« 5月のP-ACTステージ | トップページ | フラメンコ »

2010-05-31

体力勝負

 ここ三日ほど、早朝の送りの仕事が入ってました。なんせ京都駅まで電車で10分なので、何かと便利に使っていただけるみたいです。

 今日は、7時45分に西本願寺近くの旅館で会って京都駅送りのはずが、10分前に旅館に着いたら、「もう出られました」って。もしかして、さっきすれ違ったカップル?と、ともかく、京都駅までの道を探しながら走る。走りながら、タクシーをキャンセルする。

 ひたすら走る。ほんとジョギングしていて良かった。いくら走っても大丈夫(^^;

 旅行社に連絡すると、確認するので、とりあえず新幹線のホームを探して下さいとのこと。どんな人なのか分からないので、ともかく片っ端から外国人に声をかけてみる。何人目かで、ようやく会えました!さっきすれ違ったカップルとは似てもにつかないカップルでした。

 どうも旅行社が7時と間違った時間を連絡していたらしい(タクシーで5分で、新幹線は8時半)。当人も7時は早すぎるおかしいなおかしいなと思いつつ待ってたけど、来ないから出発したそうだ。

 ともかく会えて良かった~と言って、行き違いがあったことを謝る。汗だくでホームを一生懸命探したのが功を奏したのか、また早く出たために食べられなかった朝食代を払い戻したことなどで、誰にでも間違いはあるからと快く許してもらえたようです。新幹線が来るまで、楽しくおしゃべりしました。

 間違いは誰にでもある(今回間違えたのは私ではないけれど)。でも、後のフォローで随分と印象は違うのでしょう。帰国する日、ただでさえ緊張しているのだから、迎えが来ないなんて申し訳ない。どうせなら気持ち良く家に帰ってもらいたいですもん。

 昨日は、早朝も早朝。朝6時に旅館迎え。朝4時半に起きて、5時台の始発電車に乗る。送ったら次のグループを7時に迎えに戻る。しかも一方は新幹線。一方ははるか。さすがに忙しかった。忙しい上に、やはり帰国の飛行機が待っていると、みんなナーバスになるので(乗り間違えたらエライことだから)、非常に気を使う。子供に教えるように、サインボード(電車の電光掲示板)を確認して、自分が乗る車両の場所を確認して、エレベータも確認して、納得してもらう。

 と、やっぱり毎日、体力仕事でした。さすがに、朝4時半起きは眠たい。

 眠たいまま、山科に行って、「こどもフェスタ」。衣装は結局、仕事着そのままになりました(^^;エプロン付けたら、食堂のおばちゃんに見えるか、エレガントな羽織ものを羽織ったエレガントな女性になるのか、さっぱり謎でしたが、とりあえずそれでやってみました。

 子供達もそこにいるこいないこ、知ってる子初めての子といろいろ。朝の1時間で段取り含めて練習するけど、なかなかうまく行かない。私もどの子の後にしゃべるのかの段取りと、台詞を覚えるだけで精一杯。
 商店街のお店8軒のCM合計8本+創作劇募集のCM。1回通して練習しただけで、午前中の本番。。。そして午後の本番。

 さすがに午後の時は、あーこういうテンポでやればキレがいいんだってところがちらっと見えましたが、見えただけで終了。

 暑かったので、ともかく疲れました。帰りにチハルちゃんと久々に飲んだビールが非常に美味しかった~。

 つうか、発声練習もずっとしてなかったので、すぐに喉が痛くなりました。あかんなぁ。。。

|

« 5月のP-ACTステージ | トップページ | フラメンコ »

コメント

毎日、鍛えてはるのに。

でも、それだけできれば、すごいなあ。

僕は1分歩くと終わりです。(爆)

投稿: カジパ | 2010-05-31 19:56

 カジパさん、
 ウォーキングなさいませ~。いいことずくめだそうですよ。もちろん健康にもいいけど、ぼぉっとしながら歩くといろいろひらめいてアイデアが出るそうだ。お互い、メンテナンスの年頃ですから(爆)

投稿: めぐむ | 2010-05-31 20:57

家内と一緒に中国西安へ行ったことがありますが、やはり最終日に空港へ朝早く(といっても8時過ぎでしたが)向かう時、ガイドさんは来てくれたのですが、手配してあるはずの車が来ない。ガイドさんが携帯でドライバーに連絡を取ったら「睡過了?」(寝坊したの?)って言っている。さぁ大変だ、と思ったら別の旅行会社のバンがドイツ人の観光客を空港に送っていくということなので、交渉してくれて、同乗させて貰って無事間に合いました。あの時のガイドさんもめぐむさん同様にあせったのだろうなぁ。

投稿: ボリロン | 2010-05-31 21:47

ボリロンさん、お久しぶりです~。
 ボリロンさんもヒヤっとされたんですね。やっぱり飛行機が待っていると焦りますよね。ガイドさんの機転が利いて、良かったですね。ほんと臨機応変さが求められることが多くて。

 一昨日は、はるか(関空に行く特急)にお客さんを乗せて見送っていた時、その電車にものすごく乗りたかった外国人二人。マリア~と叫んでいる。マリアさんはやって来たのだけど、はるかは出た直後(日本の電車は時間通りに出発するのです(^^;)。30分後に別の番線からはるかが出るから、飛行機には多分、ギリギリ間に合うかもって言ってあげようかと思ったのですが、三人で大げんかが始まったので、そのまま帰りました(^^;。どうもフランス語っぽかった。

投稿: めぐむ | 2010-05-31 22:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21295/48507626

この記事へのトラックバック一覧です: 体力勝負:

« 5月のP-ACTステージ | トップページ | フラメンコ »