« シェークスピア読書会 | トップページ | 佐賀のがばいばぁちゃん »

2010-04-13

やる気の出る泉

 昨年11月当たりから切れ目無く続いていた仕事が、昨日終わりました。怒濤の半年でした。いつもいつも締め切りのプレッシャーの中にいたので、突然、その重しが無くなって、ヘンな気持ちです。

 これが終わったらやろうやろうと思っていたことも、なんだかやる気が起こらない…。やる気の出る泉は、どうしたら湧き出すのでしょうか(^^;

 人間というものは恐ろしいもので(^^;、息子が巣立って寂しかったのは三日ほどで、一人暮らしにも慣れてしまいました(^^;。まぁ、娘が就活でちょくちょく帰って来るのもあります。今日は面接。決まったらいいのだけど…、決まったら家から通えるので、結局私の一人暮らしはこの一年だけということになります(^^;(そのうち嫁に行くかもしれないけど)。まぁ、人生なるようにしか、ならないのです。

 一昨日は、近くの御陵さんを20km走っている間に、(暇なので)、桜についてのプレゼンを頭の中で作りました。忘れないうちに、文章に落としてしまわなくてはなりません。

 京都の華である舞妓&芸妓さんについても、まとめなければなりませぬ…。京都の花街(カガイと読みます)についての本も、5冊ぐらい読みました。話題になった映画「Sayuri (The memories of a Geisha)」のビデオももう一度借りて来て見ないといけない。。。昨日は、ネットをいろいろと探してました。

 最初は舞妓さんやら芸妓さんのことを調べていたのですが、どんどん脱線して行って(^^;、気がついたらアマゾンで、優れモノというヘンケルの「かかとの角質取り」を注文してました(爆)

 だめだ、こんなんじゃ、だめだ~~。

 先日、仕事で祇園におりました。舞妓さんが来てくれはって、お抹茶出してくれはって、おしゃべりしてくれはって、舞を披露してくれはって、お写真を一緒にとってくれるという席があるのです(花の席、一人4800円)。今回来てくれはったのは、「つる葉」さんという沖縄出身の舞妓さん。めっちゃ可愛い~。もう舞妓になって4年ほどたってはるので、花飾り(かんざし)も短く、髪の毛も赤い鹿の子の見えないものになっています。今は都おどりの真っ最中なので、特別に三段に結ってはりました。

 このブログの2008年11月あたりに前回、花の席に行ったときの記事が載っていて、そこに、舞妓になって一年目(当時)の彩乃さんの写真が載っているので比べてもらえれば分かるのですが、彩乃さんは一年目なので花飾りが顎のあたりまで垂れ下がったかんざし、口紅も下唇だけに塗ってはりました。

 お客さんから「ぽっくり履いて、こけたことがありますか?」という質問があり、つる葉さんいわく、この舞妓の着物のままこけたことがあるそうです。舞妓の衣裳の中で一番高い部分は、ぽっちりと言われる帯留め。顔の傷は癒えても、帯留めが壊れたら終わりなので、こけるときも、帯留めだけは手で守ってこけなさい、とおかあさんに言われるそうです。珊瑚のついたほんまに立派な帯留めでした。

 頂いた「花名刺」大切に財布に入れました。舞妓さんの名刺を財布に入れておくと、お金が「まいこ」むということで縁起がいいそうです。ほんまにお金が舞い込むといいのですが。

100408_1647141お写真、一緒に撮らせてもらいました。カメラ持っていってなかったので写りが悪くて申し訳ない。


 

|

« シェークスピア読書会 | トップページ | 佐賀のがばいばぁちゃん »

コメント

大阪ガスのHPで,あー坊の写真見ました。島根では,2人の元気な顔を見ることができ,うれしく思いました。29日は,1人になるかもしれませんが,ビッグアーチに応援に行きたいと考えています。では,お元気で。

投稿: tooru | 2010-04-18 22:20

tooruさま。
 島根では子供達がお世話になり、ありがとうございました。私も行きたかったのですが、どうしても抜けられない用事があって失礼しました。娘さんたちも大きくなったでしょうね。
 29日、来て下さるとのこと。是非はっぱ掛けてやって下さい。本人は、毎日充実した日々のようです。

投稿: めぐむ | 2010-04-18 22:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21295/48075621

この記事へのトラックバック一覧です: やる気の出る泉:

« シェークスピア読書会 | トップページ | 佐賀のがばいばぁちゃん »