« ワンダー・ワンディ | トップページ | 遭難、 »

2010-11-27

落語三昧

今日は、P-actステージの落語三昧を見に行って来ました。

 落語二題に、本邦初公開「落語芝居」一題でした~。

 落語って、面白いなぁ~。やっぱ、役者さんが演じる(?)から面白いんかなぁ~。寄席で聞くと、「話術」って感じだけど、P-actでの落語は、「話術」から一歩出て、やっぱり演じられてるんだもの。いっぱいいっぱい笑いました~。

 私的に気に入ったのは、二番目の壺を値切る話し。めっちゃ笑いました~。

 で、なぜか思い出してたのが、インドでの路上の戦い(^^; 値切り合戦(^^; ちなみに私はインドに降り立った瞬間&英語を話す時は人格が変わります(^^; インドでは降り立った瞬間から、値段の交渉が始まります。結構、面白いように値段が下がっていくので、いったいインドに底値っつうもんは存在するのかと、一度試したことがありました。さすがに、底値はありました。どの当たりが、落としどころかなぁと探っていくのも楽しいもので(時々うっとうしい(^^;)、要は、昔の日本にも(大阪は今でも?)、値切る文化があったんやなぁと思ってました。あれは、一種のコミュニケーションなので、忙しい現代にはそぐわないのでしょうか~。

 そうそう、インドから日本に帰って来て、一番淋しかったのは、町を歩いていても声をかけられないこと(爆)。インドでは、100m歩く間に、おにぃちゃんが何人も寄って来ては、あれいらんか、これいらんか、どこから来た、何しに来た、とどこまでも付いて来ます。。。

 本邦初公開の落語芝居。。ネタとしてはこっちが古いのでしょうが、犬が人間になる話しって、どこかで聞いたような(爆)。でも、落語って落語なのに、お芝居になるんやなぁ~。両脇の袖で一瞬で、役どころがコロって変わるのが、ものすごく面白かったです。これは、演じている方はめっちゃ楽しいに違いないって思いながら、見てました~。

 いや、相変わらず、P-actステージは面白い。木戸銭300円でこんなに楽しませてもらっていいんかいなぁ~。

|

« ワンダー・ワンディ | トップページ | 遭難、 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21295/50148961

この記事へのトラックバック一覧です: 落語三昧:

« ワンダー・ワンディ | トップページ | 遭難、 »