« まずは一山 | トップページ | 11月 »

2010-10-25

縄文人にあいういう

 伊丹アイホールに、遊劇体の「縄文人にあいういう」を見に行って来ました。

 これが非常に面白かったんだ~~。すごく力がこもっていて、私こういうお芝居好きかな…。

 幕が開く前、会場に歌謡曲が流れていて、こないだの「あおげばとうとし」の時も歌謡曲が流れていて、なんでだろうと思ったら、どうやら、80年代に連れていく趣向らしい…。歌謡曲的には、80年代よりもう少し古い時代の音楽かもしれない…。

 舞台には何もない。。。途中、セリ台が上がり下がりするけど、箱の椅子が3つだけの全くシンプルなものです。

 80年代の劇の再演だし、古い時代の話しかと思えば、ものすごくリアルタイムのテーマでした。ちょっと前にNHKスペシャルで「無縁社会、無縁死3万2千人の衝撃」をやってそれこそ衝撃を受けたけど、つまりは、いつの時代でも、それこそ縄文時代から、社会はそこからこぼれ落ちる人たちを生み出していて、その人たちの上に社会が成り立って来たのだろう…(と解説に書いてあった(^^;)というのは、事実なんだろうし、その、社会からこぼれ落ちた人たちが身を寄せ合って、必死で生きている姿に、ほろっと来ました。

 身よりのない老年のおばちゃん一人、おじちゃん二人、会社のトイレ掃除をして生計をたてています。三人は同じアパートに身を寄せて住んでいます。会社のトイレの便器一つ一つに、芸能人の名前を付けて、掃除点検するところ…めっちゃ面白かったし、もっと面白い(はず)だけど、いかんせん名前が古い(^^;、涙を流したユキちゃんは最後まで、何ユキだったか分かりませんでした(^^; が、それは、up-to-dateの芝居なので仕方がないのだけど。

 そこに在日韓国人、在日朝鮮人の人たち、そして日本人の政治犯が絡んで来ます。

 80年代、学校で考古学やってました。弥生時代末期、四隅突出型古墳という、出雲独特の古墳が専門でした。出雲は結局大和朝廷に併合されていって、その後、前方後円墳に統一されていきます。古墳時代、文物は全て朝鮮半島から来てました。あちらは最先端の技術をもった先進国、日本はまだまだ国の形もできてない後進国。それからもずっと日本は大陸から、技術と文物を得て来ました。ずっっっと、それこそ明治になるまで…。そしてその後、何をトチ狂ったか、大陸に出かけていって戦争始めた…。

 80年代、初めて韓国に行きました。まだ月一で防空訓練(?)があった頃です。元ダンナ(考古学者)が短期留学するというので、無理矢理10日だけ、付いて行ったのです。無謀にも(?)幼い子供達を連れて行きました。昼間は私と子供達だけになるので、韓国語も少し勉強しました。

 韓国では、みんなすごく良くしてくれました。韓国の人はお年寄りと子供を非常に大切にするので、幼い子供を連れているだけで、みんなものすごく世話を焼いてくれて、親切にしてくれました。

 夜、洗濯物のぶらさっている旅館(ヨガン)の一室に、元夫の職場の方々が酒もってやってきて、そのまま酒盛りが始まり、我が家のようにテレビ見て横になってわいわいガヤガヤ、いつ果てるとも知れない宴会(^^; 韓国風の歓迎の仕方なのですが、カルチャーショックでした(^^; 元夫と仲の良かった韓国のユンさんという方が日本の私のアパートに来た時も、酒盛りが始まって、何度酒屋に走ったか…、でも、その後もずっと「あの時、奥さんの手料理食べさせてもらいました…」と何度もお礼を言われました。

 お隣の国なのに全然違う国。でもやっぱりそこに住んでいる人たちは同じ人間で、暖かくて…。でも、韓国で日本人でいることは、その後の歴史を知っているだけに、非常に心苦しく非常にやるせなく、非常に辛くて、ともかく日本人である事って何なんだろうって、常に突きつけられていました。

 ある国で異国人であるということは、なかなかに大変だ。

 お芝居の中で、在日韓国人のパクさん(こういうキャラは好きかも)が義を捨てた日本人にはなりとうないといいつつ、その義を貫くために、一方で居住権を争って義を貫いている日本人のトイレ掃除のおばちゃんたちに頼って来るところ、そのおばちゃんたちは結局は行政から落ちこぼれて身をよせあって生きている側の人間だったところが、義を貫くということはつまりは不器用にしか生きられないというところが、やるせなくも、人のぬくもりが暖かくて、泣けました。

 達ちゃんの出番は、最初の冒頭の二日酔い朝帰りの東京弁をしゃべるサラリーマン、トイレのシーン(^^;で掃除のおじちゃんとの会話、それと劇の真ん中あたり怪しげなチンピラに扮装した(?)公安、最後には機動隊でも出て来たみたいですが、これだけは正面からのライトに消されて見えませんでした。

 出番が少なくてちょっと残念でしたが、とっても力のこもった面白いお芝居で、ほんと見に行くことができて、幸せでした~。。。

|

« まずは一山 | トップページ | 11月 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21295/49840689

この記事へのトラックバック一覧です: 縄文人にあいういう:

« まずは一山 | トップページ | 11月 »