« 佐賀のがばいばぁちゃん | トップページ | 朗読 »

2010-04-24

かくれんぼ

 昨日、娘の就職が内定しました!
 家から通えるようなので、私めの花の独身生活は一年で終了です(^^;。このところすっかり自由を謳歌していたので少し残念ですが、一方でほっとしたようなところもあり、ともかく、この一年いっぱい遊んでおきます(^^;

 その記念すべき良き日に淀にあるDDシアターに「かくれんぼ」を見に行きました。

 びっちしノンストップ2時間、なかなか骨太の作品でした。演出の河口さん見た目とは異なり(?)すごい理論派…。一個一個積み木を積み重ねていくような感じで、意外でした。台詞も、感覚的な言葉じゃなくて、硬い言葉だったし。最初はげらげらと笑っていたので、この路線で行くのかと思ったら、途中からどんどんシリアスに…。最後付近で「迷子」になりましたが、一番最後にほのぼの、ほっこりとしました。

 お話はなんだか懐かしい匂いのする初恋物語。人と人との関係とか、友情とか…。

 あーいう恋のできる時代(年代)というのは確実にあるのです。いわゆる一途な初恋です。あーいう恋はあの時代にしかできないっていうか、まぁ一番サマになる年頃に、そういう恋をしておくべきなのでしょう。そうそう、命短し恋せよ乙女&おのこです。。。。。

 劇を観た帰りにとくちゃんが一言「あー、私も恋がしたい」というので、思わず私は「やめときって、この年頃はややこしいだけや」と夢も希望もない発言をしてしまいました(^^; でもいいよなぁ、恋をするっていいよなぁ~。だから正確には、恋する気持ちは失わずに、行動には責任をということで…、あーーー、やっぱり、なんだかやっぱり年を経るっつうのは、ものすごく面白くない~~~。おもろない、おもろない、おもろない~~。

 ところで、「かくれんぼ」最初は結構笑いました。なぜか、宿敵ウ○コを倒すヒーローという話の流れになって、人間のヒーローも笑ったけど、それ以上に笑えたのが人形のヒーローと悪役との戦い。さすが人形は芸細で、悪いやつは見事水洗トイレに吸い込まれていくのです。それにみんなマイケル・ジャクソンのスリラーの踊りをほぼ完璧に(ものすごーくがんばってはりました)、踊らはるんですよ~!

 魔法使いサリーと呼ばれるヘンな女の子が出て来るのですが、ほんまにヘンなんです~。懐かしいたらいに懐かしいピンクの象のじょうろ持っているのですが、色違いの緑色の象のじょうろは、子供が小さい頃、長い間二匹うちのお風呂場におりました。懐かしかった~。ピンクのがいるんや~。

 とここまで書いて来て、いかに感想が書きにくいかということが判明。読んでいる人には多分さっぱり意味が分からないでしょうね(^^; やっぱ劇場で生で見て下さいね~(^^;
 

|

« 佐賀のがばいばぁちゃん | トップページ | 朗読 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21295/48172685

この記事へのトラックバック一覧です: かくれんぼ:

« 佐賀のがばいばぁちゃん | トップページ | 朗読 »