« 体力勝負 | トップページ | ロッカビーの女たち »

2010-06-06

フラメンコ

 昨日は、フラメンコのスタジオコンサートでした。
 お忙しい中、見に来て下さった方々、本当にありがとうございました。
 大きな失敗もなく、無事に2曲踊りきりました。

 生歌、生演奏で踊れる、一年半に一度の至福の時です。
 ほんと、歌もギターも素晴らしくて、思わず聞き惚れてしまう…のですが、生歌、生演奏って事は、毎回歌もギターも微妙に違うってことなんです(^^; ここ10日、リハの歌とギターを聞きこんで、解析して修正していたのですが、ゲネで踊りながら…歌ちゃうやん、ギターちゃうやん(^^; 本番も微妙に違いました。ほんとはアドリブの駆け引き(?)を楽しむもの、らしい。友達いわく「素人相手に殺生やで~」 でも、「歌が違うって分かるようになった私たちって、成長したよね(^^;」と最後は自画自賛(^^;

 10分の大曲のソレア。本当に気持ち良く踊れました。ソレアは、愛の苦しさとか人生のつらさを歌った曲。哀愁ただよう情感たっぷりに踊れたらいいけど、なかなかまだまだ修行が足りませぬ。でも一年半かけて、踊り込んでいるので、もし万が一頭が真っ白になっても身体が勝手に動く自信があります。いつも私は、舞台に立った瞬間から、私が主役って思っているので(^^;、今回も、ギターも歌も私のために歌ってくれていると思って、踊りました~。本当に楽しかった…、気持ち良かった~。

 一方、最初のコロンビアーナ。緊張しました…。緊張して、最初足がこわばる(^^; 顔もこわばる。ほんとは楽しい曲なので、笑いながら踊るはずでしたが、すっかり笑顔を忘れてました(^^; これは4ヶ月ほどで仕上げた曲なので、踊りこんでないのです。踊り込んでないと、やっぱり余裕がない(--; 常に頭の中で、次の振りは、次のステップはって考えていて、音楽を楽しむ余裕がないです。

 フラメンコ、始めてから10年近くになります。最初の2年間はカルチャーセンターみたいなところで遊んでいたので(フラメンコ風の踊りだった)、今の教室に来てからは、正確には7年ぐらい。最初に教室に行った時の衝撃は忘れられません…。今まで私たちが踊っていたのはあれはなんだった?みたいな衝撃。これが本当のフラメンコだっ。

 その間、人生にいろんなことがありました。
 フラメンコをやっていて一番良かったのは、ともかくステップやら振りやら覚えるのに必死で、レッスンの一時間半は、全てを忘れられること。頭がからっぽになって、気持ちも高揚して楽しい。もちろんレッスンが終わったら、日常の問題はそこに変わらずあって、同じ日常なのだけど、ともかく何もかも忘れられるのが良かった。ということで、フラメンコは私の人生で欠かせないものになりました。今さらプロになるわけでもないので、自分なりに少しずつ極めていけたらいいなぁ。

 次はどんな曲を踊るんだろう~。楽しみ~。

 それより、腕が長くなりたい…。引っ張ったら、伸びるもんなんやろか、腕って(^^;

|

« 体力勝負 | トップページ | ロッカビーの女たち »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21295/48555615

この記事へのトラックバック一覧です: フラメンコ:

« 体力勝負 | トップページ | ロッカビーの女たち »