« コッツウォルズ | トップページ | チェスターから湖水地方 »

2010-07-03

サバイバルウォーク(フットパス)

 コッツウォルズ二日目は、一日数本のバスとバスがないところは歩きのサバイバルデー。初めてフットパス(foot path)を歩くことになった。

 朝9時にバスに乗り、ボートオンザウォーター、浅い川が流れるきれいな街。次のバスが来るまで一時間半をすごす。川沿いのベンチに座ったり、九分の一のミニチュアの街を歩いたり。

P1020659

 次のバスに乗ってモートインマーシュへ。バス乗り継ぎまで一時間。Cream tea(スコーンと紅茶)を食べる。バスが来たので、チッピンカムデンへ。

 さて、ここからが問題。バスが無いのです。ほんとはつぎのブロードウェーまで歩くはずだが、ここで問題発覚。どうもブロードウェー発の三時のバスに間に合いそうもない。昨日買った地図には、フットパスがある。インフォメーションで聞くと、約10キロ、アップダウンがあるから三時間ぐらいかかるという。予定変更、ブロードウェー5時半発最終に乗り、ウィンチクムは飛ばしてチェルトナムに戻ることにする。

 四時間はあるから、大丈夫なはずだ。昨日買った地図。日本の国土地理院の地図みたい。機せずして歩くにベストの地図だと言われた。

 不安だが、ともかく歩き出す。フットパスは東海自然歩道みたいなトレイルで、ナショナルトラストが管理している。迷いポイントには必ず矢印と足型の標識があり、かゆいところに手が届く。

 歩いてみれば、この道が楽しかった。丘を上り見晴らしのいいポイントへ。次は、延々と続く丘の斜面(long hill)。二キロぐらい、前も後ろも誰もいなくて、挫けそうになる。

100702_141906

 それを抜けるといきなり広大な延々と続く小麦畑。麦の穂が黄金色に風に揺れて、おもわずナウシカのランランララランランランと歌う。他人の畑の真ん中を突っ切って道があるなんて不思議。

P1020693

P1020695

 この黄色い足跡マークをたどって歩く。自転車もokだとグリーン、馬も通れるのは赤らしい。

P1020696a


 ここでトイレと休憩ポイント発見。そこを過ぎると林の木立の中へ。静か。

P1020700


 そして木立を抜けると、なんと羊がいる丘。羊の中を突っ切って行く。向こうに塔が見える。ブロードウェータワー。標高315mに立っている。塔のてっぺんまで登る。見晴らしがいい。これぞコッツウォルズの丘陵。

P1020702

P1020705

塔から眼下に街が見える。ブロードウェーの街だ。200mを一気に下る。着いたら4時半。やはり三時間掛かった。

P1020721


 バスにも無事乗れて、帰りついたら、やっぱりパブでビール。ここチェルトナムの宿は、着いてみれば驚愕の豪華ゲストハウスだったので、ゆっくり湯船に浸かり疲れをとった。

 ゲストハウス(en-suite、バストイレ付き)、一泊75ポンド。

P1020657


iPodから送信

|

« コッツウォルズ | トップページ | チェスターから湖水地方 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21295/48781593

この記事へのトラックバック一覧です: サバイバルウォーク(フットパス):

« コッツウォルズ | トップページ | チェスターから湖水地方 »