« 伴奏 | トップページ | まずは一山 »

2010-10-18

長崎

無事、長崎のうたごえ祭典に行って来ました~。

 発表は、急遽引き受けて下さったピアニスト、指揮者なし(ソプラノに移行)、メンバー4人落ちながら、会場が非常によく響く会場で、めっちゃ気持ち良く、思いっきり歌って来ました~。最後、少しずれた(?)という感想がメゾからありましたが、まぁ、指揮者いないので仕方ないですね(^^; 他の団体からは、「めっちゃ楽しそうでした~♪」との感想をいただきました。京都のうたごえ協議会のTさんは、相変わらず「まずは衣装で勝負やな」の辛口コメント(^^;

 まぁ、ともかくも珍道中でした。

 行きは全然座席が確保できず、なんと1000円増しで、生まれて初めてのグリーン車に乗りました!

 グリーン車なんて乗ったことの無いメンバーばかり(^^;、入った瞬間に11人全員が「小学生化」して、わーわーきゃーきゃー写真を撮ったり、座席のあちこちレバーをがちゃがちゃ動かして、リクライニングにしたり、くるくる回したり(^^; グリーン車が先頭車両の一部だったのですが、駅を出発すると突然ガラスが透明になって、運転座席から進行方向が見えるのです、それでまたわーわーきゃーきゃー(^^;

P1030040_3


 駅に着くと着いたで、気がつくとみんなばらばらになるし(^^;、ほぼ小学生の修学旅行並でした~。

 発表が終わってからは、浦上天主堂、原爆祈念公園、一本柱鳥居など、原爆関連の史跡めぐり。

 今回、メンバーの一人が観光のお膳立てをしてくれたのです。最初は私も相談に乗っていたのですが、ピアニスト問題が浮上してからは、ともかく私無理だから全部お任せ~と丸投げ状態、けど、卓袱料理と長崎ちゃんぽんと皿うどんが食べたいと、我が儘な要望を出していました。

 で、夜は、メンバーが口コミで探してくれた念願の卓袱(しっぽく)料理を食べました~。卓袱料理とは、オランダ料理に中華料理に日本料理が合体したような、宴会料理で、赤い丸いテーブルに、大皿に盛りつけられているおかずをを取り分けて食べます。刺身に、煮物に、レバーのテリーヌに、角煮まんじゅうやら色々出て来て、最後はなんとお汁粉でシメです。リーゾナブルなお値段で、めっちゃお腹いっぱいになるし、味もとっても美味で、満足でした~。このテーブルは酒飲みのテーブルです(^^; 

P1030052

 その後、中華街のライトアップを見て、ホテルへ。

 次の日は、二手に分かれました。一手は観光コース、もう一方は軍艦島コース。私は軍艦島に行きました。軍艦島は、接岸制限が厳しく年間で100日ぐらいしか上陸できないのですが、ラッキーなことに上陸できました~。島で聞く、炭坑の生活はなかなか凄まじかったです。炭坑は地下600m、こないだのチリの炭坑とほぼ同じ深さ、湿度95%に気温30℃、上がって来たら真っ黒で、まずは服を着たまま海水のお風呂に入り、次に2番目の浴槽に入り、最後の浴槽だけが真水だったそうな。

 軍艦島は島の反対側が外海に面していて、海が荒れるとアパートを超える(15mぐらいの)波が超えて来ます。つまり、炭坑の石炭を守るために、アパートは防波堤の役割をしていたとのこと、雨と海水に濡れないよう、アパート同士が渡り廊下で繋がっていたこと、狭い島でぼた山が作れないから、なんとアパート内をベルトコンベアを貫通させて、島の反対側まで通し、ぼたを海上投棄していたこと、24時間操業だったので、一日中ベルトコンベアの音が響いていたということです。

 水はなんと海底600mに管をとおして、送水していたとのこと、島になかったのは火葬場と墓場だけで、それ以外はなんでも揃っていたということです。

 一番良かった最盛期、普通の家庭ではテレビは町内に1つ、2つで、町内のみんながその家に集まってテレビを見ていたとき、三種の神器(冷蔵庫、洗濯機、テレビ)は島内では100%の普及率だったそうな。

 この炭坑、あの弥太郎さんの三菱所有なのです。石炭は出ていたけど、何の役に立つか分からなかった頃、弥太郎さんが島ごと買収したそうな。さすが先見の明がありました。長崎には三菱造船もいっぱいあって、つまりは龍馬伝の弥太郎さんは、やっぱり長崎で財閥の基本を築いたんだなぁと納得しました。

P1030102

 お昼は、長崎ちゃんぽんと皿うどんを食べに行く。やっぱりみんな両方食べたい、どっちか1つなんてイヤって思っていたら、そういう観光客の心理をみてとったように、長崎ちゃんぽんと皿うどんとエビ料理とデザート、しめて一人分が1400円。二人で分け分けして食べます。ここも、口コミで探してくれただけあって、とても美味しかったです~。もうめっちゃ満足~。

 午後からは、お決まりのグラバー邸。グラバー邸に行く道には土産物屋が清水坂並にあって、みんなあっちに捕まりこっちに捕まり、あれ食べ、これ食べ、なかなか前に進みません(^^; そんなこんなでとうとう空港行きのリムジンバスに乗り遅れるというハプニングが…。(^^; それでもなんとか飛行機に間に合い、無事に帰って来ました~。

 今度はいつ、全国大会に行けるでしょう~。また新しい曲に向けて頑張らなくっちゃ~。

|

« 伴奏 | トップページ | まずは一山 »

コメント

お帰りなさい^^
楽しい旅だったようですね^^
私、広島は何度も行っているのに、長崎は行ったことがないのです。行ってみた~~~い^^

地下600m…。
私チリのニュース見たとき、なぜ人間が地下700mにいるの?と理解できなかった。夫に「日本の炭鉱でもそのくらい掘ってたよ」と教えてもらったのですが、本当にそこまでの深さまで掘っているのですね…。

投稿: pega | 2010-10-18 22:48

pegaさん、

 長崎、見所たっぷりで、まだまだ見残したところがいっぱい。私は亀山社中も眼鏡橋も出島も見られなかったので、心残りです~。

 炭坑って、やっぱり想像しにくいですよね。地下10mぐらいでも怖いのに、600mって信じられないです。

投稿: めぐむ | 2010-10-19 00:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21295/49779515

この記事へのトラックバック一覧です: 長崎:

« 伴奏 | トップページ | まずは一山 »