« シューマン | トップページ | 明けましておめでとうございます »

2010-12-31

2010年の喜怒哀楽

とうとう、2010年も終わりに近づきました。

 今年は、嬉しいことも楽しいことも、いっぱいの年でした。
 気がついたら離婚してもう5年、ようやく楽に呼吸ができるようになった年でした。
 最初の3年は、すっきり爽やか元気はつらつではありましたが、つっぱってつっぱって無理していたのが正直なところ。2008年から始まった、市民ミュージカルのプロジェクトは、良い心の支えになりました。
 で、去年2009年、春に市民ミュージカルが終わってホッとしたのもつかの間、リーマンショックの影響で15年以上続けてきたメインの仕事がふっとんで、準失業状態(^^;職安にも通いました(^^;

 が、考えてみたら、あの準失業状態がなければ、通訳案内士の資格を取るための勉強時間も作れなかったし、山科の創作劇に出ようって思わなかった訳だから、人生不思議なものです…。

 で、今年の2010年、春にめでたく通訳案内士の合格通知が来ました。(喜)happy01資格取りたてにも関わらず、使って下さるところがあって、ぼちぼちではありますが仕事も始めることができました。

 翻訳の仕事も、単価は大幅に削られたものの(怒)angry、ほぼ完全復活しました。3年ほど前に、万一に備えて、トライアル受けて、翻訳の分野を広げておいたのが功を奏しました。当時はその分野では全然仕事が来ず、あんまり意味がなかったかと落ち込んでましたが、3年ほど経った今、結局はその時に分野を広げておいたことに、そして全然関係ないかと思われた大学時代の専門分野にも救われました。

 が、「仕分け」に「円高」、基本的に外注の仕事は減る傾向にあるようで、まぁ明日はどうなるのか、予断は許せません(--;

 離婚した当時、もう人を愛することは二度とない、人生お金やで~、仕事に生きるぞ~と、スクルージのように思っておりましたが(^^;、柔らかい心が戻って来たのは、お芝居のお陰かなぁ。離婚の前後は、「椿姫」に「トスカ」に「オテロ」、オペラの悲劇のヒロインを見て(聞いて?)は散々泣きましたが、なんせ高いので滅多に生では見られない。映画は昔から大好きで、マイナーな映画まで結構見ている方でしたが、最近は生の魅力には全く勝てない。
 
 お芝居の魅力を言葉にするのは難しいけど、ともかく目の前で生の人間が演じる人生模様は、ものすごいインパクトがあって、ものすごく心に響いて、残響音のようにその後何日かも心の中で反響して、一緒に泣いたり笑ったりシンパシーを感じる中で、心が揺り動かされたり、癒されていくのかなぁ。

 で、演じる方も非常に楽しかった。やっぱり、大手を振って別の人間になれるのは楽しい。去年の宇宙人の女王さまでは、心の中に貯まっていた負のエネルギーが大分と放出されました(^^;今年の山科創作劇では、まさか自分の人生でミュージカル(?)が出来るとは思わなかったので、めちゃめちゃ楽しかった。ほんま生きてて良かった~。(楽)happy01

 いつの間にかはまったマラソンも楽しいです。昔から泳ぐのは好きで、プールには通ってました。25mプールを何回も往復していると、段々頭が空っぽになって行って、水音だけが聞こえて来て、自分が何m泳いだのか何往復目なのか、分からなくなっていくのです。あの空っぽ感が非常に良かったのですが、マラソンでも同じように、自分の呼吸する音だけが聞こえて頭が空っぽになって行くのです。しかも、プールは月会費が高いけど、走るのはタダ(^^;!走るのは基本一人なんだけど、pegaさんに誘ってもらったジョグノートで、走る友達も段々増えて来て、時々大会に行くと知り合いが増えていくし、体重は確実に減っているし、このところ記録は伸びているしで、良い事づくめ、楽しいです。(楽)happy01

 頭が空っぽといえば、合唱もフラメンコも続けてます。合唱では今年は全国大会に行けたし、フラメンコは春に発表会があった。歌うのも踊るのも好きなので、やめられません。(楽)confident

 子供達は無事に大きくなりました。頑張ったかいがあった…。今年大学を卒業した息子はすっかり社会人。娘も来春社会人になります。就職したら旅行なんて当分行けないからと、今年の夏思い切って、娘と一緒に行ったイギリス旅行は良い思い出になりました。(喜)happy01

 去年で一応母親の役は終わり。一人の人間に戻りました。子供達も巣立ち、今年のクリスマスは、初めてたった一人で過ごしました。えーん、えーん。(哀)weep 仕方がないので(^^;、いえ、念願叶って(?)、イブは、近くの聖公会の桃山キリスト教会の、キャンドルサービス(燭火礼拝)に出席しました。クリスマスの定番の賛美歌11曲を歌い、結構、幸せでした。

 とまぁ、2010年は喜怒哀楽のうち、喜と楽が怒と哀より遙かに多かった本当に良い年でした。

 皆さま、今年も大変お世話になりました。本当に楽しい一年をありがとうございました。
 来年もどうぞよろしくお願いいたします。

|

« シューマン | トップページ | 明けましておめでとうございます »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21295/50448220

この記事へのトラックバック一覧です: 2010年の喜怒哀楽:

« シューマン | トップページ | 明けましておめでとうございます »