« にしむくさむらい | トップページ | アライブ・フロム・パレスチナ »

2011-02-15

不条理劇

 前回に続いてベケット作「ゴドーを待ちながら」を読むため、P-actの「読もう!声に出して」に行って来ました。

 同じ本を続けて読むのは初めて。2回目だしどうなるやろ~と思ってましたが、前回は人がセリフとト書きごとに順々に変わっていく読み方。今回は読み方を変えて、見開き2ページの役を受け持って変えていくことになりました。

 前回は、人が変わることで作品のばかばかしさというか、面白さが際だった感じ。今回は、私的には読む楽しさが味わえた感じです。といっても、主人公のキャラがコロコロ変わるから(さっきとちゃーうやん、怒ってたんはお前やんけ~、とか)、戸惑うけど、それでもちょっとあーこの人のキャラこうかなとか考えられて面白かったです。

 実は、あれから英語の原書、読みました~。
 こちらも、目で読むより、声に出して読んだ方が面白かったです。二幕の最初の歌は、バカバカしい詩なのに、ちゃーんと韻がふんであるし、ラッキーの意味不明の長台詞は、結構テンポが良くて読みやすいです~。

 意外に、下ネタが多い(^^; 日本語はキレイに訳してあるけど、あれってあれやんなぁみたいな(^^;

 まぁ、結構楽屋落ち&時事ネタなどがふんだんにあって、日本語訳見てもよく分からないというところも当然ながらありましたが、会話の面白さも味わえたかなぁ~。

 申し訳ないけど、私としてはベケットさんのこの作品、たっぷり楽しませてもらいました。

 不条理劇、原語は、absurd 意味が2つあります。1つは、今の言葉で言うところの「わけわかんなーい」という馬鹿馬鹿しさ。もう一つは、やるせないというかどうにもならない不条理さ。

 ゴドーを待ちながらは、多分、前者の意味の方が強い気がしました。今回は、前回感じた寂寥感というよりは「諦観」に近いものを感じたかな。

 で、後者のどうにもならない不条理さが際だったのが、土曜日に京芸でみた別役実作「にしむくさむらい」。別役さんは、こっちの意味の不条理にひかれたのかも。

 なんと!P-actで飲んでの帰り。終電で、にしむくさむらいの演出の河口さんに会ったのです。
 昨日は何も出てこなかった感想、1日たって思ったことなどいろいろ話が出来て楽しかったです。

 気になっていた、石の落ち方(^^;と、結婚指輪と(^^;、そして煙草の吸い方(^^;など、心にひっかかってた事が伝えられたし、河口さんがどういう意図で演出したかとか聞けて、めっちゃラッキーでした。
 
 不条理劇は、不条理を楽しむというスタンスがいいのだなぁと、ちらっと思いました~。

|

« にしむくさむらい | トップページ | アライブ・フロム・パレスチナ »

コメント

「読もう! 声に出して!」という企画は、皆が戯曲を「楽しもう」という意識になって、テンポが良くなりがちなんですよね。でも、観客として距離を置いて観てみるとこんなことが見えてくるかもしれない。

「木が1本あるばかりで、2人の周りには何もない。もしかしたら、人類は俺たち以外にもういないのかもしれないと感じる程…。そして、待つ…来ない。何かをして気を紛らわせなきゃ、寂しくて苦しくて、首でも吊らなきゃならなくなる…。こんなこと昨日もあったんじゃないか? 明日も今日と同じなんじゃないか? こいつと一緒に過ごすしかないのか…」

これが世紀末(1999年7の月)が近付く頃に上演されていたことを考えると、ずいぶん印象が違うんじゃないでしょうか。

『ゴドー』に刺激を受けて色んな作家が作品を書いていますが、このコメントを書いていて思い出したのが、北村想の『寿歌』です。あれも名作だなぁ。

投稿: tatsu | 2011-02-15 10:54

tatsuさま、
 そうかぁ~、世紀末のあの雰囲気の中でこれを見るというのは、今とは全く別の意味が見えるかもしれないですね。

 「ノストラダムスの大予言」をうっかり乗り越えてしまった世代としては(^^;、いろんな風景が見える気がします。あっ、そうかぁ~ベケットさんにとっては、ノストラダムスの大予言が第二次大戦(こっちはもっとリアルだけど)なのかもしれない。

 膨大な時間と際限なく繰り返される日常…。
 あれでポッツォとラッキーも来なかったらどうなるんでしょうね(^^;気ぃ狂うかな(^^;めっちゃシュール。

 ゴドー、古い作品だけど今も新しいのかもしれない。
 別役さんのにしむくも妙にリアルで新しかったです。
 
 北村想さんの「寿歌」ググってみましたが、面白そうですね~。本探したら、日本語の戯曲はなかったけど、英訳があった(^^;持ってはったら読ませて下さいませ。
 
 

投稿: めぐむ | 2011-02-15 12:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21295/50876766

この記事へのトラックバック一覧です: 不条理劇:

« にしむくさむらい | トップページ | アライブ・フロム・パレスチナ »