったので、もののけ編だけ観させて頂きました。
わらべ編よかったんですねー。残念でした(ノ_-。)
でも、もののけ編は、めぐむさんのと全くおんなじ感想です(。・w・。 )。

投稿: かつぼう | 2010-03-02 09:38

そんなこと言ったっけ?無意識sweat02
でも見守りたくなるよね。

投稿: とくちゃん | 2010-03-02 12:00

かつぼうさんも来てらっしゃったんですね~。
 人がいっぱいで全然見つかりませんでした~。山科の時も思ったけど、やっぱり子供はすごいです~。

投稿: めぐむ | 2010-03-02 15:18

徳ちゃん、無意識だったんだ~。いや、あの時は、みんな心の中で頑張れって応援してたと思います~

投稿: めぐむ | 2010-03-02 15:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21295/47694895

この記事へのトラックバック一覧です: 京都で見つけた物語:

« 第二面接 | トップページ | 桃の節句 »