« 決心 | トップページ | ゴジラ »

2010-08-07

Apple cider

100806_235900 今、ちょっと取りかかっている仕事(?)があります。
 イギリスの劇の脚本の翻訳。
 いつも医療関係のコチコチの英語とにらめっこしているので、こういうのは本当に楽しい。

 先日イギリスに行った時に通ったバースのあたり。イギリス西南部が舞台。
 そのあたりは、「アップルサイダー」で有名、、らしい。舞台にも林檎園が出て来ます。アップルサイダーの香りも出て来ます。

 で、さっそく情報収集。イギリス人と見れば、イギリス西南部の土地柄、人柄、いろいろ文化的背景など…を根掘り葉堀り。りんごと聞けば何思い出す~?とか。りんごは青い(品種)のが美味しいよね~(ほんまに美味しい)とか。日本には無いよね~とかと、結局脱線して行く…。

 で、アップルサイダーの話しに…。

 クリス曰く、アップルサイダーはビールだ!ビール!?

 一応、私も日本のアップルサイダーとイギリスのアップルサイダーは違うってことは、知っていたのです…。日本のアップルサイダーは、ただのジュース。甘いし、アルコール分なし。イギリスのアップルサイダーは、どっちかと言えば、いわゆる発酵酒かなlと思っていたのです。家庭で作るような、言ってみれば、梅酒のイメージ。

 ノー、ちがーう、もっと、ドライでクリアだ。クリアって言っても、透明じゃなくて、色はgold... no sweet つまりビールだって。

 イギリスのパブには、絶対必ずアップルサイダーが置いてあるらしい。
 うう、知っていたら、飲んできたのに~。

 でも、もう今は日本。日本には売ってない?あるかなぁ。。で、ネットで調べたら、なんとありました!必殺、お取り寄せ。
 イギリスのシェア62%のアップルサイダー、「Strongbow」。アルコール分は5.5%。

 飲んでみました!
 これは、ビールだわ。。。。ドライで、シュワーと、爽やか。りんごの香りはちょっとするかなぁという程度。全然、甘くない。美味しい~~~♪

 一応、一本(275ml)270円ぐらいでした~。

 ちなみにアップルサイダーにする林檎は、食べるリンゴとは品種が全然違うらしい。
 もひとつおまけ、イギリスのアップルサイダーがフランスに渡って、アップルシードルになったらしい。
 じゃぁ、なんで日本では、ただのジュースに成り果てたんでしょう(^^;

|

« 決心 | トップページ | ゴジラ »

コメント

もうん十年前ですが、日本でも製造・販売されたことがあります。
普通に「サイダー」としたら誤解されるからでしょう、フランス語
で、あ、いえ、フランス語のかな書きで「シードル」とされて
いました。なぜかいつのまにか消えてしまったようですが。
「老人」としては懐かしいですね(笑)。

時に、perry ってご存知ですか?リンゴではなく洋ナシで作った
同じようなお酒です。こちらもおいしかった記憶がありますが、
さていつどこで飲んだのだったろうか...

投稿: ボリロン | 2010-08-07 09:24

ボリロンさん、
 もしかして、ニッカシードルですか?検索していて、出て来ました~。まだあるのでしょうか。

 perryは、名前だけ知っていて、1回ぐらい飲んだことがあるかもしれませんが、洋ナシという認識はなかったです。これは、時々ありますよね(って、知っていたのはバブルの頃(爆))

投稿: めぐむ | 2010-08-07 11:40

「ニッカシードル」を検索してみました。そのようでも
あるし、昔はこんな洒落た壜ではなかったような気もするし、
といったところです。まぁ、壜は違っても中身は同じでしょう
から、注文してみようかな。

投稿: ボリロン | 2010-08-09 16:17

ボリロンさん、

 そうなのです。同じなんでしょうか?
 このニッカシードル、スパークリングワインって書いてありますよね~。スパークリングワインって、シャンパンのことですよね(?)。うう、もう1つよく分かりません。
 私も飲み比べてみようかな~(^^;

投稿: めぐむ | 2010-08-09 17:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21295/49078568

この記事へのトラックバック一覧です: Apple cider:

« 決心 | トップページ | ゴジラ »